[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー 抹茶をヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

喫煙者の間では日本はもちろん、世界中にもファンを持つ名門メーカー・柘製作所。

パイプ、キセルなど、様々な喫煙具を開発・製造していますが、近年のニーズの高まりに応じるようにブラックスパイダーシリーズというシャグも展開しています。

このブラックスパイダーシリーズ、その名の通りクモがモチーフになっていますが、その意味はさておき、まるでクモの巣のように繊細で手の込んだフレーバー系シャグを数多く展開していることでも知られています。

フレーバー系シャグを展開するブランドは世界に複数ありますが、中でも香料の精度の高さ、たばこ葉のクオリティの高さなどで、特に日本国内では絶大な支持を得ているブランドでもあります。

今回試すのは、このブラックスパイダーシリーズの抹茶というフレーバー。

「抹茶」というのがいかにも日本国内向けに開発されたもののように感じますが、あの青く奥ゆかしい風合いが、たばこにどう表現されているのかは実に興味深いところ。

事前に調べた情報によれば、「深みある抹茶のほのかな香りを楽しめる。和菓子のお供にもピッタリ」とあります。

たばこと和菓子というのは、親和性薄めのように思いますが、おそらくこれはシャレでしょう。

ブラックスパイダー抹茶、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。期待でワクワクしてきます。

ブラックスパイダー抹茶のスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。抹茶のような青々しいお茶の香り、えんぴつを削ったような香ばしい匂いがしますが、言われなければフレーバー系シャグと気付かないほどたばこ葉に溶け込んでいます。

おそらくたばこ葉と香料の相性があまりに良すぎて、融合しているのだと思いますが、全体的にはイヤな香りではないです。

この香料感、正直薄めにも感じましたが、火をつけた際、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。全く想像が及びません。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、今回のシャグではラオスの葉が使われています。

その葉の詳細は明らかにされていませんが、筆者から見ると、バージニア葉、オリエント葉のようにも見えますが、定かではありません。

焦げ茶色の葉で、刻みは極めて細かく、まるでキセルで使うたばこ葉のように線の細い葉も入り混じっています。

しかし、繊細な葉であっても強い芯があり、これが強い喫味に繋がるのではないかと期待が膨らんできます。

果たしてこのブラックスパイダー抹茶、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーの190度から試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目では開封時には感じなかった甘みが口の中に広がりました。

しかし2パフ、3パフと吸い進めるうちに、いかにも抹茶っぽい香りが立ち上がってきて、独特の喫味に仕上げてくれます。

たばこ葉本来のボディ、アタックも弱くなく、この辺は「さすがブラックスパイダー」と言いたくなるほどの満足感。

なかなか良いシャグのように思いました。

ブラックスパイダー抹茶、190度では好印象を抱いた筆者でしたが、温度を上げることで喫味にどんな変化が表れるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

1パフ目からいきなり抹茶の青い風合いが口の中に広がり、かなりのインパクトを生み出しています。

しかし、抹茶特有の苦味などは感じることがなく、むしろ抹茶ミルクのような甘い風合いであり、口の中を優しくまとわりついてくれる感じがしました。

これはこれでアリ。十分な満足感を得られた筆者でしたが、手巻きで吸った場合、どんな変化が表れるのでしょうか。次に試したいと思います。

手巻きで吸ってみた

1口吸うたびにまず感じるのは、舌先にまとわりつくピリッとした感じ。

かなり強いピリピリ感ですが、その後半でヴェポライザーで感じたような青々しい抹茶の風合いを楽しむことができます。

たばこ本来のボディ、アタックも適度にあります。フレーバーそのものは控えめに感じましたが、全体の喫味としては十分満足に値するクオリティでした。

ブラックスパイダー抹茶の感想

抹茶の香料を強く感じたのはヴェポライザーのほうで、たばこ本来のうまさを感じたのは手巻きのほうでした。

ユーザー個々に好みが大きく異なるとは思いますが、吸い方によって味が大きく変化するブラックスパイダー抹茶。

あなたならではの好みの吸い方を見つける、という意味で多彩な表情見せてくれるとも思いました。

世界的にはかなりニッチなフレーバーではありますが、だからこそこの喫味に特別な意味を持つユーザーもいそうな気もしました。

機会がありましたら是非一服されてみてはいかがでしょうか。

 

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:4/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る