[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】DOMINGO(ドミンゴ)ナチュラルを手巻きとヴェポライザーで吸ってみた感想

domingonatural_01

他のシャグシリーズに比べ、コストパフォーマンスに優れており、実に多彩なフレーバーを展開しているドミンゴシリーズ。「自分で仕込む」タバコ愛好家の間では根強い支持を得ています。

今回ご紹介のドミンゴ ナチュラルは、その名の通り「天然」にこだわったフレーバーで、ドミンゴシリーズの標準的な喫味を楽しめそうな予感がします。

パッケージのカラーリングは薄い白地、薄緑を基調とさせており、有機的な印象を抱かせる程度のイメージで、特別なフレーバーに特化した印象はありません。

このドミンゴ ナチュラル、果たしてどんな喫味を楽しめるのでしょうか。ヴェポライザー、紙巻き双方で試していきたいと思います。

DOMINGO(ドミンゴ)ナチュラルのスペック

  • 商品名 DOMINGO Natural(ドミンゴナチュラル)
  • 生産国 ベルギー
  • 価格 630円
  • 内容量 25g
  • グラム単価 25.2円 / 1gあたり

開封

さっそく開封していきます。

各フレーバーとも風合いを特化させる傾向が強いドミンゴシリーズですが、このドミンゴ ナチュラルの葉はその名の通り、純然たるタバコの香りしかしませんでした。

タバコ好きには慣れた香りであり、「変わったフレーバーではない」ことを強く感じさせてくれ安心感も抱きます。

特化したフレーバーでない分、他のドミンゴシリーズに比べれば、香りのインパクトはやや物足りないとも言えますが、しかしこの純然たるドミンゴ ナチュラルの香りこそが、銘柄としてのドミンゴのベースのようにも感じます。

他のシャグブランドの基本となるものと嗅ぎ比べて、ドミンゴならではの個性を見出すのも面白いかもしれません。DO

ドミンゴナチュラルのたばこ葉

ドミンゴシリーズの他のフレーバー同様、茶褐色の刻みの細かい葉に加え、ときどき3ミリほどの比較的大きめの葉が混じっています。

モサっとしていながらも触れるとパラパラと崩れていく感じもあり、扱いやすそうに思います。

ただし、このパラパラによりナチュラル本来の喫味にブレが生じてしまいそうなのは、他のシャグ同様です。

やはり一度綺麗にほぐした後、葉にムラが出ないようバランス良く仕込む必要がありそうです。

せっかくのナチュラルフレーバー、しっかりとした喫味のポテンシャルを引き出すようにしましょう。

FENiX MINI PROで吸ってみた

温度調整がしやすく、メインテナンスもしやすいことで評価の高いヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

……

まさに優等生的な喫味で、タバコ本来の風合いを強く感じます。

ただし、どことなく角がない印象で、キック感も弱め。銘柄としての印象は薄めであることは否めません。

ヘビースモーカーの筆者には正直物足りなさを感じましたが、一方でライトスモーカーの人には最適のシャグのように感じました。

このライトで優等生的なドミンゴ ナチュラル、温度を上げることで味にどんな変化を及ぼすか試したいと思います。

温度を上げて吸ってみた

次に温度を上げて吸ってみます。FENiX MINI PRO220度に設定。

……

190度では感じられなかったタバコ本来が持つキック感や個性が、温度を上げたことでいくらか突出した印象。

ブレンドのバランスも優れており、これまで試してきたシャグの中でも、筆頭に挙げて良いほど美味しく感じることができました。

ただ、それであってもアタックは弱めですので、ヘビースモーカーの人は、「やはりちょっと物足りない」と感じるかもしれません。

ドミンゴナチュラルを手巻きで吸ってみる

ヴェポライザーでは、温度によって喫味が強まったドミンゴ ナチュラルですが、紙巻きではどのような変化を感じられるのでしょうか。さっそく試してみます。

……

FENiX MINI PROでは、温度によって喫味に変化がありましたが、紙巻きでは、ナチュラル本来の風合いを存分に味わうことができました。

アタックが弱いことには変わりがありませんが、実に優等生的な喫味で喫煙者であれば「この銘柄苦手!」となることは、まずないであろうシャグのように思いました。

前述のようなコストパフォーマンスの良さもあり、普段使いには最適で、特に紙巻きではドミンゴ ナチュラル本来の風合いを感じることができるはずです。

ドミンゴ ナチュラルの感想

ドミンゴシリーズと言うと、そのフレーバーの多さと価格の安さから、シャグのメインストリームというよりは、どことなく二軍的な先入観を抱いていた筆者ですが、ここはドミンゴにお詫びしたいです。ドミンゴさん、ごめんなさい。

それほどにドミンゴ ナチュラルの喫味は、あらゆる喫煙者の好みに合いそうな印象で、同時にこのナチュラルがベースにあるからこそ、様々なフレーバー展開も実現できるのであろうことが容易に想像できました。

アタックは弱め、個性も強くない……しかし、どんな人でもシャグを楽しむことができるのがドミンゴ ナチュラルのように思いました。是非一度お試しください。

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

松田義人
松田義人(まつだ・よしひと) ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。

特集


ニュース


喫煙具を知る