[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「JBR グレープ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

ドイツのたばこ市場ではなんと97%を超えるという圧倒的なシェアを誇る巨大メーカー、ポッシェル・タバック。

パイプたばこ、シガレット、嗅ぎたばこなど、数多くの製品を展開していますが、もちろん手巻き用シャグも複数のブランドを扱っています。

このポッシェル・タバックの手巻き用シャグ商品群のうち、フレーバー系シャグを展開するのが「JBR」シリーズです。

30gにして820円というお手頃価格が魅力で、ベースとなるたばこ葉のブレンドもなかなか良い感じです。

筆者がいくつか試した経験から言うと、手巻きでは特にたばこ葉のブレンドに対して不満を抱くことはありませんでした。

その一方、フレーバー系シャグの肝であるところの香料の表現の完成度が正直低く、目指すべきモチーフを全く感じさせないものもありました。

筆者はそもそもフレーバー系シャグがあまり得意ではないのですが、フレーバー系シャグを好み、そのモチーフの味を期待するユーザーにとっては、この点はかなり残念に感じられるのではないかと思います。

インターネットのレビューでもやはり筆者と同様の意見が散見され、この点に不満を抱く人は多い銘柄でもあるようです。

そんな「JBR」シリーズですが、今回は「グレープ」というフレーバーを試します。

パッケージはグレープを意識した紫色で、ネオンを模したロゴが描かれており、その「味」をイメージしますが、香料の表現、果たしていかがなものでしょうか。

まずはスペック、開封、葉の感じから見ていきたいと思います。

「JBR グレープ」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 820円
  • 内容量 30g

開封

パッケージを開封すると、かなり強めのグレープの香料の香りがプンプン漂ってきます。

「JBR ブルーベリーミント」にも似た甘い香りですが、こちらはひたすらに甘味のみを感じさせます。

また、香料とたばこ葉の相性なのか、フレーバー系シャグでよくある、独特の臭みもあり、筆者はこれが少々苦手で、すぐにパッケージを閉じたくなってしまいます。

この点は人それぞれの好みによると思いますが、フレーバー系シャグに不慣れな人は、かなり驚かれるのではないでしょうか。

葉の感じ

たばこ葉はこげ茶で、強い香料の影響で湿度も強く感じます。たばこ葉自体は柔軟で扱いやすそうですが、手巻きにする際は、詰めすぎないようにする配慮が必要そうです。

あるいは、あえてパッケージからたばこ葉を出し、少々乾燥させてから巻くのも良いでしょう。

ただし、乾燥させた際は、当然喫味にも影響があるはずですので、この点は考慮しながら行うほうが良いでしょう。

果たしてこの「JBR グレープ」、火入れするとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきます。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目で感じるのは、開封時に感じたグレープ風のケミカルな香料感。

香料の表現としては、「JBR」シリーズの他のフレーバーに比べ十分だと思いました。

ただし、キック感、ボディといったたばこ感は極めて薄めで、たばこを吸っているというよりは、甘い空気を吸っているというような印象。

この点は、ヴェポライザーの燃焼温度のせいだとも思いますが、かなり物足りないように思いました。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、この辺は改善されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

ヴェポライザー190度よりも喫味が大幅にアップしました。

「JBR」シリーズのたばこ葉のブレンド自体は悪くなく、きちんとしたキック感があり、またグレープの香料の感じも綺麗に出ているように思いました。

このことから考えられるのは、ヴェポライザーで「JBR グレープ」を吸う場合、190度だと香料が強いせいでたばこ葉が焼ききれず、不完全な喫味になるのではないかということ。

こういったことから、燃焼温度の高い220度にすると、たばこ葉にもしっかり火が通り、「JBR グレープ」の喫味設計を感じられるのではないかと思いました。

ここまでが「JBR グレープ」のヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにした場合、どんな喫味になるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

キック感、辛味が際立つ感じは、以前試した「JBR ブルーベリーミント」と同様で満足できる喫味です。

ただし、グレープの香料の表現はすっかり影を潜め、「どことなく甘い」程度ではありました。

筆者は、そもそもフレーバー系シャグがあまり好みではないため、この程度のバランスがむしろ良かったりもするのですが、「グレープ味のたばこを手巻きで楽しみたい!」と思う人には、不満が残る喫味でもありそうです。

やはり、結構クセのあるシャグであることには違いがなく、こういった特性を理解し寛容しつつ吸うべきシャグだという印象も持ちました。

「JBR グレープ」の感想

数多くあるフレーバー系シャグの中において、「JBR」シリーズの香料表現はやはりどこかザックリした感じがあり、「なるほど!たばこでこんな味を楽しめるのか」といった感動は薄そうです。

その一方、ベースとなるたばこ葉のブレンドは素晴らしく「香料にはさほど興味がない」筆者からすると、「むしろ香料入れないでも良いんだけど」と思うほどです。

この辺の評価は個人個人違うと思いますが、手を出しやすい価格でもありますので、ぜひ一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:3/5

 

【シャグ】JBRのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。