[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ハーベスト ミントをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

ドイツの名門たばこメーカー、フォン・アイケン社。その歴史は実に古く設立は1770年。

以来、世界中の喫煙者のニーズを反映したたばこばかりをリリースし、常に新しいアイディアを投入することも怠らないメーカーとして特にヨーロッパではカリスマ視されることもあります。

日本市場では同社がリリースするシャグブランド・マニトウなどが人気です。

一方、まだ知名度は低いものの、同社が日本市場に送り出しているものにハーベスト・シャグシリーズというブランドがあります。

バージニア葉、バーレー葉といったたばこ葉をベースにクオリティの高いフレーバー香料を加えた銘柄ばかりをラインナップしています。

手巻きたばこ用シャグのパッケージは粗悪なものが少なくない中で、きちんとしたグラフィックを用い、さらに銀色の箔まであしらっている本気ぶり。

印刷に関わる仕事もしている筆者から見ても、かなり贅沢な仕様ののパッケージにかなりの気合いを感じました。

このハーベスト・シャグシリーズより今回はミントを試します。

同社のマニトウのたばこ葉、ブレンドの評価が高いこともあり、単にフレーバー香料の面白さだけではない奥ゆかしい喫味を楽しませてくれるのではないかと期待が膨らみます。というわけで、まずはスペックから見ていきましょう。

ハーベスト ミントのスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 740円
  • 内容量 30g

開封

開封すると、ミントフレーバーの香料の香りが鼻をつく一方、しっかりとしたたばこ葉の香りもします。

言うならばフィフティー・フィフティーの対比であり、この点、フレーバー系シャグとしてはかなり異例のように思いました。

ただし、古き良きたばこにこだわるフォン・アイケン社の、たばこ葉そのものに対する情熱を崩さない設計なのではないかとも思いました。

これが正しければ、フレーバー系シャグでありながら、香料は控えめという筆者好みのシャグなのではないかとも思い、期待が膨らみます。

葉の感じ

比較的硬いバージニア葉、バーレー葉が入り組んでおり、見た目からはかなりインパクトのある喫味を期待します。

開封時にも触れた通り、フレーバー系シャグであるのに香料の印象は薄く、よって葉の粘度も比較的軽め。

開封して置いておくと、すぐにカラカラに乾きそうな感じもするので、デフォルトの喫味を味わいたい場合は、ローリングする際などの開封や保管に気を使うほうが良いのではないかと思いました。

ここまで見た感じだと、かなり良さ気なシャグのような気がしますが、肝心の喫味、果たしてどんなものでしょうか。

まずはヴェポライザーから喫煙を試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目でつい「はい、うまい!」と声に出してしまいました。

まずバージニア葉、バーレー葉の強いインパクトがあり、同時にミントの風合いも感じさせるというもので、筆者からすればフレーバー系シャグのお手本的な喫味だと思いました。

フレーバー香料ばかりが際立ってもダメだし、たばこ感しか残らないのもダメ。

この辺の絶妙なバランスをうまく表現できるように設計されたシャグであり、これはかなりうまいです。

大満足で、これ以上言うことはないのですが、ヴェポライザーの温度をあげることで、この印象がどう変わるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度のほうが安定した喫味を感じられた一方、220度ではそのバランスがやや崩れ、一服するごとにたばこ葉本来の風合い、ミント香料の味を別々に感じました。

決してまずいというわけではありませんが、しかしこの銘柄の繊細な設計は190度で吸うほうが強く感じられることは確か。

本銘柄を楽しむ場合は是非190度のほうで吸っていただきたいと思いました。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにすることで、さらにどんな印象に変わるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

とにかくうまいの一言。

ヴェポライザーの190度で感じたバランスの良さがそのまま反映された喫味ですが、吸い始めから吸い終わりまで、実に豊かな風合いを感じることができ、それまでに吸っていたシャグとは明らかに違う印象を抱きました。

さすが名門、フォン・アイケン社。たばこ葉に対する真摯な思いと情熱は、このハーベスト・シャグシリーズからも強く感じることができました。

ハーベスト ミントの感想

ヴェポライザーの220度では多少のブレがありましたが、かなりうまいシャグでした。

「30g 740円」とそれほど高額のシャグではないことも好印象。

今後、指定銘柄にしたいと思うほどでした。

フレーバー系シャグが苦手な方にもオススメできる一品です。

是非機会がありましたらお試しいただければ幸いです。

 

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る