【シャグレビュー】ブラックスパイダー ラムネを手巻きたばことヴェポライザーで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

喫煙者の間では国内はもちろん、世界中にもファンを持つ喫煙具の総合メーカー・柘製作所。シガレットやシャグに関するものだけでなく、パイプやキセルなど様々な喫煙具を開発・製造しており、シャグも複数のブランドを発表しています。

その柘製作所が手がけるシャグブランドの一つがブラックスパイダーです。その歴史はまだ浅い一方で、特にブラックスパイダーブランドのフレーバー表現と喫味のバランスの良さは目を見張るものがあり、世界中のフレーバー系シャグブランドの中でも頭一つ抜きん出た存在のように思います。

さて、今回はこのブラックスパイダーから、2022年秋現在の最新フレーバー、ラムネを試します。ブラックスパイダーブランドは、どこか日本人に馴染み深い「味」ばかりがモチーフにされることが多いですが、このラムネはその最たる例と言って良いかもしれません。しかし、同時にあのラムネの独特の味わいを、たばこで表現するのはなかなか難しそうにも思います。この点、吸う前からかなり気になりますが、レベルの高いブラックスパイダーなので、これまでになかった全く新しい喫味を楽しませてくれるような気もします。

このブラックスパイダー ラムネ、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。さっそく葉の感じから見ていきましょう。

ブラックスパイダー ラムネのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 830円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。想像よりも香料の香りは控えめですが、いかにもラムネらしい冷たく、スキッとした青々しい甘い香りが鼻をついてきます。言わばラムネアイスのような香りですが、これがたばこ葉から漂う苦い香り、香ばしい香り、ピリッとした香りなどと混じり合いブラックスパイダー ラムネならではの、独特の香りとなっています。

香りだけでも、なかなか面白そうなシャグですが、次にたばこ葉にもフォーカスしていきましょう。

葉の感じ

ブラックスパイダーブランドの他の銘柄同様、焦げ茶色の葉と黄色い葉が混じり合うように入り組んでおり、その刻みは細かいです。おそらくバージニア葉、オリエント葉のようにも見えますが、ミドル程度の硬さで、巻きやすそうな印象を受けました。

一方、香料感もそこそこあり、指で触るとその香料が指先につきます。香料たっぷり系というほどではないですが、このため、たばこ葉全体に相応の粘度があり、なんとなくまろやかな喫味になりそうな予感がしました。

ここまでが開封した際と葉の感じのチェックですが、実際に火入れすることでどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

・・・

開封時に感じたラムネアイスのような風合いを微かに感じながらも、単に甘い味が口の中に広がる印象です。また、たばこ本来のボディ、アタック、キック感といった重さはほとんどなく極めてスカスカです。「甘い空気を吸っているだけ」といった印象さえあり、これは話になりません。

ただし、ヴェポライザーの低温度では、こういったことがブラックスパイダーブランドの他銘柄でもあったため、ここで気を落とすのも早計です。次にヴェポライザーの燃焼温度をアップさせれば、きっとブラックスパイダー ラムネ本来の喫味バランスを楽しめることでしょう。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度では、スカスカなだけでしたが、ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせたことで、ラムネ香料がよりまろやかになった一方、たばこ葉本来の味わいもグッと前に出てきた印象で、なかなか心地良い喫味になりました。

ただし、ラムネというモチーフを完全に表現できているかと言えば少々弱く、また喫味全体のたばこ感も極めて弱めで、ヘビースモーカーの筆者にとってはかなり物足りなさを感じたのも正直なところです。もしかしたら、ブラックスパイダー ラムネはヴェポライザーではそのポテンシャルを十分に引き出すのが難しいシャグなのかもしれません。

この点、手巻きで吸うことではっきりと答えを感じられるようにも思います。というわけで、次に手巻きにして吸ってみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

吸い始めの冒頭では、意外なことにフレーバー香料の味わいはなく、たばこ葉本来のピリッとした口当たりと苦味を感じ、パフ中盤でようやくラムネ香料の甘さが口の中に膨らむように広がる印象がありました。この点、フレーバー系シャグの多くにない吸い心地です。

フレーバー系シャグの大半はパフの冒頭で、香料の印象を与えるものが大半ですが、ブラックスパイダー ラムネは、言われなければフレーバー系シャグだと感じないほど、香料の印象が控えめで、筆者個人としてはこの点がなかなかよいなと感じました。

全体的にはかなり軽めの部類のたばこではありますが、その喫味バランスは独特にして悪くありません。ライトスモーカーの方はもちろん、ヘビースモーカーの方でも「遊び系シャグ」としてチョイスして楽しむのもよいように思いました。

いずれにしてもブラックスパイダー ラムネの場合は特にヴェポライザーではなく、必ず手巻きで試されることをお勧めします。

ブラックスパイダー ラムネの感想

パッケージ開封時に感じたラムネアイスのような香りは、火入れして吸った際でも想像以上に表現が弱かったことは否めません。この点は、ラムネというモチーフを期待して購入した方にとっては不満が残りそうに思いました。

ただし、フレーバー系シャグがそれほど得意でなかったり、ラムネというモチーフ自体にも、それほど期待感のないヘビースモーカーの方にとっては、その喫味バランスの良さから十分オススメに値する銘柄でもありました。

ブラックスパイダーブランドの中でも、かなり非凡で個性的なシャグだと思います。複雑な喫味バランスもまず他にない味わいとなっていますので、機会がありましたらぜひ一度お試しください。

 

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:4/5

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。