[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「JBR ツーアップル」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

ドイツの巨大たばこメーカー、ポッシェル・タバック。

本国では97%を超える圧倒的なシェアを持つ大企業で、パイプたばこ、シガレット、嗅ぎたばこなど、数多くの製品を展開しています。

もちろん手巻き用シャグも複数のブランドを展開しており、日本でもおなじみの「プエブロ」シリーズ、「レッドブル」シリーズなどをリリースしています。

いずれのブランドも相応の評価がありますが、このポッシェル・タバックが扱う手巻きシャグブランドのうち、廉価シリーズとも言うべきブランドが「JBR」シリーズです。

30gにして820円という手を出しやすい価格設定が素晴らしく、ベースとなるたばこ葉も万人好みの良いブレンドです。

JBRシリーズの複数のフレーバーを、筆者がいくつか試した経験では、手巻きでは特にたばこ葉に対して不満を抱くことはありませんでした。

しかし、フレーバー系シャグの要とも言うべき香料の表現の完成度が正直低く、モチーフとなる「味」を全く感じさせないものもありました。

筆者はそもそもフレーバー系シャグがあまり得意ではないため、さほど気にならないのですが、フレーバー系シャグの香料の表現の楽しさを期待するユーザーにとっては、この点はかなりモヤモヤするのではないでしょうか。

インターネットのレビューを見ても、筆者と同様の厳しい評価が散見されました。

そんな「JBR」シリーズですが、今回は「ツーアップル」というフレーバーを試します。

ただのアップルではなく、「ツーアップル」ということで、おそらくは赤リンゴと青リンゴを混ぜた風合いを目指したものでしょう。

しかし、前述のように香料表現のクオリティにやや難ありの「JBR」シリーズ。

こんな特化させたフレーバーを本当に表現できるのでしょうか。この点、少々懐疑的に思う筆者でしたが、まずはスペック、開封、葉の感じから見ていきたいと思います。

「JBR ツーアップル」のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 820円
  • 内容量 30g

開封

パッケージを開封すると、「JBR」シリーズの他のフレーバー同様、ややキツめの香料の香りが漂ってきます。

リンゴの甘味と酸味を感じさせるものですが、どちらかと言うと、青リンゴの甘酸っぱさのほうが際立っている印象です。

香料が強いせいで、意識的にたばこ葉本来の香りを嗅ごうとしても香ることができませんでした。

しかし、フレーバー系シャグでよくある、香料とたばこ葉の相対的なバランスによって生まれる独特の臭みはなく、嫌な感じはしませんでした。

葉の感じ

「JBR」シリーズの他フレーバー同様の、細くカットされたこげ茶色のたばこ葉で、やはり強い香料の影響でしょう、相応の湿度を感じます。

ただし、たばこ葉自体が柔らかくどことなく優しい風合いですので、特に手巻きにする際にはコツなどは必要ないように思いました。

願わくば、ギューギューに詰めすぎないこと。これだけを守れば「JBR ツーアップル」の喫味を味わうことができると思います。

さて、この「JBR ツーアップル」、火入れするとどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはヴェポライザーから試していきます。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目から口の中に広がる甘酸っぱいリンゴの香料感。酸味や甘味のバランスも良く、どこかが際立ち尖るような印象はありません。

「JBR」シリーズの中では最もうまく表現できているフレーバーのように思いました。

ただし、キック感、ボディといったたばこ感は薄めで、どことなく飴を溶かした香りを吸っているような印象も抱きました。

この点は、ヴェポライザーの燃焼温度のせいだとも思いますが、かなり物足りなく感じるのも正直なところ。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、この辺は改善されるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じた甘酸っぱいリンゴの香料感はすっかり形を潜め、かと言って喫味がアップするわけでもなく、スカスカの煙を吸っているような印象です。

正直物足りないことこの上ない喫味で、もはや「喫味」と呼んで良いのか?とも思えるほどの弱さです。

ここから想像できることは、火入れした際、香料の成分がたばこ葉の持ち味を殺してしまうのではないかということ。

低温度の190度ではかろうじてたばこ葉の喫味が残りつつも、220度にすると、完全にたばこ葉の風合いをかき消してしまい、香料自体も焼き落ちてしまっているのではないかということです。

あくまでも推測ですが、香料設計のツメが甘い「JBR」シリーズですので、こういったズサンさがあっても驚きません。

ここまでが「JBR ツーアップル」のヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにした場合、どんな喫味になるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

1パフ目で感じるのは強い苦味と、ささやかなキック感。「JBR」シリーズのベースとなるたばこ葉のブレンドを感じるもので、筆者はこれはこれで好きな喫味です。

一方、肝心のツーアップルのフレーバー感は全くなくなり「どことなく甘い」程度の印象です。

フレーバー系シャグとしての完成度は正直ユルいですが、この点を理解して吸う分には悪くないシャグと言って良いかもしれません。

「JBR ツーアップル」の感想

とにかくヴェポライザーとの相性は悪いシャグのように思いました。

また、手巻きでは苦味ばかりが際立ちました。「JBR」シリーズのたばこ葉のブレンドが筆者は割と好みですので、それなりに楽しめるものではあるのですが、フレーバーを期待して吸うと、とにかくガッカリするシャグと言えそうです。

この辺の評価は個人個人違うと思いますが、手を出しやすい価格のシャグではあります。

機会がありましたら、ぜひ一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:3/5

 

【シャグ】JBRのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。