[カプノス]たばこ情報サイト

【レビュー】煙管専用の刻みタバコ「宝船」を吸ってみた感想

宝船1

煙管(きせる)専用の刻みタバコで有名な「宝船」

今回はこの宝船をレビューしていきます。購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

煙管(きせる)専用刻みタバコ「宝船」

宝船1

煙管やパイプを製作する老舗、柘製作所さん発売の銘柄。ちなみに製造国はドイツ。

商品名 宝船
容量 20g
価格 500円

タバコ葉のブレンドは、ヴァージニア70%、バーレー19%、サンキュアード・バーレー7%、オリエント4%の構成。

 

いかにも日本的なデザインが目を引くパッケージです。海外の愛煙家にプレゼントすると喜ばれそう。

ちなみにパッケージ裏面に「意匠:橘右之吉」と記載があり調べてみたのですが、書家の方のようです。

宝船文字

パッケージ表面の文字は橘氏がデザインしたものでしょうか。素敵です。

 

開封

宝船パッケージ

開封するとパッケージに煙管の種類と吸い方についてのレクチャーが記載してあります。

タバコ葉はシャグより気持ち細かめにカットされています。

宝船開封

酸味を含んだタバコ葉の香りが良い感じですね。燻した鰹のようなニュアンスもあります。

 

喫煙開始

宝船喫煙

さっそく煙管(きせる)で吸っていきます。

指先でちょこんとつまんで火皿に詰めていきます。

遠火で火を点け喫煙開始。

タバコ葉の喫味とコクのような味わいが印象的です。

煙管の代表的な銘柄に小粋という製品がありますが、小粋に比べると深い味わいの刻みたばこ。

宝船2

小粋を仕事の合間にさっと一服する銘柄だとすれば、宝船は夜にゆったりと燻らせたくなるような銘柄です。

個人的には外での一服は小粋で、自宅でのリラックスタイムには宝船で、といった具合に吸い分けしています。

 

CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!


特集


ニュース


喫煙具を知る