先日、発売されたIQOS3が手元に届きました。

今までIQOS2.4plusを使って来ましたがここでIQOS3に乗り換えます。

そこで、実際に使い比べてみてIQOS3とIQOS2.4plusの違いをまとめました。

 

IQOS3とIQOS2.4plusのホルダーの違い

まずホルダーの形状からして違います。

ヒートスティックが入る大きさにはなっていますが、IQOS3の方はどの向きでもチャージャーに収まるようになっており、先端部分にはマグネットが付いています。

これによりカチッとチャージャーに収まるようになっているんですね。

f:id:mutant-tetsu:20181128142125j:plain

 

IQOS3とIQOS2.4plsuの充電ケーブルの違い

f:id:mutant-tetsu:20181128142118j:plain

ケーブルの差し込み口も、今までの台形の穴から楕円形の穴になっています。

 

下の画像はIQOS2.4plusで上の画像がIQOS3です。微妙に違います。

f:id:mutant-tetsu:20181128142110j:plain

 

つまり、IQOS2.4plusで使っていたケーブルはそのままでは使うことができません。

しかし、IQOS3購入時に変換アダプターをもらうことができるので、そちらを繋げば利用することができます。

f:id:mutant-tetsu:20181128142107j:plain

逆にこの変換アダプターがないと使うことができません。

電気屋に売っている代物ですが、その点だけ注意。

 

IQOS3とIQOS2.4plusで吸い心地は変わるのか?

アイコス3と2.4plusでタバコの味に変化はありません。

同じヒートスティックを使うことになるし、フィルターなどもないので吸い心地は同じです。

使いやすさは向上していますが、肝心の味は変わらないのでそのままIQOS2.4plusという選択肢もあると思います。

 

IQOS3とIQOS2.4plusの充電時間の違い

f:id:mutant-tetsu:20181128142129j:plain

IQOSを使う上で気になるのがチャージ時間だと思います。

IQOS3は充電の待ち時間がIQOS2.4plusに比べて40秒短縮されています。

 

これは地味に嬉しいですね。

IQOS2.4plusで長年使ってくるとバッテリーの容量も少なくなり、チャージに結構時間がかかったりするので、さっとチャージ出来るのは嬉しい変更です。

 

実際に使ってみた感想

f:id:mutant-tetsu:20190704170637j:plain

IQOS3とIQOS2.4plusを実際に使ってみた感想としては、やはり良い感じにアップデートされているなと言うのが正直な感想です。

 

ホルダーがどの向きでも差し込める、チャージ時間が短いなど細かい部分で使いやすくなっています。

そして、デザインもフルモデルチェンジしているのでIQOS2.4plusが野暮ったく見えてしまいます。

アイコス3への乗り換えを検討している人はこちらを参考にしてみてください。

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

 

さらに現在ではアイコス3DUOという新製品が発売されています。

2回の連続吸いが可能で充電時間も半分に短縮されているモデル。

気になる人はこちらもチェックしてみてください。

 

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介