[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「JBR ブルーベリーミント」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

日本のローリングたばこ愛好家の間でもおなじみの、「プエブロ」シリーズや「レッドブル」シリーズを展開するドイツのたばこメーカー、ポッシェル・タバック。

ドイツ市場では97%超えのシェアを誇る巨大メーカーで、本国の公式サイトを見てもかなり大規模な企業であることがうかがえます。

このポッシェル・タバックの手巻き用シャグ商品群のうち、フレーバー系シャグを展開するのが「JBR」シリーズです。

30gにして820円というコストパフォーマンスが魅力ですが、筆者がいくつか試した経験から言うと、肝心の香料表現の完成度が弱めで、「えっと、これは何のフレーバーなんだったっけ?」と感じるものもありました。

たばこ葉のブレンドは悪くなく、むしろうまいと感じるだけに、香料表現の完成度にはちょっと残念に思うところがあります。

そんな先入観を持つ「JBR」シリーズですが、今回は「ブルーベリーミント」というフレーバーを試します。

パッケージはブルベリーを反映した紫色を地色にし、ネオンを模したフレーバー名が描かれています。

せっかくのフレーバー系シャグなので、今回こそ「なるほど!」と唸らせる喫味であることを期待します。

果たして、この「JBR ブルーベリーミント」、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはスペック、開封、葉の感じから見ていきたいと思います。

「JBR ブルーベリーミント」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 820円
  • 内容量 30g

開封

パッケージを開封すると、まず鼻をつくのが強いブルーベリー風の甘味。

その奥のほうでミントの青々しいさわやかな風合いを感じることもできますが、こちらは甘味に負けている印象です。

また、「JBR」シリーズの他のフレーバーよりも香料が強いのか、意識的にたばこ葉本来の香りを嗅ごうと思っても感じることができませんでした。

筆者はフレーバー系シャグがあまり得意でなく、ケミカルな香料の香りが少々苦手ではありますが、この強さによって、肝心のブルーベリーミントの風合いをたばこに転じられているのだとすれば、それはそれで良いとも思いました。

葉の感じ

たばこ葉はこげ茶で、香料のせいか湿度も強く感じますが、たばこ葉自体が柔らかいため、いつまでも触っていたいような不思議な親しみやすさがあります。

ただし、指先には前述のような強いブルーベリー風の香料がしっかりつき、周囲にも香ってしまうほどです。

この点は、フレーバー系シャグに慣れていないと、抵抗を感じる人もいるかもしれません。それくらい独特の匂いです。

また、たばこ葉の粘度によって、手巻きにする際にはシャグを詰めすぎないようにしたほうが良いとも思いました。

粘度のあるシャグは、詰めすぎると「全然吸えない」なんてことも起こります。

この点は何度か巻いていくうちに、コツを会得すると良いでしょう。

果たしてこの「JBR ブルーベリーミント」、火入れするとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきます。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目で、開封時に香ったようなブルーベリーを模したケミカルな香料感を強く感じました。

一方、吸い終わりでスキッとしたミントが全体を覆うような印象で、実に面白い風合いです。

冒頭で触れた通り、「JBR」のフレーバー表現に対し、少々懐疑的に思っていた筆者でしたが、この「JBR ブルーベリーミント」はなかなかの完成度だと思いました。

ただし、キック感やボディは薄めでもあり、たばこ葉本来の風合いも控えめではあります。

フレーバーの風合いと合わせて、こういったたばこ感が際立ってほしいのも正直なところです。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、この辺は改善されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

ヴェポライザー190度よりも喫味が大幅にアップし、うまい喫味になっています。

190度のブルーベリーの甘味が控えめになり、ミントのほうが際立った一方、たばこ本来のキック感やボディも強くなり、フレーバー系シャグとしての完成度は格段にアップしました。

このことから言えることは、ヴェポライザーで「JBR ブルーベリーミント」を試す場合は圧倒的に220度のほうが良いとこ。

「JBR ブルーベリーミント」本来の喫味の面白さは、低温では完全に表現できないのではないかと思いました。

ここまでが「JBR ブルーベリーミント」のヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにした場合、どんな喫味になるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

キック感、辛味が加わり、たばこ感は格段にアップしました。「JBR」シリーズはもともとのたばこ葉のブレンドが良く、かなり満足できる喫味です。

一方、ブルーベリーミントの香料は、ヴェポライザーで吸った際よりもかなり抑え気味となり、甘味はあるもののミントのほうが際立った印象です。

さらに、相対的な味のバランスからくるものなのか、吸い終わりには強い苦味が残る印象です。

これらのことから言えるのは、フレーバー系でありながら、結構クセのあるシャグであるということ。

ただし、筆者個人的にはこれがマズいとは思えず、「JBR」シリーズの中では結構面白いシャグのようにも思いました。

「JBR ブルーベリーミント」の感想

「JBR」シリーズのフレーバー香料に懐疑的だった筆者ですが、なかなか個性的で面白いシャグだと思いました。

香料の雰囲気を楽しむのならヴェポライザー、「JBR ブルーベリーミント」本来の喫味を感じたいのなら手巻きが良いと思います。

お手頃価格でもありますので、店頭で見かけたら、ぜひ一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:3/5

手巻き評価:3/5

 

【シャグ】JBRのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

おすすめ情報や最新ニュースをチェック!
シャグをもっと詳しく知る →
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


キャンペーン


カテゴリ


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。