[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー バージニアプラスをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

日本が誇る名門喫煙具メーカー・柘製作所がプロデュースするシャグブランド・ブラックスパイダーシリーズ。

数多くのフレーバー系シャグを展開し、香料の繊細さ、たばこ葉のブレンドなどで、ネット上では特に高評価を得ています。

一部フレーバーは人気のあまり品薄になることもあるほどで、この点もまた海外のフレーバー系シャグブランドと明らかに違うことを証明しているように思います。

そんなブラックスパイダーシリーズなのですが、今回試すのは数少ないナチュラル系シャグ、バージニアプラスという銘柄です。

ラオス産のバージニア葉をブレンドしているものだそうで、ナチュラル系シャグが大好きな筆者はこの時点でテンションが上がりました。

一方、香料をいっさい使用していないわけでもないようで、うっすらアロマの香りも楽しめるスイーティーなシャグでもあるようです。

これまでに試してきたブラックスパイダーシリーズはいずれも高いクオリティでしたので、前述のような本銘柄の繊細なブレンド、香料もまた贅沢な喫味を楽しませてくれるはずだと期待します。

というわけでまずは吸い始める前にスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー バージニアプラスのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。

冒頭で触れた通りバージニアブレンドを主体に置いたフレーバーなのですが、鼻を近づけ嗅いでみると、確かにうっすらとした香料の甘い風合いを感じます。

「アロマ」という情報を得ていましたが、どことなく「チョコレート」に近い香りです。

もしかしたら、少なめの香料と、バージニア葉のブレンドの融合でチョコレートっぽい風合いになっているのかもしれませんが、個性的なシャグであろうことはこの時点でも想像することができました。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズはタンザニアの葉、ラオスの葉が用いられることが多いですが、本銘柄ではラオスの葉が使われているようです。

ブラックスパイダーシリーズはフレーバー系シャグが多いのですが、本銘柄はあくまでもバージニア葉の魅力を打ち出した商品。

このことから香料は極めて薄めであり、粘度も控えめであり、触るとバージニア葉のパリッとした芯の強さを感じます。

あくまでも筆者の経験上ですが、パリッとした葉は辛みを感じさせてくれることが多いです。

それが正しければ、開封時でも触れたチョコレートのような甘い香りとの融合で、面白い喫味を楽しませてくれそうな気もします。

というわけでさっそくヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

たばこ葉全体のアタック、ボディは極めて薄めで、これは正直物足りなさを覚えました。

ただし、けっしてマズいというわけではなく、喫味バランスは優れており、バージニア葉の複雑な甘味と、微かに感じる香料が全体の喫味を丸くしてくれています。

ちなみに葉を見たときに感じた「辛い味がするかも」といった想像は誤算だったようで、辛さは全く感じませんでした。

これらの印象、ヴェポライザーの温度をあげることでどう変化するのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で弱めに感じたたばこ感は220度にしてもさほど変わらず、若干ボディが強まった程度でした。

これまでに試したブラックスパイダーシリーズのフレーバーはいずれもかなり好印象を抱いていた筆者ですので、正直ガッカリするところもありました。

しかし、あくまでもバージニア葉のうまみに注力した銘柄でもあるため、ヴェポライザーでの喫煙は特に意識せず開発されているのかもしれません。

手巻きではしっかりとした喫味を楽しませてくれることを期待しつつ、次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

想像が的中。

手巻きでの喫味は実に豊かで、バージニア葉の持つ甘味、辛味、苦味が複雑に入り混じり、実に贅沢な味になっています。

全体のボディ、アタックは控えめですが、その分、たばこ葉の独特の風合いを感じることができるという寸法。

やはり本銘柄の繊細な味はヴェポライザーでは、表現しにくいものだったのだろうとも思いました。

ただし、開封時に感じた、微かな香料の風合いはいっさい感じることがなく、むしろ隠し味的なニュアンスで採用されているのようにも思いました。

ブラックスパイダー バージニアプラスの感想

「ヴェポライザーではまったく弱い」「でも、手巻きならブレンドが目指す喫味を存分に味わうことができる」という、ある意味はっきりした銘柄のように思いました。

手巻きであれば改めてブラックスパイダーシリーズのクオリティの高さを感じることができるはずです。

機会がありましたら是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

 

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る