[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー ピーチをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

オリジナルのパイプをはじめ、あらゆる喫煙具、喫煙用品を製造・開発するメーカー・柘製作所。

喫煙者の間ではカリスマ視される名門ですが、近年の「手巻きたばこ」支持を受けて同所がプロデュースしたブランドがブラックスパイダーシリーズです。

フレーバー系シャグを数多く展開しており、いずれもかなりレベルの高い香料を使い、同時にたばこ葉そのものの持ち味も殺さないバランスでネット上でも高評価を得ています。

今回試すのはこのブラックスパイダーシリーズよりピーチというフレーバーです。

黒地の上に、ピンクに配色されたパッケージがどことなくセクシーで、なまめかしい印象を与えています。

果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

あらかじめ調べた情報によれば、「完熟白桃のしっとりとした優しいを甘さを感じさせてくれるフレーバー系シャグ」とのこと。

全く喫味の想像ができませんが、そこは柘製作所です。喫煙者の期待を裏切るようなフレーバーにはなっていないはず。

というわけで、さっそくスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー ピーチのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみると、かなり強めの甘い香料の香りが鼻をつきます。

ただし、その強い香りの奥を感じてみると、確かに白桃の芳醇な風合いに仕上がっており、「ずっと嗅いでいたくなる」ような不思議な印象を抱きました。

また、ここではたばこ葉の香りは極めて薄く、ますますどんな喫味を楽しませてくれるのか想像が及ばない筆者でした。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、今回のシャグではラオスの葉が使われているようです。

刻みが細かい葉は焦げ茶色で、その中に黄土色の平べったく柔らかい葉が入り組む様子が見えます。

また、フレーバー系シャグに多い、「香料のせいで粘度がかなり強い」印象はなく、指で触れても指先はべとつきません。

粘度の強い葉の場合、特に手巻きにする際はコツが必要ですが、この扱いやすそうな葉の感じも嬉しいところです。

果たしてこのブラックスパイダー ピーチ、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーの190度から試していきましょう。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

開封時に感じた甘い香りがそのままダイレクトに口の中に広がっていく印象。

たばこ本来の喫味は極めて弱く、特に喫煙に不慣れな女性に好まれるような印象を受けました。

一方、筆者のようなヘビースモーカーはちょっと物足りなさを感じたのも正直なところで、もう少しガツンとした喫味を感じたいとも思いました。

この辺のこと、ヴェポライザーの温度をアップさせることで解消されるのでしょうか。

次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じた甘い香りはやや薄まり、その代わり、喫味のボディが強く押し出された感じです。

これは大満足の喫煙感でした。

もしヴェポライザーで喫煙する場合、ライトにシャグを楽しみたい場合は190度、ガツンとした喫味を楽しみたい場合は220度と使い分けてみると良いでしょう。

この汎用性もまたブラックスパイダーシリーズの魅力の一つのように思いましたが、次に手巻きで吸ってみたいと思います。

ヴェポライザーとは違うであろう喫味、どんなものかワクワクしますね。

手巻きで吸ってみた

おぉ! これは意外でした。

一番最初の開封時やヴェポライザー190度、220度で感じた「完熟白桃」の風合いはむしろ弱まり、1パフ目で口の中に広がったのはたばこ葉本来の喫味。

吸い終わりで甘さが押し上げてきます。

これらの構成全てが計算されているような印象であり、なかなかクオリティの高いシャグのように思いました。

フレーバー系シャグに多い、

「甘ったるくて、たばこ感が感じられない」

「とにかく香料の味しかしない」

といったアンバランスさは皆無で、かなり繊細に組み込まれた喫味です。

筆者個人的にはやはりヴェポライザーよりも手巻きで贅沢に吸いたいと思いました。

ブラックスパイダー ピーチの感想

ブラックスパイダーシリーズの優れた喫味は、本銘柄でも感じることができました。

フレーバー系シャグブランドの中には、「面白ければいいじゃん」というようなインパクトだけを重視させた雑なものもありますが、こういったシャグとはまるで違う、いかにも拓製作所らしい細かい配慮が感じられる逸品でした。

個人的には手巻きのほうが美味しく感じましたが、この好みはもちろん人それぞれです。

フレーバー感をより強く感じたいのならヴェポライザーで吸うのもアリでしょう。

なかなか面白く優れたシャグです。

機会がありましたら是非、ご自身の舌でその真価のほどを確かめてみてください。

 

ヴェポライザー評価:3/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る