[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー レモンティーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

クオリティの高いフレーバー系シャグばかりをラインナップするブラックスパイダーシリーズ。

ジョークのようなフレーバーばかりを展開し単に「面白い」というだけで、肝心のたばことしてのクオリティはダメ……という海外ブランドもある中、ブラックスパイダーシリーズはたばこ葉本来の喫味そのものも追求したハイレベルな銘柄ばかりをラインナップしています。

このせいで、常用するシャグとは別の「セカンド・シャグ」「遊び・シャグ」としても絶大な人気を誇っており、中には流通上品薄になる銘柄もあるようです。

このため、ブラックスパイダーシリーズでお気に入りのフレーバーを見つけた際は、在庫がある際にある程度買い込んでおくのも一つの手かもしれません。

さて、今回はこのブラックスパイダーシリーズからレモンティーというフレーバーを試してみます。

事前に調べた情報によれば「甘い香りと喫味が南国を思わせる手巻きたばこで、イギリスの紅茶にレモンの爽やかな香りが加わった仕上がり」とのこと。

要約すると「紅茶」「レモン」の香りが際立った銘柄のようです。

これを反映してか、パッケージも鮮やかなレモンイエローになっています。

果たして、このフレーバー、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

実際に吸い始める前にまずはスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー レモンティーのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。

あらかじめ調べた情報の通り、開封するやいなや「紅茶」「レモン」の香りがツーンと鼻についてきます。

さらに深くかいでみると、その奥のほうで微かにたばこ葉の風合いも感じられます。

ブラックスパイダーシリーズの他のフレーバーに比べると、香料はかなり強い感じです。

ヘビースモーカーで、フレーバー系シャグがやや苦手な筆者は、この香料の強さが正直苦手そうにも思いましたが、果たしてどんな喫味に仕上げているのでしょうか。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、この銘柄に採用されているのはラオスの葉のようです。

ブラックスパイダーシリーズでは他のフレーバー系シャグも数多く試してきていますが、葉を触ってみると特に粘度が強く、触れた指先に香料がしっかりつく感じです。

開封時に感じた「香料強め」を、ここでもまた感じることになったというわけです。

このブラックスパイダー レモンティー、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーの190度から試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

開封時の香り、葉の感じを見た際に感じた「強い香料感」でしたが、実際に吸ってみるとそれほど強くなく、たばこ葉本来の味との絶妙なバランスで入り混じっている印象を受けました。

つまり、かなり美味いということです。

喫煙の後半ではレモン特有のほろ苦い柑橘系の風合いもあり、改めてブラックスパイダーのクオリティの高さを実感する筆者でした。

この印象、ヴェポライザーの温度を上げることでどう変わるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度の印象がそのまま強くなり、そしてよりバランス良くまとまっているように思いました。

たばこ葉との融合がより際立ったことにより、全体的には丸く優しい喫味になっています。

もちろん、たばこそのもののボディもあり、実に豊かな味を楽しませてくれます。

「さすがブラックスパイダー」とうなる筆者でしたが、手巻きで吸うと、また違う発見があるかもしれません

次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーでのバランスの良さがさらに際立った印象。

1パフ目からレモン、紅茶の風合いが口の中に広がり、後半でたばこ本来のボディがきいてくるイメージです。

さらに、後味として微かに紅茶の上品な味も残ります。

なかなかうまいフレーバー系シャグで、いかにも日本人的な奥ゆかしさ、品の良さを感じる筆者でした。

ブラックスパイダー レモンティーの感想

吸う前は、強めの香料がやや不安だった筆者ですが、実際に火をつけてみると、ヴェポライザー、手巻き双方でクセを感じることはありませんでした。

むしろ通常のフレーバーなしのたばこに対し、レモンティーの香料が癒しを与えてくれるような印象も覚えました。

気分の高まりを抑えたいとき、一服によって癒しを得たいときなどに、特にピッタリのフレーバーのようにも思いました。

機会がありましたら是非一度あなたの口でお試しいただければ幸いです。

 

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る