[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー マスカットをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

フルーツ、コーヒー、ドリンクなど従来では考えられなかった斬新な味をたばこで再現するフレーバー系シャグ。

世界に視野を広げれば複数のフレーバー系シャグブランドがありますが、こういった中には、奇を衒うだけで肝心の喫味はズサン……といったシャグも少なくありません。

こういったことからヘビースモーカーの筆者はむしろフレーバー系シャグを避けがちではあるのですが、例外もあります。

それは日本が誇る名門喫煙具メーカー・柘製作所によるブラックスパイダーシリーズです。

ブラックスパイダーシリーズでも数多くのフレーバー系シャグを展開していますが、いずれも香料の精度の高さ、そして肝心のたばこ葉のクオリティの高さで、手巻きたばこユーザーの間では絶大な支持を誇っています。

今回試すのはこのブラックスパイダーシリーズのマスカットというフレーバー。

あらかじめネットで調べた情報では「華やかなシャインマスカットの甘みと香りを感じられる」とのこと。

マスカットの中でも高級ラインに属するシャインマスカットをたばこで味わえるというのがフレーバー系シャグのシャレであり面白さでもあります。

あの甘く芳潤な香りをどうシャグで表現しているのか、ワクワクします。

というわけでまずは吸い始める前にスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー マスカットのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみましたが、まず鼻をついてくるのがマスカットの青々しい香り。

しかし、単なるマスカットの甘酸っぱさだけでなく、シャインマスカット特有の奥ゆかしい風合いを表現していることがよくわかります。

鼻を近づけよく嗅いでみると微かにたばこ葉の香りも感じることができますが、この時点ではどういった喫味を楽しませてくれるのか、全く想像がつきませんでした。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズはタンザニアの葉、ラオスの葉が用いられることが多いですが、本銘柄ではラオスの葉が使われているようです。

刻みの細かい濃い茶色の葉は、柔軟でありながらしっかりとした芯も感じるもの。

また、これらの葉に混じって黄土色の葉の破片のようなものも入り乱れています。

あくまでも目視での推測ですが、ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系のシャグの中では特徴的な葉を使っているのではないかという印象を抱きました。

果たしてこれらの葉に火をつけると、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目で感じたのはたばこ葉本来の強いアタック。

そこに後からマスカットの風合いがかぶさってくるような喫味になっています。

全体的には、なかなか豊かな喫味で、前述の通りブラックスパイダーシリーズの中でももしかしたら、特別な葉を使っているのではないかと思う筆者でした。

190度でこれだけの満足感を与えてくれたわけですが、温度をあげることで、さらに喫味が強くなるのか、それとも弱くなるのか。

次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じたたばこ全体のアタックは、そのままである一方、たばこ葉の味とマスカットの風合いがバランス良く構成され、喫味全体を丸く、そして深く覆ってくれるように感じました。

燃焼温度が高いほうが、シャグそのもののポテンシャルをバランス良く感じられます。

この点、どんなフレーバー系シャグにも通用することではありませんが、ブラックスパイダー マスカットでは特に特性のように感じました。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きで吸ってみるとどんな変化が表れるのでしょうか

次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

1パフ目、まず舌先に感じるのはたばこ葉のピリッとしたインパクトですが、このクセを後からマスカットの香料が優しく包んでくれるような喫味となっており、全体的には実に計算されたフレーバー系シャグであることがわかりました。

また、程よいキック感、ボディもあり、ヘビースモーカーも納得の仕上がりだと思いました。複雑な味ではありますが、これこそがブラックスパイダー マスカットの個性であると思いました。

ブラックスパイダー マスカットの感想

ヴェポライザーでも大満足のシャグでしたが、手巻きにすることでさらに個性的な喫味を感じることができました。

数多くあるブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグの中でも、個性派と言って良いかもしれませんが、かと言ってマズいわけではありません。

本銘柄でもまたブラックスパイダーシリーズの香料のレベルの高さを実感する筆者でした。

通常使いのシャグに加えた、セカンド・シャグとしてもピッタリのブラックスパイダー マスカット。

機会がありましたら是非一度お試しください。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る