Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

iQOS (アイコス)のヒートスティックが刺さりにくいときの対処方法

iQOS(アイコス)をご利用されている皆さん、iQOS (アイコス)のヒートスティックが刺さらなくて折れてしまったことはありませんか?

ヒートスティックも1本25円するので消して安いものではありませんよね。

今回はなぜヒートスティックは刺さりにくいのか、うまく刺す為の方法をご紹介いたします。

ヒートスティックが刺さりにくいのはなぜか?

f:id:mutant-tetsu:20181209175830j:plain

  • 前回の吸い殻のカスがホルダーに残っている
  • ヒートスティックそれぞれの葉っぱの詰まり方や太さが違う

前回の吸い殻のカスがホルダーに残っている

やはりこまめなクリーニングが大事ですね。前回の吸い殻のカスが残っていることに気づかず、「あれ?刺さらない」と思い、力任せにぎゅうぎゅう押し込まないようにしましょう。

手荒に扱うとブレードまで折れてしまう可能性があります。まずは差し込む前に確認することで防げますね。

ヒートスティックそれぞれの葉っぱの詰まり方や太さが違う

実はヒートスティックは全てが均一な訳ではなく、よく見ると太さが違います。

また、葉っぱのしっかり詰まっているものもあれば、詰まっていないものもあります。

1つ1つが手作りというわけではないのですが、製品によってバラつきは多々あります。

太すぎると刺さりにくいですし、詰まりすぎていると固くて入りにくいことがあるわけです。

これもヒートスティックが刺さりづらい原因となっています。

ヒートスティックをうまく刺す方法

f:id:mutant-tetsu:20180702114633j:plain

  • ヒートスティックをほぐす
  • キャップを掃除する
  • 加熱ブレード周辺のクリーニングをこまめにする
  • ヒートスティックをさす前にiQOSを加熱する

ヒートスティックをほぐす

固いな、太いなと感じた時にはヒートスティックを刺す前に2.3回揉みほぐしてから差し込みましょう。

この工程を行うことで柔らかくなるので、簡単に刺せるようになります。

キャップを掃除する

この、「キャップを掃除する」ことで劇的に刺さりやすくなります!

iQOSをある程度長く使っていると、どうしてもキャップの中に溜まった汚れが付着しています。これをしっかり取り除くことが重要です。

面倒な方はキャップを交換してもいいかもしれません。

[掃除の仕方]

  1. キャップだけはずす
  2. ぬるま湯につける
  3. 先の尖ったものを使って汚れを掻き出す 4, 通常通り掃除をする(専用クリーニングスティックを使うのがオススメ!)

アイコス3の掃除は超重要!その必要性や掃除方法を紹介 - Capnos

ヒートスティックをさす前にiQOSを加熱する

  1. ホルダーのボタンを押して加熱する
  2. 数回ランプが点滅するのを待つ(点灯するまで待ってもOKです)
  3. その後ゆっくりとヒートスティックを差し込む

この工程で差し込めば高確率で成功します。至ってシンプルで真似できる方法なので試してみましょう。

刺さらないヒートスティックは交換できる

f:id:mutant-tetsu:20180709100332j:plain

あまり知らない人も多いと思いますが、刺さらなかったヒートスティックはiQOSカスタマーセンターで交換できます!

刺さらなかったヒートスティックは折れてしまって、ゴミ箱行きになることがしばしば。。。

なんて状況が続くと、気づけば毎回、1箱買っても2.3本損しているような結果になることもありますよね。

そんな時はダメになったヒートスティックを、20本が溜まるまで保管しておきましょう。

iQOSカスタマーセンターで「不良品のヒートスティック20本を交換してほしい」ことを伝えます。

そうしたら、不良品のヒートスティックの確認が取れ次第新しいものが届きます。

総合的に対応完了までに時間はかかりますが、新品が来るまで吸えない訳ではないですし、待っても特に損はないはずです!

まとめ

いかがでしたか?今回は「iQOS (アイコス)のヒートスティックが刺さりにくいときの対処方法」についてご紹介しました。

iQOS(アイコス)ユーザーであれば誰もが悩む内容ではないでしょうか。

今後、iQOS(アイコス)を快適に利用するためにも是非参考にしてくださいね。