[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】DOMINGO(ドミンゴ)シガーブレンドをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

domingocigerblend_01

多彩なフレーバーをラインナップし、コストパフォーマンスにも優れるドミンゴシリーズ。

どれも個性的な風合いを楽しめる一方、タバコとしての魅力をそがない繊細なブレンドが特徴で、コアな支持を得ています。

ドミンゴシリーズのフレーバーはいずれも軽めで、特別なヘビーユーザーでなくても楽しめるフレーバーが多いですが、その中でも最も荒っぽそうなのが、今回ご紹介のドミンゴ シガーブレンド。

パッケージはいかにも只者ではない印象を与える黒を基調としたもので、重く激しい喫味をイメージしてしまいます。

このドミンゴ シガーブレンド、果たしてどんな喫味を楽しめるのでしょうか。ヴェポライザー、紙巻き双方で試していきたいと思います。

DOMINGO(ドミンゴ)シガーブレンドのスペック

  • DOMINGO Cigar Blend(ドミンゴシガーブレンド)
  • 生産国 ベルギー
  • 価格 630円
  • 内容量 25g
  • グラム単価 25.2円 / 1gあたり

開封

さっそく開封していきます。

事前に調べたところによると、ドミンゴ シガーブレンドはいわゆる「黒タバコ」を乾燥させた後、体積発酵させたものを他の葉とブレンドして完成させているようです。

そのせいか、葉から漂う香りは実に濃厚。

繊細というよりは香ばしさが前面に押し出したような強いパンチを持つ香りです。

ここでも、いかにも荒っぽい喫味がしそうにも思うと同時に、ヘビーな喫煙者なら誰もが好きそうな香りにも感じました。

果たしてヴェポライザー、紙巻きで吸うことでどのような喫味を生み、変化をもたらすのでしょうか。

ドミンゴシガーブレンドのたばこ葉

ドミンゴシリーズの特徴は、刻みの細かい葉に加え、3ミリほどの比較的大きめの葉が混じっているところ。

この点は他フレーバーと変わらないものの黒タバコがそうさせるのか、全体的にはモサッとしていました。

そのため他銘柄よりも特に丁寧にほぐさないとムラが出そうに思いました。

また、黒タバコなので葉の色も黒に近い深いブラウンで、この見た目からもかなり強いアタックを生み出すのではないかと期待が高まります。

コーヒーで言うところのエスプレッソのような強く濃厚な風合いを楽しめそうに思いますが、さっそくヴェポライザー、紙巻き双方で吸引していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

ネット上でも評価の高いシャグの個性を感じることができるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

……

まず、口の中に広がったのが強烈な苦味。

そして、その後には、鼻先にツーンとくるような強いパンチを感じました。

甘み、辛味、芳醇さはなく、どこまでも苦味が支配してきます。

しかし、人によってはこの苦味がクセになりそうでもあり、想像通りヘビーな喫味でした。

それでいてタバコ本来のアタック感は比較的軽めなのが面白く、この良い意味でのアンバランスさがドミンゴ シガーブレンドの強い個性になっているように思いました。

温度を上げて吸ってみた

次に温度を上げて吸ってみます。FENiX MINI PRO220度に設定。

……

他フレーバーでは低音度、高温度によって微妙に喫味に変化が起こることが多いのですが、ドミンゴ シガーブレンドは190度でも220度でも、喫味に大幅な違いは感じませんでした。

黒タバコ特有の現象かもしれないですが、ある意味ではブレが出にくいフレーバーと言い換えることもできそうです。

このドミンゴ シガーブレンド、紙巻きでも同じように変化を生み出すことはないのでしょうか。さっそく紙巻きでも試していきます。

紙巻きで吸ってみた

ゴワゴワとした葉をほぐし、バランスが崩れないように葉をまとめ直し、巻いて吸ってみます。

……

ヴェポライザーよりも苦味がさらに際立った印象で、吸い終わった後の舌に残る苦味が特に強い印象でした。

副流煙も黒タバコ特有の香りであり、かなり個性が強いシャグのように感じました。

ただし、前述のようなアタック感の軽さは紙巻きでも同じで、決して吸いにくいわけではありません。

あくまでも風合いが独特で、好き嫌いははっきり分かれるフレーバーではあるように思う一方、「総じて軽い」ドミンゴシリーズの個性は、紙巻きでも十分感じることができました。

DOMINGO(ドミンゴ)シガーブレンドの感想

ドミンゴ シガーブレンドは、クセが強いフレーバーで、とにかく「苦味追求型」のシャグのように感じました。

後味も、タバコ特有のそれとは若干異なり、ひたすらに苦味が残る感じです。

しかし、このフレーバーに慣れてしまうと、他のシャグは大人しすぎて満足できないであろうこともよくわかります。

「ドミンゴ シガーブレンドが一番だ」という人は少ないかもしれませんが、それでも一部の間では絶大な支持がありそうです。

苦いシャグではありますが、興味がある方はぜひ一服お試しください。

ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

松田義人
松田義人(まつだ・よしひと) ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。

特集


ニュース


喫煙具を知る