[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】Bali Shag(バリシャグ)ラウンデッド・バージニアをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

BaliShagPROUNDEDVIRGINIA_01

ヨーロッパ各国やアメリカで人気のBali Shag(バリシャグ)シリーズ。

これまでに複数のフレーバーを試してきましたが、今回はBali Shag(バリシャグ)ラウンデッド・バージニアを試してみます。

通常のBali Shagが「ダークケンタッキーとゴールデンバージニアを使用した伝統的なオランダスタイル」のに対し、このフレーバーは「ゴールデンバージニアとオリエント葉をブレンド」しているようです。

つまり、Bali Shagシリーズの中では少々亜流とも言えるフレーバーですが、同時に「だからマイルドで吸いやすい」という触れ込みもあります。

パッケージは真っ赤を基調としたものでBali Shagシリーズの中でも特に目立ちます。

なんとなく「マイルドとか言っておきながら、Bali Shagシリーズの中でもかなり個性的なフレーバーなのでは?」という先入観を抱いた筆者でしたが、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

さっそくBali Shagラウンデッド・バージニアをヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

Bali Shag(バリシャグ)ラウンデッド・バージニアのスペック

  • 商品名 Bali Shag(バリシャグ) ラウンデッド・バージニア
  • 生産国 デンマーク
  • 価格 1120円
  • 内容量 40g
  • グラム単価 28円 / 1gあたり

開封

パッケージの受け皿となる蓋の部分が短いのは、Bali Shagラウンデッド・バージニアも同様。

やはり葉を扱う際、散らかる上に扱いにくい難点があります。しつこいようですが、Bali Shagの開発者の方には、今後ぜひとも改善していただきたいです。

他方、Bali Shagラウンデッド・バージニアの香りは、香ばしさの中に柔らかい甘い香りもほのかに漂っています。

香り付けに香料を使っている様子はなく、自然乾燥によって生み出されているのであろう香りは、たばこ好きの方なら誰でも好むものだろうと思いました。とても優しい香りです。

葉の感じ

葉の感じは繊細かつ柔軟でありながら、ほんの少し粘度を感じるもの。かといって、ハーフスワレや黒たばこのファイヤーキュアードのような粘度の強さではなく、程よい感じで、実に巻きやすそうな印象を覚えました。

このことから手巻き初心者でも扱いやすく、失敗もしにくい葉のようにも思いましたが、実際の喫味はどうなのでしょうか。

まずヴェポライザーで試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

シャグのポテンシャルを存分に引き出すことで、ネット上での評価も高いヴェポライザー・FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

前述の柔らかで優しい印象の葉からは想像できないほどコクのある喫味です。

キック感も強めで、ヴェポライザー190度としては十分すぎるうまさを感じさせてくれます。甘味、苦味、酸味、香ばしさ……これらがバランス良く口の中に広がる感じは、優雅な気持ちにさせてくれるほどで、喫煙者なら誰でも満足できる風合いだと思いました。

このうまさ、ヴェポライザーの温度を上げると、どう変化するのでしょうか。

なんとなく190度のクオリティの高さから、温度を上げると崩れてしまうように思いますが、次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

190度で感じたバランスの良さが、220度にしたことで著しく崩れることはありませんでしたが、甘味がさらに際立った印象です。

また、220度にしたことで不思議とキック感は薄れた印象も覚えました。この辺は喫煙者によって好みが分かれるところだと思いますが、同時に喫煙者個々の楽しみ方に、変化してくれる点もBali Shagラウンデッド・バージニアの特徴と言っても良いかもしれません。

そう考えると、次に行う手巻きでどう変わってくれるのかも興味深いところ。さっそく試していきたいと思います。

手巻きで吸ってみた

前述の通り、巻きやすく扱いやすいバリシャグラウンデッド・バージニア。スルスルと巻き、さっそく試してみます。

ーーー

ヴェポライザーの190度で感じた喫味よりも、苦味と辛みが際立ちながらも、後半で酸味や甘味が口の中に広がるという、実にバランスに優れた喫味です。

キック感は控えめでクセも弱めなのに、しっかりとしたボディもあります。

むしろ、手巻きに限っては、喫煙者なら誰でも好むであろう優等生的な喫味で、筆者は何度もパフしてしまいましました。

それほどにうまいシャグであり、今後指名銘柄にしたいと思うほどでした。

Bali Shag(バリシャグ)ラウンデッド・バージニアの感想

バリシャグシリーズはいずれも高品質で、ヨーロッパ、アメリカはもちろん、日本でも支持を得ているシャグですが、筆者個人的に特に優れていると感じたのがバリシャグラウンデッド・バージニアです。

ヴェポライザーの温度差、手巻きによって喫味に変化はありつつも、いずれも「うまい」の一言。

飽きることなく、何度でもパフしたくなるかなり優れたシャグのように思いました。

シャグそのものの価格は若干高めではありますが、それだけの喜びを与えてくれるのもBali Shagラウンデッド・バージニアです。

喫煙者なら「これダメ!」という人はまずいないと思います。是非一度お試しください。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る