[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリームをヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

ARKROYALVannilaCream_01

「遊び系」シャグとして30年以上の歴史を持つというウルグアイ産のARK ROYALシリーズ。「UNIQUE FLAVOUR」という記載通り、たばこ葉に香料をふりかけ楽しいフレーバーたばこばかりを展開するブランドです。

PARADISE TEAPINA COLADAWINEBERRYPASSION FRUITSMINT CREAMといった様々な甘い系シャグがあります。

「遊び系」シャグなので喫煙初心者や、女性などのユーザーが多いイメージがありますが、ヘビースモーカーの方も普段使いのシャグのサブ的アイテムとしてARK ROYALシリーズを嗜むケースもあるようです。

この辺も30年もの歴史で培ったARK ROYALシリーズのブランド力と言って良いかもしれません。

さて、このARK ROYALシリーズから、今回ヴェポライザー、手巻き双方で試すのはバニラクリーム味です。

パッケージの色だけを見れば、和ガラシの味を連想させなくもないですが、実際にシャグパッケージを手にすると、すでに放たれるバニラクリームの甘い香り。

サーフショップで嗅ぐココナッツアイテムの香りのようで苦手な人は苦手でしょうが、筆者はそれほどイヤではありません。

果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。さっそく開封していきます。

ARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリームのスペック

  • ARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリーム
  • 生産国 ウルグアイZ
  • 価格 800円
  • 内容量 30g
  • グラム単価 26.6円 / 1gあたり

開封

ARK ROYALシリーズ共通の、楽しげなビニール一体型のパッケージ。

開封前から強い香料の香りがツーンと漂うのもシリーズ共通で、ARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリームも同じでした。

とにかく甘々しい香りが漂いますが、葉に鼻を近づけてよく嗅いでみるとシナモンのような匂いも感じられます。

もしかしたら、バニラクリームの香料と乾燥されたたばこ葉の混在で生まれる匂いかもしれませんが、それほどイヤなものではありません。

葉の感じ

0.3~0.4ミリほどにカットされた細かい葉もARK ROYALシリーズ共通のもの。

色は濃い目のブラウンので構成されていますが、ときどき乾燥度の違う黄みがかった葉が混じっています。

柔軟に入り組んではいますが、芯は強めで、特に手巻きにする際はペーパーを破かないよう注意が必要です。

また、香料のせいか粘度もかすかにあり、指先でギュッと強く握ると、粘土のように固まる感じもあります。

この点も手巻きの際に注意が必要なところで、ギュウギュウに詰め込みすぎると、シャグが詰まって吸えなくなることがありそうです。この点もよく注意して、詰めすぎずに巻くのが望ましいです。

開封時の香り、葉に触れた時点で、ある程度の喫味の想像できましたが、さっそくヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの性能抜群のヴェポライザー・FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目で意外だったのは、バニラクリームの甘い味よりもたばこ本来の香ばしさのほうが口の中に広がるところ。

2パフ目でようやくバニラクリームの甘さが追いかけてくる感じで、この辺はもしかしたら香料の特性で、燃焼が進まないと甘い風合いが出てこないのかもしれません。

仮にそれが正しいとすれば、ヴェポライザーの温度を上げ、燃焼度を高めれば、1パフ目からバニラクリームの甘さを感じられるかもしれません。

次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

ーーー

190度で想像した通り、温度を上げると、1パフ目からARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリームの甘さが口の中に広がりました。

やはり本銘柄の喫味を最も強く感じたい場合は高温度のほうが向いていると言えそうです。

ヴェポライザーでの温度差に、こういった変化を感じることが出来ましたが、さらに手巻きにした場合、どんな喫味になるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

前述の通り、ペーパーを破かないよう丁寧に手巻きにして吸ってみます。

ーーー

ヴェポライザーで感じた甘さよりも辛さ、苦味が際立った印象で、吸い終えた後もこれらが舌の上にピリピリ残る感じです。

言われなければ、甘味が売りの「遊び系」シャグとはわからず、辛さ、苦味の奥のほうバニラクリームの甘味が少々感じられるという程度。

開封時に感じた「バニラクリームの香料と乾燥されたたばこ葉の混在で生まれる匂い」が、そのまま喫味に反映された感じであり、ヴェポライザーと手巻きとで、ここまで差が出るものなのかと正直意外に思いました。

ARK ROYAL(アークロイヤル)バニラクリームの感想

ヴェポライザー、手巻きで大幅に変わる喫味を楽しめると考えれば、確かにユニークなシャグではあります。

しかし、筆者の素直な感想で言うと「どちらかに振って欲しい」というのが正直なところ。

つまり、「遊び系」シャグらしく甘味を追求するなら、喫煙状況に問わず甘味を前面に出して欲しいし、「たばこらしい」シャグを追求するなら、いっそ香料などは加えないほうが良いのではないかと思いました。

この辺の感想はもちろんユーザー個々に異なるはずですが、この点から筆者にとっては掴みどころを得にくいフレーバーのようにも思いました。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:1/5

ヴェポライザーや手巻きタバコのおすすめシャグ

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る