アイコスから新しくディメンションシリーズとして「ノア」という製品が発売されました。

実際に購入し試してみた感想を詳しく紹介します。

 

アイコス  ディメンション ノア

アイコス ディメンションズ ノア

ディメンションシリーズとしてノア、アミール、ユウゲンの3つのフレーバーが2020年6月15日から発売されました。

海外の有名シェフが手がけるハーブをかけあわせたフレーバー。

今まではメンソールやフルール系の着香フレーバーはありましたが、ハーブ系はアイコスとしては初の試み。

光の輝きをイメージした風味。自然が持つあたたかさと、ピリッとした刺激を感じる味わい。

公式では上記のようなコメントがされています。

さっそく試していきます。

 

開封

開封したアイコス ディメンションズ ノア

ノアを開封すると特筆する香りはありません。

メンソール感もなく、、、

ただ、ハーブというか青草のような独特な香りがほのかに香ります。

アイコス ディメンションズ ノアのパッケージ上側

パッケージには高級感がありますね。価格も一箱530円なので通常のヒートスティックよりも10円高い計算になります。

 

喫煙開始

アイコス ディメンションズ ノアを試す

さっそく本体にセットし喫煙開始。

吸ってみてまず先に感じたのは、辛みが強いということ。

キック感が強いフレーバーとも言えます。

 

他フレーバーのようなメンソール感は一切なし。

代わりに喫味の奥にハーブを思わせる香りが含まれています。

タバコはレギュラー!という人にはおすすめ。

 

海外のノアと異なる?

実はディメンションシリーズは国内で販売される前に、海外で先行販売されていました。
海外の情報ベースだとノアはナッツ系のフレーバーという事前情報だったのですが、国内で販売されているノアの公式ではナッツ系の文言は一切ないですね。

 

実際に吸ってみてもナッツを思わせるフレーバーはありませんでした。

海外で販売されているノアと違うのでしょうか?

 

ディメンションシリーズは2ヶ月の限定発売

アイコス ディメンションズ全種類

ノアを含むディメンションシリーズは現在までに販売されているアイコス フレーバーと味わいが異なります。

アイコス ユーザーなら一度は試してみてほしいフレーバーですが、2ヶ月の限定発売のようです。

当面の予定は7月中旬までの発売でしょうか。

 

人気によっては継続販売もされると思いますが、限定の予定では2ヶ月の限定発売なのでご注意を。

 

まとめ

アイコスの新フレーバー、ノアを試してみました。

ノア以外のユウゲンとアミールはメンソール系なので、メンソールが苦手な人はノアがおすすめ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

アイコスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがUWOO Y1という最新のアイコス互換機。

  • 連続40本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 最大13分の喫煙時間(アイコスは6分)

アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、UWOO Y1は驚異の40本。

ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

   

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介
 

おすすめ記事