初心者のエントリーモデルとしておすすめなeGO AIOやAspire Pockex AIOなどの製品があります。

このAIOってなに?という点やおすすめなAIO製品を紹介していきます。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

そもそもAIOってなに?

AIOとはAll In Oneの略で本体やアトマイザーが一体になっているVAPEを指します。

ペン型のタイプですね。

電子タバコは本体(MOD)とアトマイザーを組み合わせて自分好みの一台にセッティングするのも魅力ですが、初心者には敷居が高いですよね。

その点、AIOは文字通りオールインワンで全てが揃っているので後はリキッドを用意すればすぐにVAPEを楽しめるわけです。

 

AIO製品のメリット

先で触れましたがAIO製品のメリットは面倒なことは一切省いてそのままベイプを楽しめることでしょうか。

上部の蓋を開けてリキッドを注げばすぐに吸うことができます。

細かい設定などもないので、初心者にうってつけのエントリーモデルと言えます。

 

AIO製品のデメリット

オールインワンで便利な反面、カスタマイズの幅が狭くなるというのが欠点です。

変更できるのは吸い口部分のドリップチップくらいでしょうか。(コイルも変更可)

アトマイザーを変えて味の変化を楽しむことは難しいです。

また、持ち運びのしやすい細身な形ですがバッテリーのサイズがそんなに大きくないのでバッテリーの持ちも良くありません。

 

おすすめAIOアイテム

外出先でサッと使用したり初心者のエントリー機としておすすめなAIO。

その中でもおすすめできる製品を紹介します。

Joyetech eGO AIO:2199円

f:id:mutant-tetsu:20191004153406j:plain

初心者のエントリーモデルとして人気が高いのJoyetechのeGO AIO。

私自身、初めての一台はショップで購入したボックスタイプでした。よく使い方が分からずリキッド漏れを起こしてしまいウンザリしていましたが扱いやすいと評判のeGO AIOを購入し考えが変わりました。

初めてVAPEを購入する人はいきなり中級者向けのタイプを購入するのではなく、こうしたAIOがおすすめですね。

Aspire Pockex AIO:2980円

f:id:mutant-tetsu:20191004153505j:plain

eGO AIOの後に発売されたAspireのAIO製品。

洗浄のしやすさなどが改良されており、JoyetechかAspireで迷うところです。

味もしっかり出るのでビギナー以外の方でも外出用にと購入する人も多いようです。

Aspire Breeze2 AIO:3941円

f:id:mutant-tetsu:20191004153606j:plain

こちらも持ち運びに便利なタイプ。

ペン型も良いですが、こういったポッド型もかっこいいです。

味もしっかり出るのでサブ機としても活躍してくれる優秀な一台です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。AIO製品は特にVAPE初心者向けにおすすめの製品です。

持ち運びもしやすく、操作も簡単。

ボックス型やポッド型など様々な製品があるので、興味がある人は他のタイプもぜひチェックしてみてください。

POD(ポッド)型のVAPEってなんだ?メリット・デメリットを紹介

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt