[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダを手巻きとヴェポライザーで吸ってみた感想

ARKROYALPinaColada_01

本レビューですでに複数のフレーバーを試してきたARK ROYAL(アークロイヤル)シリーズ。

一般に「遊び系」シャグとして、甘い風合いの香料を使い多くの喫煙者にインパクトを与えていますが、意外(?)にたばこ本来の喫味を楽しめる点もARK ROYALシリーズの面白いところ。

ヘビースモーカーであっても、普段使いのシャグのサブ的フレーバーになるものもあり侮ることができません。

今回ヴェポライザー、手巻き双方で試すのはブルーのパッケージが眩いARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダ。

ご想像の通り、ココナッツをベースにした甘いカクテルの味をたばこで表現したもので、喫煙時の楽しさを広げてくれそうな予感がします。

ARK ROYALシリーズの大半は、香料がキツいせいか開封前から甘い匂いが漂うものが多いですが、ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダはさほど香りが漏れていません。

火をつけなければ匂いを発しない香料が採用されているのか、はたまた香料自体が薄めに設定されているのか……情報が乏しくどれが正しいのかはわかりませんが、筆者個人としては喫煙前の匂いが弱めなのはありがたいところ。

前置きが長くなりましたが、さっそくパッケージを開封していきましょう。

ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダのスペック

  • ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダ
  • 生産国 ウルグアイ
  • 価格 800円
  • 内容量 30g
  • グラム単価 26.6円 / 1gあたり

開封

ARK ROYALシリーズ共通の、艶テカテカのビニール一体型のパッケージ。

ARK ROYALシリーズは開封前からフレーバー特有の匂いが漂うのが通例ですが、冒頭でも触れた通りARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダはそれが弱め。

「もしかして香料が弱いのか?」とも思いましたが、開封した途端一気にココナッツの甘い香りが鼻をついてきました。

かなりキツめの甘い匂いでずっと嗅いでいると、クラクラしてきそうです。

それを我慢して鼻を近づけよく嗅いでみると、単にココナッツだけの香りではなく、たばこ葉と入り混じるせいか、甘いお香のような独特の匂いを発していました。

ここからは喫味は全く想像できません。

葉の感じ

0.3~0.4ミリほどにカットされた細かい葉は、ARK ROYALシリーズ共通のもの。乾燥度は高そうに映るものの、触るとしっかりと湿度を持っており、これは香料によるものなのではないかと推測します。

ARK ROYALシリーズの他フレーバーに対し、葉の芯は若干弱めに感じるのも、この湿度によるものではないかと思いました。

もちろんこれらのせいで、粘土もあり、特に手巻きで嗜む場合は詰めすぎないように注意が必要です。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの性能抜群のヴェポライザー・FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

キック感強めで、1パフ目の口当たりは筆者好みです。

吸い始めの中盤から口の中に広がる甘味は、単にココナッツの香りだけでなく、カクテルのピナ・コラーダを連想させるもので、この表現力の高さはARK ROYALシリーズの中でも群を抜くものだと思いました。

また、吸い終わりでは微かに苦味、酸味を感じることも出来、たばことしての満足度も十分感じられます。

なかなか良いシャグだと思いましたが、ヴェポライザーの温度を上げた際、この印象が変わるのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

ーーー

190度で感じた喫味からキック感が弱まり、全体のバランスも少々崩れてしまった印象。

しかし、まずいわけではなく依然としてカクテルのピナ・コラーダを連想させる深い甘味はなかなかうまいです。

もちろんたばこ本来が持つ香ばしい喫味を味わうこともできるので、筆者として大満足。「遊び系」シャグなら本銘柄を指定したいと思いました。

以上がヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにした場合、喫味にどんな変化があるのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダを手巻きで吸ってみた

粘度があるシャグなので、詰めすぎないよう丁寧に手巻きにして吸ってみます。

ーーー

ヴェポライザーで感じた甘さよりも、苦味や酸味が際立った印象で、吸い終えた後もこれらが舌の上にピリピリ残ります。

この感じは、ARK ROYAL バニラクリームでの感想と同様で、さらに言えばピニャコラーダもバニラクリームも吸った際に見極められないように思えるほど、表現が乏しく感じました。

ヴェポライザーと手巻きとで、ここまで差が出るものなのかとやはり意外に感じましたが、よってARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダもヴェポライザーでの喫煙が一番ポテンシャルを引き出しやすいように思いました。

ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダの感想

ヴェポライザーで感じた、ココナッツの風味だけでないカクテルのピナ・コラーダの再現ぶりは本当に驚きでした。

実際喫味そのものも美味しく、指定銘柄にしたいと思ったのも正直な気持ちです。

しかし、これが手巻きにすると、途端に苦味や酸味のほうが際立ってしまい、せっかくのフレーバーが感じられなかったのが残念でした。

もちろん、手巻きでも「ピナ・コラーダ感」を全く感じられないわけではないですが、その風合いがかなり弱いため、どことなく半端な印象を抱いたのも正直なところです。

これらをまとめると、ARK ROYAL(アークロイヤル)ピニャコラーダは圧倒的にヴェポライザー向きのシャグだと思いました

吸われる機会がある方は、是非ともヴェポライザーでお試しいただきたいと思いました。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:1/5

ヴェポライザーや手巻きタバコのおすすめシャグ

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る