[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「パピヨン オリジナル」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

インドネシア産のたばこと言えばシガレットの「ガラム」が有名で筆者も大好きです。

また、このレビューで試した「バイオリン」シリーズや「ガンドゥン」シリーズもインドネシア産で、どことなくお香のような独特の風合いがクセになり、これもまた大好きです。

このようにインドネシア産のたばこは、強い個性がある一方、かなりうまい喫味を楽しませてくれるものが多く、特にヨーロッパ産よりも実は優れているシャグが多いのではないかという見方をしている筆者ですが、今回試す「パピヨン」シリーズのベース銘柄「オリジナル」もインドネシア産。

自ずと期待が高まっています。

輸入販売元は、「ガンドゥン」シリーズと同じ、コーヒー豆なども扱うスミス・コーポレーションです。

この「パピヨン オリジナル」、同社のサイトによれば「奏でる香りのハーモニー。上質なインドネシアたばこ。花の蜜のような優しい甘味と華やかなアロマ」といった紹介文が載っていました。

また、販売店のサイトでは「バージニア葉、バーレー葉、オリエンタル葉で構成されており、手巻き初心者の方、女性の方などにオススメ」といった記載もありました。

これらが正しければ、どことなく上品でマイルドな喫味を楽しませてくれそうな予感がします。

何よりうまいインドシア産、早く火をつけたくなりますが、まずはスペック、開封した感じ、葉の感じから見ていきたいと思います。

「パピヨン オリジナル」のスペック

  • 生産国 インドネシア
  • 価格 1270円
  • 内容量 40g

開封

40gで1270円とはなかなかの良いお値段ですが、そのパッケージを開封し、シャグの香りを嗅いでみると、確かに花の蜜のような華やかな香りが漂ってきます。

また、バージニア葉、バーレー葉、オリエンタル葉で構成されたブレンドの香りもまた苦々しいものではなく、どことなく優雅でありシャグには珍しく女性的な印象も受けました。

香りを嗅いだ上での想像では、どことなく優しく、まさにちょうちょのような有機的で優雅な喫味を楽しませてくれそうな予感がします。

とにかく類い稀なシャグであることには間違いなさそうです。

葉の感じ

かなり細かくカットされたたばこ葉ですが、1本1本の芯は固めで、指先で触るポキポキ折れていきます。

また、開封時に感じた香りの元であろう香料の影響で、やや湿度も感じますが、それほどベトベトしているものではなく、程よい感じでもあります。

このため初心者であっても、特にコツなどを気にすることなく巻きやすいシャグであるようにも思いました。

ただし、やはりここでもどんな喫味になるのかは全く想像できませんでした。

この「パピヨン オリジナル」、実際に火を入れるとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

冒頭でも触れた販売元のスミス・コーポレーションの紹介文「奏でる香りのハーモニー」「花の蜜のような優しい甘味と華やかなアロマ」の言葉通りの、優雅で柔らかい風合い。

アジアンな雰囲気を漂わせつつ、丸く口の中を潤してくれるような喫味です。

苦味、辛味、酸味といったたばこ特有のアタックは薄く、ひたすらに優しいたばこです。

まさに女性にピッタリのシャグだと思う一方、筆者としてはもう少したばこ感のパンチが欲しいのも正直なところです。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせると、たばこ感も強くなるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

多少キック感とボディが強まったものの、190度で感じた優しく丸い風合いはそのままでした。

ただし、ここで「パピヨン オリジナル」がすごいと思ったのは、ヴェポライザーの燃焼温度を変えても、あまりブレないといった点。

シャグによっては、大幅にブレたり、あるいは燃焼温度によって、全然ポテンシャルを引き出すことができなかったりといったものがある中、「パピヨン オリジナル」の安定感には目を見張るものがあります。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きで吸ってみると、また違った印象になるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

キック感や刺激が控えめな一方、苦味と辛味と、どことなくアジアンなスパイシーさが入り混じった複雑な喫味で、ヴェポライザーの190度、220度双方で感じたものとはまるで違うものでした。

この複雑な喫味の奥のほうで、華やかな甘味が優しく包んでくれるような風合いで、まさに自分自身が蝶々になったかのような優雅な気分に。

全体的にはマイルドで軽めのたばこではありますが、これらの喫味設計が素晴らしく、ヘビースモーカーの筆者でも十分美味しく吸うことができました。

「パピヨン オリジナル」の感想

ヴェポライザーの190度、220度ではさほど喫味に変化がなかった一方、手巻きでは全く違う「パピヨン オリジナル」本来の喫味を楽しむことができました。

かなり独特の喫味ではありますが、決してイヤなものではなく一度ハマると他のシャグには浮気できなくなりそうな独創的なブレンドのように思いました。

少々値の張るシャグではありますが、普段使いとはまるで違うシャグを吸いたい場合などにはもってこいの銘柄だと思います。

是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

 

ヴェポライザー評価:3/5

手巻き評価:4/5

おすすめ情報や最新ニュースをチェック!
シャグをもっと詳しく知る →
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


キャンペーン


カテゴリ


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。