[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】チョイス・ローズをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

1826年にデンマークで創業がスタートしたたばこメーカー・マックバーレン社。

品質の良いたばこを生産するため、できるだけ同族での運営にこだわりパイプたばこ、手巻き用たばこなどをリリースし続けている名門ですが、このマックバーレン社が展開するブランドの一つがCHOICEシリーズです。

フレーバー系シャグを数多く展開していますが、喫味がライトなことから世界中のライトユーザーからの支持を得ているブランドです。

CHOICEシリーズの大半は、各銘柄が番記とフレーバーで表示されていますが、何故か一部にフレーバーそのものしか冠していない銘柄もあります。

この辺、さらにややこしくもさせるのですが、今回試すチョイス・ローズはフレーバーのみを冠させたものの日一つ。

その名の通り、薔薇の香りを楽しめるようです。

ただし、前述でも触れたCHOICEシリーズの大半のフレーバーに見る軽さが苦手な筆者は、少々の不安もあります。

香料のレベルの高さは十分理解していますが、肝心のたばこ感をしっかり味わえるシャグであることに期待するばかりです。

というわけでこのCHOICE ROSEを細かくチェックし、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

チョイス・ローズのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

強く鼻につく薔薇を模した香料の甘い香り。

CHOICEシリーズのフレーバー系シャグで採用されている香料は、どこか控えめで精度が高いものが多いですが、チョイス・ローズはガツンと鼻にくる感じで、どことなく玄関やトイレに置く芳香剤のようなケミカル感じもします。

また、よく嗅いでいくと薔薇というより梅の香りのようにも感じられました。

火をつけると、この香りがどう変化してくれるのか楽しみです。

葉の感じ

CHOICEシリーズの大半に共通するバージニア葉、バーレー葉、オリエント葉が細かい刻みによって入り組んでいますが、いずれも柔軟である一方芯がしっかりしており、香料に負けない喫味を味わせてくれることを期待します。

また香料の影響でそこそこの粘度もありますが、かと言って触った際、指先にベトっとつくほどではありませんでした。

果たして、たばこ葉と香料の融合でどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封時に強く感じた薔薇を模した香料の香りが、火を入れたことでバランス良く整い、ほのかに甘い風合いを感じることができました。

一方、CHOICEシリーズにありがちな、スカスカ感も強く感じ、たばこ本来のボディやアタックは極めて弱めです。

ヘビースモーカーの筆者にとっては、「甘い香りを吸っているだけ」といった具合で、たばこ感をほとんど楽しめませんでした。

この点にはかなり不満が残りますが、ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、少しは解消されるのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で吸った際よりも香料のバランスが崩れ、薔薇を模したフレーバー感は薄まり、「単に甘い煙」のような印象を持ちました。

肝心のたばこ感も依然として弱く、物足りないことこの上ないです。

これまでにもCHOICEシリーズとヴェポライザーとの相性は悪いように思ったことがありましたが、チョイス・ローズでは特にそう感じました。

こういった物足りなさ、手巻きで吸うことで解消されることに期待しつつ、次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

依然としてたばこ本来のボディやアタックは弱いものの、全体のバランスはかなり良く、ほのかに感じる薔薇の甘みを、バーレー葉の良い意味での苦味が支えるような印象を受けました。

また、CHOICEシリーズのたばこ葉に多いオリエント葉のピリッとした舌触りは弱まっており、全体的に上品でありながら強い個性も感じる喫味になっています。

やはりCHOICEシリーズは手巻きのほうが絶対に合うなと確信した次第です。

チョイス・ローズの感想

ヴェポライザーでは単にスカスカにしか感じられなかったチョイス・ローズですが、手巻きではそれなりの喫味を楽しむことができました。

どことなく貴婦人が好みそうな風合いで、今回の喫煙中、デンマークの港町のカフェにたたずむ上品な女性を勝手にイメージしたりもしました。

機会がありましたら是非、ご自身の舌でその真価のほどを確かめてみてください。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:4/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る