[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】アムステルダマー アップルアイスをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

デンマーク・バルト海に面した港町・スペンボルで発祥したメーカー・マックバーレン・タバコ・カンパニー。

創業当初は別の名で、極めて小さな家族経営のメーカーでしたが、たばこへの情熱を反映した誠実な製品作りに支持が集まり、特にマックバーレン・タバコ・カンパニーと名称変更をした1995年以降は、ヨーロッパを代表するたばこメーカーの一つとして絶大な支持を受けるようになりました。

現在はブランド10数種、実に80以上もの銘柄を取り扱う大手メーカーでもあります。

日本はもちろん世界中では、同社の名をそのまま冠したたばこブランド、マックバーレン・シリーズが有名ですが、一方で根強い支持を集めているのがアムステルダマー&アムステルダマーアイス・シリーズ。

ナチュラル系やハーフスワレなどを展開するのがマックバーレンシリーズで、一方のアムステルダマーアイス・シリーズは、独自のメンソールを使用した冷たい喫味を楽しめるフレーバー系シャグばかりを展開しています。

このアムステルダマーアイス・シリーズより今回試すのはアップルアイスというフレーバー。

本国のWEBサイトによれば「新鮮な氷の効果に合致するような、サクサクした甘いリンゴの風味がトッピングされています」とありました。

アップルを模したフレーバー系シャグは他ブランドでも多く見られますが、果たして本銘柄ではどんな喫味を楽しましてくれるのでしょうか。

まずはそのスペックから見ていきましょう。

アムステルダマー アップルアイスのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 660円
  • 内容量 25g

開封

実に瑞々しく爽やかな風合いの青リンゴの香りが鼻をつきます。

香料がキツめなことはすぐわかりますが、かと言ってケミカル感を強く感じるものではなく、ずっと嗅いでいたくなるような心地良い香り。

おそらく青リンゴの香料と、アムステルダマーアイス・シリーズ独自のメンソールの融合によって、そう感じさせているのだと思います。

他方、たばこ葉の香りは、かなり深く嗅がないと感じることができませんでした。

この点はアムステルダマーアイス・シリーズの他のフレーバーにも共通するものですが、よってこの時点では喫味そのものを想像することはできませんでした。

葉の感じ

本国のWEBサイトの記載によるとバーレー葉、オリエント葉をはじめ様々なたばこ葉をブレンドさせたものが採用されているとのことで、この点もまたアムステルダマーアイス・シリーズの他フレーバーと同様のものです。

ただし、よく葉を見てみると、刻みの細かい葉に混じって時折かなり固めの葉片のようなものもあります。

このため手巻きで巻く際は、この固めの葉片に注意しないとペーパーを破ってしまう可能性があると思いました。

よく注意しながら巻くことをオススメします。

というわけで、さっそくヴェポライザーから喫煙を試していきましょう。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目から口の中に広がるのは青リンゴの瑞々しい風合いとメンソールのスキッとした喫味。

なかなかの爽快感で、ずっと吸っていたくなるようなうまさです。

一方、たばこ葉本来のボディ、アタックは正直控えめで、ヘビースモーカーの筆者的には「もうちょいガツンと吸いたい」と思ったのも正直なところ。

この辺の不満、ヴェポライザーの温度をあげることで解消されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

青リンゴの瑞々しさ、メンソールの感じは若干弱まった一方で、たばこ葉本来のインパクトは220度でずいぶんと上がりました。

ただし、改めて思ったのはアムステルダマー アップルアイス特有の喫味バランスそのものは190度のほうが優れているということ。

たばことしてのインパクトが弱くとも、銘柄のポテンシャルを感じたいのなら、やはり190度のほうが良いなと思いました。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにすることでどう印象が変わるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

1パフ目で舌先に感じたのは、ピリッとした辛味と青リンゴの瑞々しい甘さ、そしてメンソールのスキッとした風合い。

吸い終わりでは、青リンゴの風合いがさらに鼻腔に広がる感じで、なかなか個性的な喫味です。

フレーバー系シャグとして全体的な仕上がりは抜群で、誰が吸っても「このたばこは面白い」と感じられるはずだとも思いました。

アムステルダマー アップルアイスの感想

たばこ感が軽めなのが残念と言えば残念ではありますが、ヴェポライザー190度、または手巻きで吸った際に感じた本銘柄の個性は素晴らしく、他ブランドのフレーバー系シャグではまず感じられない独特の喫味のように思いました。

普段使いのシャグに加えて「遊び系」として採用するのにもってこいです。「25gで660円」と比較的低価格でもあるので、機会がありましたら是非一度お試しください。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:4/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る