JBR バニラ_01

【シャグ】JBRのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

ドイツの人気たばこメーカー「ポッシェル・タバック社」が手がけるフレーバー系シャグブランド、JBR。

国内では複数のフレーバーが展開されていますが、JBRの特徴やおすすめシャグを紹介します。

JBRの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

JBRとは?

JBRはドイツの人気たばこメーカー、「ポッシェル・タバック社」が展開するシャグブランドです。

ちなみに、このポッシェル・タバック社はドイツのたばこ市場の97%ものシェアを獲得している人気たばこメーカー。

その会社が手がけるシャグブランドの一つが今回紹介するJBRです。

主にフルーツやバニラを加えたフレーバー系シャグを展開しています。

JBRの価格と容量

JBRのシャグは1袋30gで820円とコスパが良いのが魅力の一つです。

年々、たばこ代が値上がりする中で安く購入できるシャグは愛煙家にとってありがたい存在でもあります。

JBRの種類

JBRでは以下のシャグがラインナップされています。

  • JBRグレープ
  • JBRバニラ
  • JBRブルーベリーミント
  • JBRツーアップル

いずれもフルーツやバニラを主体とした香料を使ったシャグです。

JBRのおすすめランキング

JBRのおすすめシャグはどのようなものがあるのでしょうか?

以下では実際にヴェポライザーや手巻きたばこで吸ってみて、味わいの美味しさ順にランク付けをしました。

1位:JBRバニラ

JBR バニラ_01

バニラの甘さとフルーティな喫味を楽しめるシャグ。バニラ感は思いのほか薄めですが、マイルドなたばこ葉の味わいとバニラの優しい甘さが楽しめます。

【シャグレビュー】「JBR バニラ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

2位:JBRブルーベリーミント

ブルーベリーの風合いとミントの清涼感を楽しめるシャグ。

ブルーベリーxミントの組み合わせ自体が珍しいです。

香料を楽しみたい時はヴェポライザーで、たばこ歯の味わいを強く感じたい時は手巻きたばこがおすすめ。

【シャグレビュー】「JBR ブルーベリーミント」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

3位:JBRグレープ

グレープの香料をしっかり感じるシャグで、香料系シャグとしての完成度は高いです。

一方で、香料が先行したばこ葉本来のキック感や喫味は控えめな印象。

【シャグレビュー】「JBR グレープ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

4位:JBRツーアップル

リンゴの甘みと酸味を楽しめるシャグ。青リンゴのような爽やかさを感じます。

りんご味の飴を溶かしたような風合いですが、一方でたばこ葉の味わいは控えめ。

【シャグレビュー】「JBR ツーアップル」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

※本記事で紹介したはリンク先でも詳しく紹介しています。

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。