【シャグレビュー】「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

本国ドイツのたばこ市場では97%を超えるという圧倒的なシェアを誇る大規模たばこメーカー、ポッシェル・タバック。

パイプたばこ、シガレット、嗅ぎたばこなど、数多くの製品を展開しており、日本でもおなじみの手巻き用シャグも数多く取り扱っています。

このポッシェル・タバックが扱うブランドの一つが「ゴールデンブレンド」シリーズ。良質のバージニア葉を中心にブレンドしたシャグを複数展開しており、筆者はすでに「バージニア」「バージニア グリーン」を試し、その控えめなのに芸が細かい喫味に好印象を抱いています。

手巻き用シャグは、フレーバー系シャグなどに代表されるように、とかくインパクトを優先させるようなきらいがありますが、「ゴールデンブレンド」シリーズはその真逆。一見地味にも映りますが、ストイックに喫煙者に寄り添うようなうまいシャグばかりを展開しています。

今回試すのはこの「ゴールデンブレンド」シリーズから「アロマティックシャグ」というフレーバーです。

ポッシェル・タバックのフレーバー系シャグブランド「JBR」シリーズに、筆者は少々不満を抱いているため、若干の不安もありますが、「バージニア」「バージニア グリーン」がなかなか良かった「ゴールデンブレンド」シリーズです。

「アロマティックシャグ」も、「ゴールデンブレンド」シリーズならではのストイックなブレンド、さりげない香料感を楽しませてくれることを期待します。

事前に調べたところによると「バージニア葉とバーレー葉の甘味と辛みに、ほんのりしたバニラの甘い香りを楽しめる」といった紹介文が散見されました。

果たしてこの「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはスペック、開封した感じ、葉の感じから見ていきたいと思います。

■関連記事:シャグのおすすめをタイプ別に紹介

「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 820円
  • 内容量 30g

開封

「30g・820円」というコストパフォーマンスの良さは「ゴールデンブレンド」シリーズに共通するもので、本銘柄ももちろん同じ。

パッケージは少々地味というかチープな印象もありますが、この価格帯なので目をつむりましょう。

さっそくパッケージを開封し、シャグの香りを嗅いでみましたが、「ゴールデンブレンド」シリーズの「バージニア」「バージニア グリーン」同様に匂いは極めて薄めであり、本フレーバーの個性であるはずの「バニラ」の香料さえ確認できません。

「大丈夫なのか!」と言いたくなりますが、しかしそこはストイックで控えめな「ゴールデンブレンド」シリーズ。

これまでの経験から言うと、さして問題とは思いません。

葉の感じ

「ゴールデンブレンド バージニア」とよく似た深いブラウンのたばこ葉で、細かめにカットされている一方、芯は強く感じます。

また、「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」は一応フレーバー系シャグの部類に入るはずなのに、香料による湿度、粘度は極めて薄く、全体的にはカラッカラに乾いています。

触ってみても指先に香料が移るようなこともなく、「これで本当にバニラの風合いが楽しめるのか?」と疑いたくなるほどです。

果たして、この「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」、火入れするとどんな喫味を表現してくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーが試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

意外や意外、開封時の香りや葉の感じでは確認できなかったバニラの風合いが、1パフ目から口の中に広がってくれました。

まさに「ゴールデンブレンド バージニア」のフレッシュでキレの良い風合いに、バニラの甘味をほんのり加えた感じで、実に柔らかく優しい喫味です。

ただし、ヴェポライザーの燃焼温度が低いせいなのか、たばこ感は極めて薄く、物足りなく感じるのも正直なところ。

この点、ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせると、改善されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

「ゴールデンブレンド バージニア」や「ゴールデンブレンド バージニア グリーン」をヴェポライザー220度で吸った際は、キック感がアップしましたが、この「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」はキック感が出ないだけでなく、ボディそのものも弱まり、なんだかバニラ風の空気を吸っているような印象になってしまいました。

これまでに試した経験ではかなり繊細な印象を抱いていた「ゴールデンブレンド」シリーズ、やはりヴェポライザーではそのパフォーマンスを引き出しにくいのかもしれません。

ここまでがヴェポライザーでの感想でしたが、手巻きにした場合、どう印象が変わってくるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

「ゴールデンブレンド」シリーズに共通するあっさり喫味ですが、バニラの風合いが全体の喫味に馴染み、さらなる穏やかな吸い心地を表現しており、なかなか良い風合いです。

他方、甘味が増した影響か、喫味の奥にある苦味がかなり立った印象も抱きましたが、ただしこれもイヤに感じるものではありません。

「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」ならではの個性として捉えれば十分な喫味であり、喫煙者であれば万人に受け入れられるであろう苦味のようにも思いました。

「ゴールデンブレンド アロマティックシャグ」の感想

ヴェポライザーとの相性はかなり悪いと感じた一方、手巻きでは「ゴールデンブレンド」シリーズの中でも比較的強い個性を感じることができました。

とはいえ、吸い手を限定するようなものではなく、「ゴールデンブレンド」シリーズに共通するストイックで万人受けする繊細な喫味であることは違いがありません。

比較的手を出しやすい価格帯でもありますし、是非一度お試しいただければと思います。

 

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:5/5

※本記事で紹介した , はリンク先でも詳しく紹介しています。

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。