[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「ゴールデンブレンド バージニア」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

ドイツの巨大たばこメーカー、ポッシェル・タバック。本国ドイツのたばこ市場ではなんと97%を超えるという圧倒的なシェアを誇る企業です。

パイプたばこ、シガレット、嗅ぎたばこなど、数多くの製品を展開していますが、もちろん手巻き用シャグも複数のブランドを扱っています。

日本でもおなじみの「プエブロ」シリーズ、「レッドブル」シリーズ、「JBR」シリーズなどを扱っていますが、この、ポッシェル・タバックが扱うブランドの一つが「ゴールデンブレンド」シリーズ。

良質のバージニア葉を中心にブレンドしたもので、銘柄はさらに複数を展開しています。

ペシェル・タバックが展開するシャグのうち、「JBR」シリーズのフレーバー系シャグの仕上がりに正直不満を持つ筆者ですが、この「ゴールデンブレンド」シリーズもどことなくパッケージデザインのチープさが「JBR」シリーズに通ずるところがあり、少々不安を持つところもあります。

ただし、「ゴールデンブレンド」シリーズはあくまでもたばこ葉本来の喫味に注力した銘柄ばかりを展開しており、この点に期待も抱いています。

この「ゴールデンブレンド」シリーズ今回試すのは「バージニア」というブランドのベースとなる銘柄。事前に調べたところによると「バージニア葉を贅沢に使用した、深みはあるが後味スッキリ、吸いやすいシャグです。

重めがお好きな方には少し物足りないかもしれません」といった紹介文が散見されました。

筆者は重めのたばこが好きですが、一方でたばこ葉のブレンドが良ければ、この点は特に気にならず楽しむこともできます。

果たしてこの「ゴールデンブレンド バージニア」、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはスペック、開封した感じ、葉の感じから見ていきたいと思います。

「ゴールデンブレンド バージニア」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 820円
  • 内容量 30g

開封

「ゴールデンブレンド」シリーズに共通する「30g・820円」というコストパフォーマンスの良さは、ローリングたばこ初心者の方にもおおいに手を出しやすいもので、この点をまず評価したいと思います。

さっそくパッケージを開封し、シャグの香りを嗅いでみましたが、匂いは極めて薄く、よく鼻を近づけないと感じることができません。

正直、これまで試してきたシャグの中でも最も「香りがしない」シャグであり、この点に少々不安を持つ筆者でした。

「JBR」シリーズのように、吸う環境ごとはもちろん、手巻きでもポテンシャルを発揮しにくいシャグでないことを祈るばかりですが……。

葉の感じ

芯のある細めにカットされたたばこ葉は明るめのブラウンで、ときどき黄色い葉や葉片のようなものが混じっています。

また、湿度はほとんどなく、極めてカラッカラのたばこ葉です。このことで手巻きにする際に、巻きやすいと思う一方、少々カドがあるというか辛味のある喫味になるのではないかとも思いました。

ここは筆者の経験からの推測でしかありませんが、マイルドな喫味を楽しみたい方はヒュミストーンなどを使い、適宜加湿すると良いようにも思いました。

果たして、この「ゴールデンブレンド バージニア」、火入れするとどんな喫味を表現してくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーが試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封時の「香りのなさ」に不安を覚えた筆者でしたが、全くの杞憂に終わり、1パフ目からバージニア葉の甘く、豊かな風合いが口の中に広がり、優雅でまろやかな喫味を感じさせてくれました。

激しい刺激、キック感はなく実に優しい風合いで、リラックスしたいとき、自分を癒す際などの喫煙にはもってこいのシャグなのではないかと思いました。

筆者個人的にも大満足ですが、欲を言えばもう少しボディに厚みがあると、なお良いなと思いました。

この点、ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせると、改善されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じた風合いに、キック感を加えた印象で、決してマズい喫味ではない一方、期待していたボディの厚みは作られませんでした。

また、190度で感じた喫味全体の豊かな印象が、少々バラけたような感じもあります。

この点、たばこ葉を焼きすぎてしまうことにより起こるものかもしれません。

これらのことから言えるのは、ヴェポライザーで「ゴールデンブレンド バージニア」を楽しむ場合、190度のほうが安定した喫味を楽しむことができるということ。

190度だと確かに控えめな喫味にはなるのですが、そのほうが「ゴールデンブレンド バージニア」の持ち味を感じることができるように思います。

ここまでがヴェポライザーでの感想でしたが、手巻きにした場合、どう印象が変わってくるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

パフの初めに、若干強めのキック感を感じる一方、全体の喫味は極めて軽く、甘味も弱く、ヴェポライザーとはまるで違う印象を抱きました。

かと言ってマズいというわけではなく、こういうアッサリしたたばこもときには良いなと思いました。

ラーメンで言うところの、久留米ラーメンの濃厚スープが一番好きだけど、稀に淡麗スープのラーメンを食べると、これはこれで美味しい……というような感じとでも言いましょうか。

なかなか面白いシャグではありました。

「ゴールデンブレンド バージニア」の感想

ヴェポライザーで「ゴールデンブレンド バージニア」を吸う場合は190度がオススメで、穏やかにゆったりとした喫煙の時間を楽しむことができるでしょう。

一方、手巻きで「ゴールデンブレンド バージニア」を吸う場合は、アッサリと軽い喫味を楽しむことができます。

いずれにしても、このブレンドのクオリティは悪くなく、万人受けするシャグのように思いました。是非一度お試しください。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:4/5

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。