[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「カプチーノ チョコ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

カプチーノ チョコ_01

ドイツ産で、イタリアのコーヒー・カプチーノを模したフレーバー系シャグを展開する「カプチーノ」シリーズ。

ベースとなるたばこ葉は、バージニア葉、バーレー葉のブレンドであり、これまで筆者が試した「カプチーノ」シリーズではいずれもうまい喫味を楽しませてくれました。

ただし、フレーバー系シャグの肝である香料は、ヴェポライザー、手巻きなどで結構ブレが出やすい印象もあり、40gで1260円という比較的高いシャグであることを考えれば、少々不満が残ったのも正直なところです。

さて、今回試すのは、この「カプチーノ」シリーズの「チョコ」というフレーバーです。

事前に調べたところによると、「チョコレートの香りが口全体にしっかりと感じる贅沢な味わい。

上質感が漂う香りと喫味。チョコレートのエッセンスをケーシングに使って作られています」といった表現が散見されました。たばこ全般に言えることですが、宣伝の自主規制などの理由から、その銘柄の出自や成り立ちを深く具体的に謳うことができないところがあるようです。

そのため、前述のような、やや抽象的な解説しか記載されないことがあり、実際に吸ってみないことには、その喫味を想像することができないことが多いです。

そのため、本レビューでは筆者の主観がおおいに入ってしまいますが、できる限り詳細な感想を記載していきたいと思います。

果たして、この「カプチーノ チョコ」、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはスペック、開封した感じ、葉の感じから見ていきたいと思います。

「カプチーノ チョコ」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 1260円
  • 内容量 40g

開封

40gで1260円というやや強気の値付けに対し、ややチープとも思えるパッケージデザインは「カプチーノ」シリーズに共通するもの。

さっそくパッケージを開封してシャグを嗅いでみると、チョコレートの甘い香りに加え、どことなくコーヒー風の酸味も感じました。

シリーズの長男的フレーバー「カプチーノ」ではむせるほど感じた香料の香りでしたが、この「カプチーノ チョコ」はそれほどではなく、一般的なフレーバー系シャグと同じ程度の香料感です。

ただし、意識的にたばこ葉の香りを嗅ごうとしても確認することはできませんでした。

このため、やはりかなり多くの香料が使われているようにも思いました。

葉の感じ

少々粗めにカットされた柔らかいたばこ葉で、こげ茶色の葉に混ざり、1割ほど黄色い葉も散見されます。

葉片はほとんどありません。

「カプチーノ」シリーズの3フレーバーの中では最も湿度が高く、ややネバっとした印象もあります。実際にたばこ葉に触ると指先にチョコレートのような香りがつきます。

これらのことから、特に手巻きにする際は詰めすぎないようにする工夫は必要そうですが、いわゆる粘度の強いスワレ系などのシャグに比べればまだ扱いやすいシャグのようにも思いました。

この「カプチーノ チョコ」実際に火を入れるとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

パフの初めに感じるのはチョコレートの甘い風合いで、パフ中盤〜後半にかけて、コーヒー風の苦味や酸味を微かに感じました。

また、不思議なことにどことなくフルーティな風合いもあり、チョコレートになんらかのフルーツを加えたかのような独特の印象も受けました。

フレーバー香料の再現度はなかなかであり、面白くも感じました。

ただし、燃焼温度が低めのせいなのか、たばこ特有の印象は極めて薄く、この点は「カプチーノ」シリーズに共通するものでもありました。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、たばこ感がアップしてくると良いなと思います。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

キック感が強まり、インパクトは高まった一方、ボディはなくたばこ感としてはまだまだ足りない印象です。

さらに全体的にほのかな甘味を感じつつも、フレーバー香料のバランスがブレて、言われなければ「カプチーノとチョコレートを模したシャグなのだ」とは気づくことができないであろう喫味になってしまいました。

これまでに試した「カプチーノ」「カプチーノ バニラ」がそうだったように、そもそもヴェポライザーとの相性が悪いフレーバー系シャグなのかもしれません。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにするとどんな印象になるでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

そもそものバージニア葉、バーレー葉の品質とブレンドが良いためか、たばことしてのクオリティは高い一方、カプチーノ、チョコレートの風合いは極めて薄く、フレーバー系シャグとしての完成度はやや低めのように思いました。

この点もまた残念なことに「カプチーノ」シリーズの共通するところで、フレーバーを期待してチョイスした喫煙者にとってはやはり不満が残るシャグのようにも思いました。

「カプチーノ チョコ」の感想

厳しく言うと「カプチーノ」シリーズは、ややおざなりにも見えるパッケージが象徴するように、どうもフレーバー系シャグとしての完成度もおざなりで表現力は弱いように思います。

ただし、手巻きにした際のたばこ本来の喫味はかなり良く、リピートしても良いと思うほどでもあります。

言い換えると、フレーバーに期待せずたばこ感を味わうことだけを考えれば、誰でも満足できるシャグでもあります。

是非あなたの口でもお試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:3/5

 

【シャグ】カプチーノのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

おすすめ情報や最新ニュースをチェック!
シャグをもっと詳しく知る →
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


キャンペーン


カテゴリ


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。