【シャグレビュー】ブラックスパイダー フローズン・モヒートをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

喫煙者の間では日本はもちろん、世界中にもファンを持つ名門メーカー・柘製作所。パイプ、キセルなど、様々な喫煙具を開発・製造しており、言うに及ばず、もちろんたばこ葉にも相当な知見を持つカリスマメーカーです。

近年のニーズに呼応してオリジナルのシャグブランドの監修を行っており、そのうちの一つがブラックスパイダーブランドです。クモがモチーフのロゴがやや怖そうな印象を受けますが、優れたフレーバー系シャグばかりを展開しており、いずれもその味はライトユーザーでも十分楽しめるものばかりです。

また、フレーバー系シャグブランドの中には、香料の面白さばかりが際立ち、肝心のたばこ本来の喫味が全く楽しめないものもありますが、そういうペテンのような銘柄がないのも特徴。いずれもバランスの良いしっかりした喫味を楽しませてくれるのもブラックスパイダーに共通するところと言って良いでしょう。

さて、今回はこのブラックスパイダーから、2022年秋現在の最新フレーバー、フローズン・モヒートを試します。ただのモヒートではなく、フローズンというところが絶妙で、試す前から強いアイス感とモヒートの肝となる青々しいミントの香りが想像できます。しかし、その表現力、レベルは想像が及ばず、試す前からワクワクしてきます。

ブラックスパイダー フローズン・モヒート、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。さっそく葉の感じから見ていきましょう。

ブラックスパイダー フローズン・モヒートのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 830円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。想像よりも香料のフローズン感はなく、ミント風の香りがツーンと鼻をついてきます。一方、強く嗅いでみると、たばこ葉本来の鉛筆の削りかすのような香ばしい香りもします。この辺のバランスがブラックスパイダーシリーズに共通するところで、香りからしてたばこ葉の風合いを殺さない印象を強く受けました。

葉の感じ

ブラックスパイダーブランドのたばこ葉は主にタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、このフローズン・モヒートではラオスの葉が使われています。その葉の詳細は明らかにされていませんが、筆者から見ると、バージニア葉、オリエント葉のようにも見えます。

焦げ茶色の葉と黄色い葉が混じり合うように入り組んでいます。刻みは極めて細かい一方で、触ってみると、香料のせいなのか少々ベトっとしています。しかし、香料たっぷりのフレーバー系シャグとはまた違う印象で、ここでもまたたばこ葉に香料をかけすぎない、ブラックスパイダーブランドならではの絶妙のバランスを感じることができました。

個人的にフレーバー系シャグはさほど好みでない筆者ですが、たばこ本来の喫味をしっかり味わせてくれるように思い、自ずとテンションが上がってきます。ということでまずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

・・・

開封時には感じなかった強いアイス感が、ミントの風合いと合わせて1パフ目から鼻腔に広がります。どことなくミントガムのような味わいですが、パフの後半で軽くはあるもののしっかりとした喫味を感じさせてくれるあたり、「さすがブラックスパイダー」と唸りたくなる絶妙のバランスです。

他方、ボディやキック感は極めて弱く、たばことしての物足りなさを感じたのも正直なところです。燃焼温度が190度と比較的低めなので、シャグ本来が持つポテンシャルを引き出しきれていないのかもしれません。燃焼温度を上げることで喫味にどんな変化が表れるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度では、1パフ目から鼻腔に広がったアイス感、ミント感に一体感が増し、このシャグが持つ香料設計の素晴らしさをまず強く感じました。パフごとの後味も素晴らしく、たばこによくある「後味がネチョっとする」ような気持ち悪い感じがありません。極めてスッキリとした後味です。

他方、190度で感じたボディやキック感の弱さは、220度にしたところで改善されず、やはりたばことしての物足りなさも強く感じました。もしかしたら、ヴェポライザーそのものとブラックスパイダー フローズン・モヒートの相性があまり良くないのかもしれません。

この点、手巻きで吸うことではっきりと答えを感じられるようにも思います。というわけで、次に手巻きにして吸ってみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

口当たりはやはり軽めですが、喫味バランスはヴェポライザーよりも圧倒的に手巻きのほうが良く、1パフ目から美味しく吸うことができました。

ミントの風合いと、メンソールとも違うフローズンな風合いが口の中に広がり、どことなくピリッとした味わいです。また、4パフ目以降は、この香料の風合いよりもたばこ本来の喫味が際立つ味わいに変化していき、筆者個人的には、この4パフ目以降の味わいがいいなと思いました。

全体的には極めてクセのないシャグで、ライトスモーカーの方にも十分楽しんでいただける銘柄のように思いました。吸っていて気分が落ち着くような印象も受け、なかなか良いシャグだと思いました。

ブラックスパイダー フローズン・モヒートの感想

肝心のフローズン・モヒートの印象はさほどない一方、決してまずいシャグではなく、目指すモチーフよりも本フレーバー特有の味わいだと思えば、多くの人が満足できるはずです。

また、全体の軽さから遊び感覚でチョイスするのも良さそうで、特にフレーバー系シャグ初心者の方にはお勧めしたい銘柄でもありました。

そのスッキリとした喫味から、どことなくスマートでオシャレな印象も受けたブラックスパイダー フローズン・モヒート。喫煙によってスッキリ感を味わいたい方、スムースな味わいを求める方には胸を張ってお勧めできるシャグだと思いました。

 

ヴェポライザー評価:3/5

手巻き評価:4/5

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。