2018年8月19日から東京で先行発売を開始したglo sens(グローセンス)

プルームテック以来のリキッドタイプの商品ということもあり、大きく注目を集めていますね。

そんなグローセンスで用意されているタバコカプセルですが、出始めにしてはフレーバーの種類も豊富ということです。

では、従来の紙巻きタバコと比較してコスパは良いのでしょうか?

当記事ではグローセンスのタバコカプセル(ネオ・ポッド)の料金や、ランニングコストについて詳しく紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

グローセンスのタバコカプセルの値段

グローセンス タバコカプセル

グローセンスのタバコカプセル(ネオ・ポッド)の値段は1箱490円(税込)です。

1箱の値段は、アイコスのヒートスティックや、プルームテックのタバコカプセルとほとんど変わりませんね。

グローセンスの中身ですが、

  • フレーバー・カートリッジ×1個
  • タバコカプセル×3個

が入っています。

それではこの1箱でどの程度吸引することができるのでしょうか?

次の項目で詳しく紹介していきます。

 

1箱で何回吸えるのか?

グローセンス フレーバーポッド

先ほど1箱に入っている中身を紹介しましたが、

フレーバー・カートリッジ1個で「180パフ」(約タバコ20本分)使用することができます。

フレーバー・カートリッジ1個に対し、タバコカプセルが3個なので、タバコカプセル1個で60パフできることになりますね。

1箱がタバコ1箱分の相当するということです。紙巻タバコと、ほぼ同じ値段と考えてよさそうです。

 

選べるフレーバーは12種類!

グローセンス フレーバーポッド一覧

2019年現在、選べるフレーバーは12種類。

タバコレギュラーから、メンソール、フルーツフレーバーと揃っています。

グローセンスを使用してみた感想として、プルームテックプラスに比べるとキック感が少し弱いかなという印象を受けました。

しかし、フルーツフレーバーのジューシーさはさすがグローといったところ。

タバコ感を求める人よりも、フルーツ感を求める人に向いている製品だと思います。

グローセンス フレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、グロー センスのタバコカプセルの価格やコスパを検証しました。

490円でタバコ一箱分に相当するので、特別コスパが良いというわけではありません。

しかし、リキッド式の製品ということもあり煙を気にする人にはオススメの製品と言えます。ぜひ参考にしてみてください。

新製品のglo sens(グローセンス)とは?発売日や価格、機能を詳しく紹介 – Capnos

 

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonなどのネットショップで本家のアイコスをおさえて電子タバコ部門1位を獲得したのがQOQというアイコスの互換機です。

  • 温度調整が可能で吸い応えを変更可能
  • クリーニングのしやすい設計
  • 30本連続吸いが可能

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、QOQは驚異の30本。

アイコスのヒートスティックがそのまま使えるので乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  ⇒アイコス互換機、QOQの評価は?実機レビューで性能を厳しくチェックする

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介

おすすめ記事