マニトウのシャグ 、オーガニックのレビューとなります。

タバコ葉の品質に徹底的にこだわったマニトウを手巻きとヴェポライザー で試してみた感想を紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

マニトウ オーガニックのスペック

生産国 ドイツ
価格 800円
内容量 25g

 

開封

さっそくマニトウ  オーガニックを開封。

シャグは乾燥気味な感じ。色合いが茶色というよりも黄金色で綺麗な色をしています。

マニトウ  オーガニックの特徴は、

  1. 化学添加物なし
  2. 香料添加物なし
  3. 保存添加物なし

と品質にこだわっています。タバコ葉本来の味で勝負といったガチなシャグ。

 

乾燥している具合もわざとで、無添加ゆえに一般的なシャグ に比べてあえて乾燥した状態をキープしているとのこと。確かにしっとりさせるとそれだけカビの繁殖を増長させることになりますからね。

 

100%高級バージニア使用でタバコ本来の旨味・甘みを引き出したシャグ と言えます。

 

FENIX+で吸ってみた

今回、ヴェポライザー のFENIX+で試してみました。

まずは190度くらいからスタートして吸っていきます。

 

・・・

 

うーん、、、

タバコ葉の喫味はガツンと来るものがありますが、ピリピリした感じが先行している感じですね。

タバコ葉本来の味をダイレクトに味わっている感じはするのですが、キック感が強すぎる印象が。

 

温度を上げて吸ってみる

次に温度を190度→220度に上げてみます。

 

・・・

 

ピリピリ感は変わらずですが、タバコ葉の甘みが顔を覗かせた感じです。

中温よりはこっちの方が好みですね。

 

温度を下げて吸ってみる

次にフェニックスプラスで最も低い温度170度で吸ってみます。

 

・・・

 

温度を下げることでタバコ葉の刺激は少なくなりますが、今度はタバコ葉の旨味をそんなに感じなくなりました。マニトウ  オーガニックは高温帯の使用が良いかもしれません。

 

手巻きタバコでマニトウ  オーガニックを吸ってみた

ちょっと期待していたものとは違っていたので残念・・・

最後に手巻きタバコで吸ってみました。

 

・・・

 

いや、もう全然違う。手巻きスタイルの方が圧倒的に美味しい!

ヴェポライザー での使用は刺激だけが先行する感じでしたが、手巻きタバコで着火して吸うことでタバコ葉の旨味、スモーキーさが何とも言えないほどに美味しいです。

 

マニトウ  オーガニックの感想

個人的な感想になりますが、マニトウ  オーガニックはヴェポライザー ではなく手巻きでの使用が断然おすすめ。

他でもこんな感じなのでしょうか?マニトウシリーズは他でも色々と種類があるので、ヴェポライザー ・手巻きの両方で比較しながら試してみたいですね。

 

【関連記事】

【2020年版】ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介