ドクタースティック新型1

ドクタースティックTypeXの使い方を詳しく紹介

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

電子たばこのDr.Stick(ドクタースティック)TypeXについて使い方を詳しく紹介。購入を検討している人や、購入をしたけど使い方がちょっと分からないという人はぜひ参考にしてみてください。

ニコチンゼロ、嫌な匂いゼロのDr.StickTypeX

ドクタースティック新型1

ドクタースティックTypeXは株式会社HALが販売するポッド型の電子たばこです。電子たばこは液体リキッドを加熱して、発生した水蒸気を吸引する製品。海外ではニコチンありのリキッドが主流ですが、国内では法律の関係でニコチンなしとなります。

ニコチンなし、嫌な匂いもなし、ランニングコストも安いということで近年ユーザーが増えています。

ドクタースティックTypeXは、たばこ代の節約になる?

以下ではドクタースティックTypeXの使い方について詳しく解説していきます。

ドクタースティックTypeXの使い方

使い方、と言っても難しいことは何もありません。ドクタースティックTypeXは徹底的にシンプルに設計されており、直感的に使用できます。

紙巻きたばこから初めて電子たばこに挑戦する人でも簡単に使うことができます。

スターターキットの中身

ドクタースティック新型1

ドクタースティックTypeXの各パーツの役割を確認していきます。

まずは本体。

ドクタースティック新型3

細くて小さいデバイスですが、この中にバッテリーが内蔵されています。

そして、こちらはカートリッジ。

ドクタースティック新型4

この中にリキッドが充填されています。本体からカートリッジへ通電し、電気の力で液体リキッドを加熱して発生した水蒸気を吸引します。

カートリッジをセット

ドクタースティック新型5

本体にカートリッジをセットしていいます。向きはどちらでもOKで、カチッとはまるまで差し込みます。

吸引開始

カートリッジをセットしたら、そのまま吸引します。ドクタースティックTypeXには電源ボタン等はなく、吸引した時だけ電源がオンになり水蒸気が発生します。

シンプルな使い方で直感的ですよね。たばこを吸う感覚で肺に入れて口から吐き出します。もちろん、肺に入れずに口の中で燻らせてから吐き出してもOK。自分に合った吸い方で楽しみましょう。

注意点として、吸引時に舌先を吸い口部分に付けないようにしましょう。火傷の恐れがあるので、ご注意ください。

充電

本体のバッテリーがなくなると、当然ですが煙が発生しなくなります。

充電方法は本体下部にUSB充電口があるので、付属しているUSBケーブルで充電していきます。

ドクタースティック新型12

ドクタースティック新型13

ポッドの交換

充電があるにも関わらず煙の出が悪くなってきたらポッド内のリキッドが消費されています。新しいポッドに交換しましょう。

ドクタースティック新型6

なお、ドクタースティックTypeXは1カートリッジあたり1,200回も吸引することができます。これは、たばこ6箱分に相当します。(※6箱分相当=吸引測定器による測定結果に基づく比較)

たばこに比べてランニングコストが安いのもドクタースティックTypeXの魅力と言えるでしょう。

10秒以上の吸引は間隔をあける

一度の吸引を10秒以上続けると、故障予防のアナウンスとして本体中央の青いランプが点滅します。吸引中は加熱されており、液体リキッドが不必要に熱くなってしまうためです。

青ランプが点滅した際は、いったん使用を止めクールダウンしましょう。

まとめ

ドクタースティックTypeXの使い方を詳しく紹介しました。通常、電子たばこは自分でリキッドを充填したり掃除をしたりと手間がかかるものです。しかし、ドクタースティックTypeXはカートリッジ交換型を採用していることもあり、非常に使い方がシンプルです。

初めて電子たばこを使おうと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

公式サイト限定で7,000円分の本体と、7,200円分のカートリッジ、合計1万4,200円が初回の1回限り2,980円で購入することができます。気になる人はぜひチェックしてみてください。

>> Dr.StickTypeXの公式サイトへ

ドクタースティック

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。