街で見かけるほとんどの方が加熱式電子タバコを利用している時代ですが、当初に比べると新商品も沢山登場しているため、正直どこに手を出すべきなのか悩みますよね?

当記事では、それぞれどのような違いがあり、またどんな方におすすめできるのか詳しく紹介いたします。

 

加熱式タバコとは?

まずは根本的なところですが、加熱式たばこってなに?という部分から確認していきましょう。

加熱式たばこは火を使って燃焼するのではなく、加熱して発生する蒸気(もしくは煙)を楽しむ電子デバイスのことです。

そして、加熱式たばこというのは2つのタイプに分けられます。

  • 高温加熱式
  • 低温加熱式

高温で加熱するタイプというのは、匂いが強い部分が難点ですが、吸いごたえは従来の紙巻たばこに近いものがあります。

 

スロートキック(吸い込んだ時の喉への刺激)感を求める方に向いているでしょう。

また、低温加熱式は加熱はするものの文字通り低温ですので、スロートキック感は弱めです。

 

匂いがほとんどしないところがメリットとなります。

それでは続いて、各社それぞれが出している商品がどちらのタイプに分類されるのか紹介します。

 

加熱式たばこには2種類、低温タイプと高温タイプに分けられる

f:id:nepiawwf:20190603152654j:plain

加熱式たばこは先ほどお伝えしたように、2種類に分けられます。

 

<高温加熱式>

  • アイコス2.4plus、アイコス3、アイコスマルチ
  • プルームエス
  • グロー
  • パルズ

 

<低温加熱式>

  • プルームテック
  • プルームテックプラス

 

こう見ると、低温加熱式でライトな吸い口の製品はプルームだけですね。

一方、吸いごたえのある高温加熱式は各社がメイン商品として投入しています。

 

各社の違いを表にまとめてみた

f:id:nepiawwf:20190603141802j:plain

各社の商品の価格やスティックの値段、種類などなど一覧で分かるように表にしてみました。

本体価格 フレーバー数/価格 連続吸い
アイコス 2.4plus 7980円 11種類(マルボロ500円/ヒーツ470円) ×
アイコス3 10980円 11種類(マルボロ500円/ヒーツ470円) ×
アイコス マルチ 8980円 11種類(マルボロ500円/ヒーツ470円)
プルームテック 3000円 10種類(490円)
プルームテック プラス 4980円 4種類(500円)
プルームエス 7980円 3種類(480円)
グロー 8000円 17種類(ネオ460円/プラス490円)
パルズ 6980円 3種類(ノーマル460円/カプセルタイプのみ480円)

 

表に記載したように、本体の金額だけで比較するとアイコスが強気の姿勢ですね。さすがは人気ブランドです。

ただ、記載した金額はキャンペーンによって価格が下がることも多々ありますので、参考程度に見てください。

 

連続吸いできるタイプに関しては、それぞれの会社が1つは販売していることがわかります。

それでは、次にそれぞれの商品の特徴をもう少し探っていきましょう。

 

アイコス

f:id:nepiawwf:20190603152937j:plain

アイコスは加熱式電子デバイスの中でも1番人気を誇る商品。

本体価格は他社に比べるとお高めですが、昔からのファンも多いデバイスです。

味はどのタイプを選んでも変わることはありませんが、連続吸いしたいのならアイコスマルチ、金額重視なら2.4plus、
最新のものが好きならアイコス3をお勧めします。

 

匂いは少しきついですが、吸いごたえがありますのでより刺激を求める方に向いています。

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

IQOS3マルチの使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

IQOS公式サイト:https://jp.iqos.com/

プルームテック

f:id:nepiawwf:20190603143115p:plain

プルーム製品だけが低温加熱式タイプを発売していますが、匂いが気になる方や、特に強い刺激でなくても良い方に向いている商品です。

 

初期型に比べてプルームテックプラスは吸いごたえがかなり良くなっていますので、初期型で物足りない方はプルームテックプラスがおすすめです。

プルームエスは使用できる時間が少し短めですが、デザインがスタイリッシュでより紙巻たばこに近い味を楽しめます。

 

メビウスを使用していた方に向いているでしょう。

【レビュー】新型プルームテックプラスの使い方まとめ – Capnos

プルームテック 公式サイト:https://www.ploom.jp/

グロー

f:id:nepiawwf:20190603153107p:plain

グローは、スティックを周りから加熱するタイプなので、汚れカスが溜まりにくい商品です。

また、連続20回も使用することができるという点も魅力です。

 

充電の時間もそれなりに長いですが、スタミナがあるためあまり気になりません。

お手入れが面倒な方や、ヘビーユーザーな方、またフレーバー数も多いので沢山のフレーバーを楽しみたい方にお勧めです。

glo(グロー)の使い方を徹底解説!グロー完全マニュアル – Capnos

グロー公式サイト:https://www.discoverglo.jp/

パルズ

f:id:nepiawwf:20190603153358p:plain

パルズはまだ福岡でしか先行発売されていないのですが、簡単にいうとこれまでの加熱式たばこのデメリットを改善するところに大きく視点を向けた商品です。

 

味はアイコスに近く、実際にアイコスのスティックも使用できる互換品でもあります。

周りとは少し違ったデバイスを使いたい方におすすめです。

【最速レビュー】加熱式タバコのpulze(パルズ)を使ってみた – Capnos

パルズ公式サイト:https://www.pulze.com/ja-jp/

 

まとめ

いかがでしたか?今回はそれぞれの会社の加熱式たばこについて比較していきました。

たくさん選択肢がある中で、何を重要視するのかをみていくことで自分にあったものが見つかるかと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介