エクセレント レモンミント_01

【シャグレビュー】「エクセレント レモンミント」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

パイプ用シャグ、手巻き用シャグ、スモークレスたばこなど、複数のブランドを展開するヨーロッパの名門メーカー、マックバレン・タバコ・カンパニー。

手巻き用シャグでは「マックバレン」、「チョイス」、「アムステルダマー」、「オパル」といった人気ブランドを複数展開しています。

2019年、マックバレン・タバコ・カンパニーはドイツのたばこメーカーのプランタ、流通会社のユニタスを買収したようですが、このユニタスのブランドだったのが、今回紹介する「エクセレント」シリーズです。

この買収によって「エクセレント」シリーズは、マックバレン・タバコ・カンパニーがそのブランドを引き継ぎ販売するようになったという経緯があったようです。

「エクセレント」シリーズは、フレーバー系シャグを複数展開しており、いずれもマイルドで軽めの喫味が特徴です。

一方、香料とたばこ葉のバランスに優れたものは、実にうまい喫味を感じさせてくれるのも「エクセレント」シリーズの特徴で、筆者もこのうちの「バニラ」、「パイナップル」といった銘柄は普段使いにしたいほどの好みのフレーバーです。

今回は、この「エクセレント」シリーズの中から「レモンミント」というフレーバーを試します。

パッケージはグリーンと黄色を用いたもので、どことなくスキッとした喫味を楽しませてくれるのではないかと期待が膨らみます。

この一方、「エクセレント」シリーズのうち、かなり複雑な味の再現を目指したフレーバーは、総じて香料がキツめだったことから、筆者にとって苦手な部類の「香料の味しかしない」シャグなのではないかといった不安もないわけではありません。

この「エクセレント レモンミント」、果たしてどのような喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはスペック、開封、葉の感じから見ていきましょう。

■関連記事:シャグのおすすめをタイプ別に紹介

「エクセレント レモンミント」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 680円
  • 内容量 25g

開封

25gで680円というコストパフォーマンスの良さと、良質のアフリカ・南米などのバージニア葉、アフリカのバーレー葉、ヨーロッパのスパイシーなオリエント葉を丁寧にブレンドしている点は、「エクセレント」シリーズ共通の魅力で、本フレーバーも同様です。

開封し、その香りを嗅いでみるとレモンとミントの酸味を表現した香料の香りを強く感じる一方、たばこ葉の香りもちゃんと感じることができました。このことで、香料とたばこ葉のバランスを丁寧に取ったシャグなのではないかと期待が膨らみます。

ただし、どことなく甘い感じもあり、「甘さが際立ったシャグだったらイヤだな」という不安も抱きました。

次に実際にたばこ葉に触れてみたいと思います。

葉の感じ

たばこ葉全体はモサっと入り組んだ印象で、手でほぐさないとモサっとしたままです。

香料のせいか、相応の粘度もあるため、特に手巻きで吸う際は詰めすぎないようにする必要があります。

粘度のあるたばこ葉をギューギューに詰めすぎてしまうと、火をつけて吸う際、詰まりすぎて吸えない、なんていうことが起こるからです。

このため、初心者には少々扱いが難しいシャグのようにも思いました。

さて、この「エクセレント レモンミント」、火をつけるとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封時に感じた「甘さ」が際立った印象で、その「甘さ」の周りをレモンとミントが覆っているかのような風合いです。

どことなく「飴」っぽい感じで、たばこ本来の風合いは極めて薄いです。

このスカスカ感、ライトユーザーにとっては良いのかもしれませんが、ヘビースモーカーでガツンとくるたばこを好む筆者にはどうしても好きになれないものでもあります。

この感じ、ヴェポライザーの温度をあげることで改善すると良いのですが……。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度に比べれば、たばこの印象とレモン・ミントの酸味は上がったものの、スカスカ感は相変わらずで、やはり物足りなさを感じる筆者でした。

これまでに試したいくつかの「エクセレント」シリーズの中には、ヴェポライザーではそのポテンシャルを引き出すことができないものもありました。

この「エクセレント レモンミント」ももしかすると、その類のシャグなのかもしれません。

なんとか「エクセレント レモンミント」ならではの喫味をしっかりと味わいたいものですが……。

次に手巻きにして試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

1パフ目にして思わず「うまい」と言葉に出てしまうほど、たばこ感を感じることができました。

キック感とスパイシーな感じに加え、スキッとしたレモンとミントの香料とのバランスが素晴らしく、たばこが短くなるまで何度もパフしてしまうほどでした。

この「エクセレント レモンミント」、手巻きであれば、日常的に使いたいシャグだと思いました。最高にうまいです。

「エクセレント レモンミント」の感想

ヴェポライザーでの吸い心地と、手巻きでの吸い心地に、ここまではっきりとした差が出るシャグも珍しいです。

筆者的には絶対に手巻きを勧めたいですが、一方で、それほどたばこにこだわりがない、ライトユーザーにとってはヴェポライザーのスカスカした感じでも良いのかもしれません。

こう考えると、吸う環境(道具)によって、ユーザーを幅広くフォローできるシャグと言っても良いかもしれません。

本文でも触れた通り、コストパフォーマンスに優れたシャグでもあるので、興味を持たれた方は是非一度試されてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:5/5

 

【シャグ】エクセレントのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

※本記事で紹介した , はリンク先でも詳しく紹介しています。

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。