[カプノス]たばこ情報サイト

パイプとは?伝統的な喫煙具の魅力を紹介

 

映画のワンシーンでパイプを燻らせている人の姿を見たことがある人も多いと思います。

いつかはパイプを試してみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

本記事では伝統的な喫煙具であるパイプを詳しく紹介します。

パイプとは?

パイプ

たばこ葉を火皿に詰めて、着火→喫煙する伝統的な喫煙具。

たばこと違い燻らせながらゆったり喫煙するのが特徴です。

たばこ葉はパイプ専用のものがあり、種類も様々。

専用のたばこ葉は粗めにカットされており。一般的なシャグとは少し趣が異なります。

パイプの使い方

パイプを吸う男性

ボウルにたばこ葉を複数回に分けて詰めます。

ボウルいっぱいにたばこ葉を詰めたら、次にタンパーを使って平にならしていきます。

この時にたばこ葉を詰めすぎると火が消えやすくなります。

一方で詰めが甘いと燃えすぎの原因となります。

この辺は次第にコツが掴めてくる部分ですが、たばこ葉を詰めて吸ってみてたばこと同じくらいの吸口であればOKです。

マッチで火を擦り、火皿にもっていきたばこの表面全体に火を点けます。

表面に火が点いたらパイプを吸い、火を広げていきます。

再度、タンパーで表面をならし、もう一度着火します。

パイプとシャグの組み合わせ

AMBERLEAFFinestVirginia_02

冒頭でパイプは専用の刻みたばこを使用すると紹介しましたが、ヴェポライザーや手巻きたばこで使うシャグでも、もちろん喫煙できます。

自分好みのパイプに使うシャグを探すのも楽しみの一つと言えます。

CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!


特集


ニュース


喫煙具を知る