[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー 小倉をヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

「柘製作所の歴史は、そのまま日本のパイプの歴史でもある」というほど、多くの喫煙者に喜びを提供してきた東京・浅草の名門メーカー、柘製作所。

パイプ、キセルといったあらゆる喫煙具、またライターや手巻きたばこのペーパーなど、喫煙にまつわるあらゆる商品を開発、製造、輸入などを行うメーカーですが、近年のニーズの高まりに応じ、ブラックスパイダーシリーズというフレーバー系シャグも展開しています。

喫煙者に寄り添った、実に細やかな製品が多いメーカーによるものですので、フレーバー系シャグも同時に繊細な喫味を楽しませてくれるものが多く、ヴェポライザーや手巻きユーザーには一際人気のブランドでもあります。

今回試すのは、このブラックスパイダーシリーズより小倉というフレーバーです。

おそらく海外市場は意識されておらず、あくまでも日本人に対し、喫煙の楽しさの幅を広げるべく開発されたのであろうフレーバーで、その喫味がどんなものなのか期待が膨らみます。

事前に調べた情報によれば「大納言あずきの風味、豊かな香りが楽しめます。珍しい和風の小倉フレーバーです」といったものがあり、「大納言」というこだわりについ吹き出してしまう筆者でした。

果たして、このフレーバー、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

実際に吸う前にまずはスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー 小倉のスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみました。

小倉をモチーフにしたものなので、あの黒く甘い香りを期待しましたが、匂いそのものからはそれを感じることができず、むしろ酸味やたばこ葉の香ばしい香りのほうが立っている印象を受けました。

正直、この時点では小倉感を感じることはなく、もちろん喫味も想像することができません。

火をつけることによって、この香りが小倉に変身するのかどうか、少々疑問に思ってしまうほど控えめに感じました。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、今回のシャグに採用されているのはラオスの葉のようです。

ブラックスパイダーシリーズの中でも特に深い焦げ茶色の葉です。細かい刻みの葉が中心で、ときどきそのクズのような葉が入り混じる感じ。

香料のせいなのかほのかな粘度があり、触れると指先にベトベトした感じが少々残ります。

この時点でも小倉に特化した何かを感じることはできませんでしたが、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーの190度から試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

強めのキック感で一瞬むせてしまうほどですが、ヘビースモーカーの筆者にとってはこの強さがありがたく、1パフ目から大満足ではありました。

ただし、全体の風味は甘く丸い構成ではありますが、肝心の小倉感は弱く、フレーバー感は少々物足りなくも感じました。

この印象、ヴェポライザーの温度をあげることでどう変化するのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

1パフ目でつい笑ってしまいました。

いきなり一口目から感じる小倉感。

まぎれもなくあずきの風合いであり、お餅やアイスなどでいただくそれと全く同じ風合いに仕上がっており、「すごいな、これ!」と笑いながら感動を覚えました。

もちろん、ヴェポライザー190度で感じたキック感強めのたばこの風味も十分で、こちらも大満足でした。

この喫味、手巻きにすることでどんな変化があるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

想像では「手巻きが最も小倉感が際立つだろう」と思っていたのですが、実際に吸ってみると、たばこ葉の苦味、喫味のほうが強く際立ち、フレーバー感は極めて薄く感じました。

喫煙後半でフレーバー感を感じさせるシャグもありますが、本銘柄ではそれもなし。

強いて感じたのは鼻から吐き出す際にほのかに感じる甘さのみでした。

これは不思議です。

ベースのたばこ葉がしっかりしているため、全体の喫味は十分満足できるものですが、手巻きなのにフレーバー感が弱めなのは正直意外にも思いました。

ブラックスパイダー 小倉の感想

小倉感を最も強く感じたのはヴェポライザーの220度であり、手巻きでフレーバー感が弱かったのは意外でした。

ただし、だから「マズい」ということではありません。

むしろブラックスパイダーシリーズに採用されているたばこ葉のうまさで喫煙の満足度は高かったことも付け加えておきたいです。

このように吸う環境によって、その喫味に著しい変化が出やすいのもシャグの面白さです。

本フレーバーも是非一度、一服されてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザーの220度は特に衝撃の味を感じられると思いますよ。

 

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:3/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る