Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

【レビュー】加熱式タバコ専用クリーナー「Clew(クリュー)」の感想。実力やいかに?

アイコスなどの加熱式タバコで面倒だなと感じるのが、定期的なお手入れ。

タバコスティックのカスがブレード周辺に溜まり、放置すると味が落ちたり故障の原因になります。

アイコス公式の綿棒を使って掃除するわけですが、まあこの綿棒も結構なお値段がします。

そこで以前から気になっていた加熱式タバコ専用クリーナーのClewを使ってみました!

Clew(クリュー)の評価

f:id:mutant-tetsu:20190809145845j:plain

結論から言うと「買い」です。

アイコスユーザーなら、一台は持っておいて損はない製品ではないでしょうか。

本家のクリーニングスティックと変わらないパフォーマンスで、アイコスのブレードを綺麗に掃除することができます。

クリュー自体、人体に影響のない洗浄水が成分なので、安全にアイコスのヤニをごっそり取ることができます。

クリューに浸した赤ちゃん用綿棒を使って、アイコスを丁寧に掃除しました。

f:id:mutant-tetsu:20190809145830j:plain

本家のクリーニングスティックも併用しましたが、汚れの取れ方はほぼ同じでした。

 

クリューと本家クリーニングスティックのコスパの違い

同程度の品質ながらコスパの良さがクリューの1番の魅力ではないでしょうか。

クリーニングスティックは30本入りで480円の価格です。

一方のクリューは一回あたり0.1ml使うとして280回近く利用でき850円。個人差はあると思いますが、確実に200回以上は利用できます。

これに、ベビー綿棒200本入りが200円くらいで購入できます。

コスパで言うと3倍ほどの開きがあります。

  クリー二ングスティック Clew
価格 480円 850円(28ml)
※ベビー綿棒200円(200本入り)
1本当たりの価格 16円 5.2円
200本使用時の金額 3200円 1040円

アイコスユーザーは全員必要なクリーニングスティックだけに、「買い」の判断をしました。 

 

Clew(クリュー)の使い方

1)赤ちゃん用綿棒にクリューを浸す

f:id:mutant-tetsu:20190809145838j:plain

クリューの蓋にベビー綿棒を2本ほどセッティングして、クリューを吹きかけていきます。

大体、2-3プッシュほどでOKです。

綿棒の反対側も余った液を拭き取るような感じで付けると良い感じにクリューが綿棒に染みます。

 

2)ブレードを優しく掃除していく

f:id:mutant-tetsu:20190809145835j:plain

クリューが付いた綿棒で通常と同じように掃除をしていきます。

あまり力を入れすぎるとブレード折れの原因になるので注意しましょう。アイコスのブレード折れの原因No1は掃除中です。ご注意を。

アイコス3の加熱ブレードが折れた時の対処方法 - Capnos

 

綿棒にどんどんヤニが付着してきます。クリューによって剥がれやすくなった汚れがどんどん綿棒に付着します。ティッシュなどを敷いて掃除することをおすすめします。

ちなみにクリューを電子機器に直接吹きかけるのはオススメされてないので、注意しましょう。

 

3)キャップ側は直接吹きかけてOK

アイコスのキャップ側は直接クリューを吹きかけてOK。

内側に溜まった汚れを綿棒で落としていきます。

 

4)掃除後は乾いた綿棒で拭き取る

ホルダーやキャップの清掃が終わったら最後に乾いた綿棒で拭き取ります。

そのままでも乾きますが、早くアイコスを吸いたい人は乾いた綿棒で汚れや液体を拭き取ることをおすすめします。

 

まとめ

f:id:mutant-tetsu:20190809145842j:plain

 加熱式タバコ専用クリーナーのClew(クリュー)を紹介しました。

いやー、今まで専用クリーニングスティックを使っていたのが馬鹿らしくなる位の良い買い物でした。

今も専用クリーニングスティックを使用している人は乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

アイコス3の掃除は超重要!その必要性や掃除方法を紹介 - Capnos