[カプノス]たばこ情報サイト

【レビュー】プルームテックプラスの限定銘柄「ホットワイン」「スパークリングワイン」を試してみた

プルームテックプラス_ホットワイン_スパークリングワイン2

2020年11月30日から限定発売されたプルームテックプラスのフレーバー「ホットワイン」「スパークリングワイン」

今回、こちらの限定銘柄2種を試してみたので味わいをレビューしていきます。

 

プルームテックプラスの限定銘柄、ワイン2種

プルームテックプラス_ホットワイン_スパークリングワイン2

クリスマスシーズンに合う限定銘柄がプルームテックプラスから発売されました。

  • メビウス・エナジーホットワイン・プルームテックプラス専用
  • メビウス・エナジースパークリングワイン・ミント・プルームテックプラス専用

商品名からも分かるようにワインをイメージしたフレーバーです。ちょうど冬の季節に合う銘柄を投入してきました。

上記、2銘柄は2020年11月30日からオンラインショップやプルームショップ 、一部たばこ店で販売されています。

なお、価格は1箱550円(税込)

全国での販売となりますが、数量限定である点に注意してください。現品限りで販売はいったん販売は終了となります。

参考:JTプレスリリース

ちなみに、フレーバーに炭酸のテイストをプラスしたエナジーシリーズは今回が初めてではありません。

メビウス・エナジー・スパーク・ミント

炭酸飲料をイメージした新銘柄がプルームテックプラスから発売予定

 

もしかすると再販やレギュラー銘柄に昇格するかもしれませんが、ひとまず在庫限りで終了となるので興味がある方はこの機会にぜひ試してみてください。

以下ではさっそく限定銘柄をレビューしていきます。

 

メビウス・エナジーホットワイン

開封

プルームテックプラス_ホットワイン1

まずは先にホットワインを試していきます。

パッケージには葡萄やスターアニス(八角)のイラストが描かれています。ホットワインの材料ですね。

プルームテックプラス_ホットワイン3

パッケージを開けるとホットワインのイラストが描かれています。

「重厚な赤ブドウの風味とほのかなスパイスの香りがくせになる、まったり味わうフレーバーです」

期待値が高まります。

プルームテックプラス_ホットワイン2

タバコカプセルは深い紫の色合い。フルボディの赤ワインを連想させます。

直接、香りを嗅いでみると渋みを伴う赤ワインの香りとタバコ葉の香りが漂ってきます。

 

喫煙開始

プルームテックプラス_ホットワイン4

タバコカプセルを本体にセットし喫煙開始。

一口目を吸った感想は意外とタバコのキック感が強いこと。

甘めなフレーバーを予想していましたが、意外や意外にタバコの喫味が強いです。

吐き出す時に赤ワインのフレーバーが抜けていくのも心地よいです。

赤ワインの味わいももただ酸味が強いだけではなく、うっすらとスパイスの複雑なニュアンスも感じます。

 

総評

プルームテックプラス_ホットワイン5

赤ワインのテイストを感じれる銘柄でした。

ただ、吸う前に期待していたワインの重厚感や複雑なスパイスの香りはそこまでありませんでした。

ホットワイン主体というよりもタバコ葉の喫味・キック感が主体のフレーバーですね。

吸ってすぐに吐き出すのではなく、燻らせるようにじっくり喫煙するとワインの複雑な味わいをより感じることができます。

 

メビウス・エナジースパークリングワイン・ミント

開封

プルームテックプラス_スパークリングワイン6

続いてエナジースパークリングワイン・ミントを試していきます。

シャンパングラスが並ぶパッケージは季節にぴったりですね。

プルームテックプラス_スパークリングワイン2

開封するとモエ・エ・シャンドンっぽいシャンパンボトルとグラスが描かれています。

「爽やかな白ブドウの風味とキリッとした氷冷感を楽しむ、華やかなフレーバーです。」

レモンイエローのようなタバコカプセル。

プルームテックプラス_スパークリングワイン3

直接、香りを嗅いでみると白葡萄を彷彿とさせる爽やかな香りが漂います。これは美味しそう。

 

喫煙開始

プルームテックプラス_スパークリングワイン4

本体にセットして喫煙開始。

あぁ、これはうまい・・・

白ブドウ×ミントの組み合わせは王道ですね。まずいわけがない。

白ブドウのジューシーな香り、酸味を含んだ味わい、そしてミントの清涼感がうまくマッチしています。

シャンパンの味わいを完全再現しているか?と言われるとNoですが、白ブドウのミントフレーバーと考えるならば最高に美味しい銘柄です。

 

総評

プルームテックプラス_スパークリングワイン5

ホットワインではタバコ葉の喫味が前面に出ていましたがスパークリングワインの方はフレーバーの味わいが前面に出ています。

口内で煙をじっくり燻らせると白ブドウの味わいとタバコ葉の旨味が合わさってまた美味しい。

オン・オフ、シチュエーションを選ばずに喫煙できるフレーバーでした。

無限にダラダラ吸い続けたくなるような味わいの銘柄です。

 

ホットワイン、スパークリングワインどちらがおすすめ?

プルームテックプラス_ホットワイン_スパークリングワイン1JPG

筆者個人の感想で言えばメビウス・スパークリングワイン・ミントがおすすめ。

限定銘柄で数こそ限られていますが、季節に合った銘柄でテンションが上がります。

クリスマスシーズンに向けてお酒でも飲みながらじっくり楽しみたい、そんな銘柄でした。

興味がある人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

最新のプルーム製品の紹介

プルームテックプラスウィズ12

プルームテックプラスウィズという製品が最新のプルーム製品となります。

プルームテックプラスと同じたばこカプセルが使うことができます。

  • プルーム製品初の液晶ディスプレイ搭載
  • 手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズで持ち運びに便利

様々な点で改良が加えられている製品になるので、買い替えを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当サイトでは加熱式タバコや煙草全般に関する情報を発信します。

特集


ニュース


喫煙具を知る

シャグブランド