[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】DOMINGO(ドミンゴ)バージニアブレンドを手巻きとヴェポライザーで試してみた

dpmingovirjiniablend_01

「バージニアブレンド」を冠するシャグは、ゴールデン・バージニア、マックバレン・バージニアブレンドなどが有名ですが、特にグラム単価が安く、アジアタバコなどもブレンドして個性を打ち出しているのが今回レビューする銘柄、DOMINGO(ドミンゴ)バージニアブレンドです。

DOMINGO(ドミンゴ)シリーズは、今回ご紹介のバージニアブレンド以外にも複数のフレーバーをラインナップしています。

いずれのフレーバーも個性的でありながら、タバコ本来の風合いを楽しめるものばかり。

それではここでドミンゴのバージニアブレンドを吸ってみたいと思います。

ドミンゴ バージニアブレンドのスペック

  • 商品名 DOMINGO Virginia Blend(ドミンゴバージニアブレンド)
  • 生産国 ベルギー
  • 価格 630円
  • 内容量 25g
  • グラム単価 25.2円 / 1gあたり

開封

さっそく開封していきます。

決して強いわけではないものの、バージニアの「葉っぱ感」を感じる、どことなく畳っぽさも感じる青々しい香りが特徴的です。

また、DOMINGO(ドミンゴ)バージニアブレンドは甘みがあったり、フルーティーな香りを楽しめたりする個性的なシャグとは対局にあるような、いかにもタバコな香りも印象的です。

「正統的タバコ」であり続けたいような矜持さえ感じる香りでした。

ドミンゴバージニアブレンドの葉の感じ

事前に調べたところ、ドミンゴ バージニアブレンドは、バージニア葉をメインとしながら、アロマ感豊かなバーレー葉、オリエンタルタバコなどもブレンドされているようです。

葉の色は茶色で、刻みは細かく、どことなくおかかのようなビジュアルで、少し触れるだけでサラサラと葉が崩れていきます。

このため、手巻き、ヴェポライザーともに自分で仕込む際はバランス良くまとめないとドミンゴ バージニアブレンド本来の味は薄れてしまうかもしれません。

この点によく注意しながら、綺麗に仕込んで吸ってみたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

シャグ個々に異なる個性を引き出すことができるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

……

一口目で強く感じる青々しい風味こそバージニアブレンド特有のものですが、そこに被さってくるようなマイルドな風合いもある個性的な味で、後味も強めです。

しかし、吸いごたえが重いというわけではなく、どちらかと言えば軽めの印象。

つまり、バージニアブレンド特有の味のアタックはありながらも、タバコのガッツリ感はないため、比較的スムーズに吸引することができるように思いました。

これらをまとめると、ドミンゴ バージニアブレンドのファンになった人は、他にはなかなか浮気できないであろう、強い個性を感じさせるシャグだとも思いました。

温度を上げて吸ってみた

次に温度を上げて吸ってみます。FENiX MINI PRO220度に設定。

……

前述のような「青々しい強い個性」「軽めの吸いごたえ」は、高温だと薄まっていくような印象。

バージニアブレンドの個性が苦手な人は、その個性を和らげるために高温で吸うのがお勧めとも言えますが、逆に、「いや青々しい強い個性を感じたいんだ」という方は低温~中温で吸うのが良いのではないかと思いました。

いずれにしても温度次第で風味が変わるのもドミンゴ バージニアブレンドの面白いところのように思います。

ドミンゴバージニアブレンドを手巻きで試す

次に紙巻きにして吸ってみます。

前述の通り、葉の刻みが細かくサラサラしている分、ブレンドがくずれないよう入り組む葉をバランス良く整えながら、巻く際の力加減も慎重に行っていきましょう。しっかり巻いたところで火をつけて一服……

……

FENiX MINI PROの低温~中温、あるいは高温で吸った際よりも「青々しい個性」は紙巻きのほうが強く感じました。

また、後味も強く残るため、バージニアブレンド特有の風味を嗜みたい人、ドミンゴ バージニアブレンド本来の個性をバランス良く感じたい人にとっては、紙巻きがベストなのではないかと思いました。

ドミンゴ バージニアブレンドの感想

ガッツリ感は弱めな一方、バージニアブレンドの独特の風合いにより、好みが大きく分かれる銘柄だと思いました。

バージニアが好きな人にはたまらない味でしょうし、逆に、際立つ青々しい風味が苦手な人からは好まれない銘柄のように思いました。

正直、筆者も一口目では「これ苦手かも」と思いました。

しかし、ドミンゴ バージニアブレンドは、ヴェポライザーでの吸引、紙巻きでの吸引ともに強く残る後味から、忘れられないシャグになったことも事実です。

これらのことから「苦手だ」と思っていたのに、いつの間にかフェイバリットになることもあるように思いました。

個性的で、良くも悪くもこの味を忘れることはできないからです。

グラム単価も安いため「いつものシャグと嗜好を変えたい」といった際のために、1袋持っていても良いように思いました。

ドミンゴ バージニアブレンド、是非一度お試しください。

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

松田義人
松田義人(まつだ・よしひと) ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。

特集


ニュース


喫煙具を知る