【シャグレビュー】「フランドリア ブラック」をヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

著者画像

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。
→著者ウェブサイト

ベルギーのフランドリア・スタブ社が展開するシャグブランド「フランドリア」。

「食の王国」としても名高いベルギー産なだけに、たばこのクオリティも高めであることで知られています。

ブランドとしての「フランドリア」が生まれたのは1939年。かなり長い歴史があり、ヨーロッパ各国の愛煙家たちの間では馴染み深いものなのだそうです。

この「フランドリア」シリーズに共通するのは、たばこ葉の製法。いずれもハンドストリップを施したたばこ葉を中心にブレンド・栽刻しているそうです。

また、0.3mmに栽刻したたばこ葉を何度もふるいにかけて、細かい粉や茎を取り除いてブレンドしているそうです。

こういった細かい作業をすることで、たばこ葉の持つ風合いを損なわせることなく、さらに手巻きする際に巻きやいシャグを実現しているとのことです。

さて、今回はこの「フランドリア」シリーズから「ブラック」という銘柄を試してみます。

「ブラック」という名を聞くと、「もしかして『ブラックデビル』のようなバニラフレーバー?」と思う人もいるかもしれませんが、この「フランドリア ブラック」はれっきとした黒たばこ系になります。

黒たばことは、たばこ葉を乾燥させた後に堆積発酵させたもの。

葉を熟成させる際に、塩を漬け込み、その過程で葉が黒く熟成することで、このように呼ばれているわけですが、独特の香りとコクの深さがあり、筆者はファイヤーキュアード(火力乾燥)させたスワレ系と合わせて、最も好きなたばこでもあります。

手巻き用シャグの中では、意外と少ない黒たばこ系の銘柄ですが、この「フランドリア ブラック」。

果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。    まずはスペック、開封、葉の感じから見ていきたいと思います。

■関連記事:シャグのおすすめをタイプ別に紹介

「フランドリア ブラック」のスペック

・生産国 ベルギー
・価格 720円
・内容量 25g

開封

冒頭で触れたような「フランドリア」シリーズの特徴が日本語で書かれたパッケージを開封し、シャグに鼻を近づけてみると、まず黒たばこ特有の濃厚な香りが鼻をつきます。

いわゆる「カツオ節」「えんぴつ削りのカス」のような香りですが、他のスワレ系シャグなどと比べてみても、かなり強い香りであることがわかります。

筆者の経験上、こういった香りは火入れして吸う際、独特のコクのある喫味を楽しませてくれることが多いです。自ずと期待が高まりますね。

葉の感じ

黒たばこはよく、ファイヤーキュアードされたスワレ系シャグと同等の扱いを受けることが多いですが、スワレ系との違いは葉の粘度にあるように思います。

スワレ系のたばこ葉が粘度強めのものが多い一方、「フランドリア ブラック」の場合は粘度がそれほど強くなく、触ってみてもどことなくサラッとしています。

他方、そのたばこ葉は黒々としており、また0.3mmの細いカットによってたばこ葉全体がかなりモサっと入り組んでいる印象でした。

手巻きで吸う際は、これらを綺麗にほぐす必要がありますが、かといってスワレ系のように巻く際に特別なコツが要るわけでもなさそうです。扱いやすそうな良いシャグだと思います。

果たして、この「フランドリア ブラック」、実際に火をつけてみるとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきます。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

燃焼温度が低めのためか、意外とスカスカで、強く吸ってようやく黒たばこの風合いを感じることができました。

ただし、キック感もボディもなく物足りないことこの上ないです。

想像ですが、そもそもがしっかりとした熟成・乾燥した黒たばこ系シャグであることから、なかなか火が入りにくいのではないかとも思いました。

この点、ヴェポライザーの燃焼温度を上げることでどう変化するのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

来ました、これぞまさしく黒たばこの風合い。若干キック感が強く出過ぎているような気もしますが、吸うと確かに感じる濃厚で芳醇な黒たばこの香り。

これが実にうまくて、つい何度も吸ってしまいたくなるほど。

クセがあるので、苦手な人はダメかもしれませんが、ヘビースモーカーの筆者としてはかなりアリなシャグです。

ヴェポライザーでも高温度ならなかなか良い喫味を味わせてくれた「フランドリア ブラック」ですが、手巻きにすると、どんな喫味を感じさせてくれるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーの220度で好印象を抱いていたため、「手巻きならさらにうまいはずだ」と1パフ目から思いっ切り吸ってしまいましたが、いきなりくるのが強い苦味とスパイシーなキック感。

後半で芳醇な風合いが包み込んでくれるような印象ですが、総じて言えることは「とにかく苦い」ということ。

黒たばこ、スワレ系のシャグを全て試しているわけではないですが、筆者の経験の上では、かなり「苦い」シャグではないかと思いました。

このため、ユーザーによってはかなり苦手に思われる人もいるかもしれません。

正直を言うと、黒たばこ、スワレ系が好きな筆者にとっても「苦くて日常的には吸えない」と思った次第です。

「フランドリア ブラック」の感想

なかなかクセのあるシャグですが、逆に言うと、シャグの量を少ししか使わないヴェポライザーでの喫煙には向いており、節約しながらたばこを楽しみたい人には意外と良いシャグのようにも思いました。

いずれにしても黒たばこやスワレ系が苦手な方には無理かもしれませんが、興味がありましたらぜひ一度お試しください。

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:2/5

※本記事で紹介した , はリンク先でも詳しく紹介しています。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。