[カプノス]たばこ情報サイト

キャメル・メンソール・パープル・プルームエックス・プルームエス用銘柄をレビュー

キャメルパープル1

プルームエス、プルームエックス専用銘柄としてリニューアルした「キャメル・メンソール・パープル・プルームエックス・プルームエス用」

本記事ではこちらの銘柄を試してみた感想を詳しく紹介します。

キャメル・メンソール・パープル・プルームエックス・プルームエス用銘柄

キャメルパープル2

プルームエス、プルームエックス用銘柄で6月にリニューアルされました。

メンソールとカシス、ブルーベリーのようなベリー系の香りが楽しめる銘柄。

実はリニューアル前にも好きな銘柄の一つだったので、レビューが楽しみでもあります。

キャメルブランドは国内外で展開するタバコブランド。

ラクダのロゴが目印で、紙巻きたばこやシャグでも展開されています。そのキャメルブランドのプルームエス、プルームエックス用に開発された銘柄。

1箱20本入りで500円(税込)と、メビウスブランドより40円安い点も見逃せません。

開封

キャメルパープル4

パープルにグリーンの差し色が印象的なパッケージ。

裏面には「フワッと香るベリーフレーバー」と紹介されています。

確かに、直接嗅いでみるとブルーベリーガムを思わせるような甘い香りが漂ってきます。

フレーバーマイクロチップという技術が採用されており、香りの持続時間がアップしているようです。

キャメルパープル3

プルームエス、プルームエックス銘柄に限らずですが、加熱式たばこのフルーツ系フレーバーは後半に香りが落ちる傾向にあります。

この辺がフレーバーマイクロチップでどのように改善されているのかも、チェックしたいと思います。

喫煙開始

キャメルパープル5

デバイスにセットして喫煙開始。

一口目に感じたのは、確かにカシスやブルーベリーを思わせるフルーツ感。

加えてメンソールの清涼感。

メンソールとベリー系の組み合わせは鉄板ですね。

ただ、筆者が期待していたほどのジューシー感はありませんでした。

ベリー、メンソール、たばこの喫味がバランスよく分配されている印象。

たばこの喫味が思っていたよりも強いのは意外でした。

後半になると味わいが変化し、フルーツとメンソールの味わいが際立ってきますね。これが、フレーバーマイクロチップの恩恵でしょうか?

前半:たばこ、メンソール、フルーツの3味

後半:メンソール、フルーツが目立つ

上記のような味わいになりました。

総括

キャメルパープル6

期待値ほどベリー感がなかった気もします。期待し過ぎたかもしれません。

しかし、ベリーとメンソール、たばこの味わいがバランスよく調和しており、美味しく吸うことができました。

もし、プルームエスやプルームエックスの銘柄選びで、レギュラーでもメンソールでもない銘柄を選ぶとしたら1番におすすめしたい銘柄です。ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

プルームエス/プルームエックスのフレーバーを比較!おすすめの銘柄は?

最新のプルーム製品の紹介

プルームエックス外観2

JTから「プルームエックス 」という最新の加熱式たばこが発売されました。

同じく、たばこスティックもプルームエックス専用銘柄として刷新されています。

様々な点で改良が加えられている製品になるので、買い替えを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!

→Twitterをフォローする

特集


ニュース


喫煙具を知る