IQOS VAPE

アイコスとVAPE(ベイプ)を徹底比較!それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. IQOS >

アイコスとVAPE(ベイプ)を徹底比較!それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介

今や電子タバコの代名詞とも言えるアイコスですが、一方でVAPEという根強いファンを持つ電子タバコもあります。

日本ではアイコスの方が認知度が高いですが、VAPE商品もじわじわと人気を高めています。

一体それぞれがどんな特徴を持っているのか、またどんな違いがあるのかを比較してみましたので、早速ご紹介します!

 

VAPEとアイコスを比較してみよう

VAPEとアイコスにはそもそもどんな違いがあるのか?何となくは理解できていても、具体的なところが気になりますよね。

大きく違う点を、下記の3つにまとめてみましたので説明します。

VAPE アイコス
ニコチン含有の有無
毎月のランニングコスト 3000円ほど 13500円ほど
匂い ほぼなし 独特な匂いあり

 

ニコチンの含有量

タバコ

やはりここが一番の大きな違いです!アイコスはニコチンが含まれた加熱式たばこなのに対し、VAPEはニコチンは一切含まれていない商品です。

海外ではニコチンが含まれているVAPEが主流ですが、日本では法律上VAPEにはニコチンを入れていません。

要するに、VAPEは電子タバコでありながらも体への害は一切ないということになります。

 

ランニングコスト

お金を数える

次に大きく違う点は、毎月のランニングコストです!

例えば450円のアイコススティックを毎日1箱使用すると仮定すると、13500円の支出となります。

しかし、VAPEは1ヶ月にかかる費用が約3000円ほどですので、費用面ではVAPEが大幅にメリットがあるといえます。

 

匂い

喫煙する男性

VAPEとアイコスは「匂い」が全く違います。アイコスは、たばこ葉を高温加熱し煙を出すのですが、この時に独特な匂いを発生させます。

私も個人的には苦手な匂いです笑

一方VAPEは煙はたくさん出ますが匂いはほぼ無臭です。

アイコスもこれまでの紙タバコに比べると匂いは少ないですが、さらにVAPEは軽減しています。

 

VAPEとアイコスに共通する点

アイコス2.4plus

ここまで違いについてご紹介しましたが、逆にVAPEとアイコスの共通点は何なのでしょうか?

お互いに似ているところを探してみましょう。

  • 電力でタバコ(リキッド)を加熱する。火は使わない
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 紙タバコより害は少ない

上記で記載したように、VAPEもアイコスも電子デバイスですので、充電して利用する電子機器であることが互いに共通している点です。

 

また、当然機械なので故障することもあり、クリーニングをしてメンテナンスすることが必要です。

紙巻タバコだとそういったメンテナンスは不要ですけどね。

しかし、紙巻タバコに比べるとどちらも体に対する負担は確実に軽減されているところも共通しているといえますね。

VAPEに関してはニコチンレスなので、さらに身体への害は少なくなります。

 

VAPEの特徴

VAPEを使用する男性

VAPEは先ほどお伝えしたニコチン0であることや、コスパの良さ、匂いがほとんどないという点が特徴として挙げられます。

フレーバーの種類が数百種類以上と豊富なことや、蒸気が大量に出る(爆煙と言います)ことからもファッション感覚として利用するユーザーも多いです。

 

ただ、VAPEを使う際にはメンテナンスが少し面倒です。

リキッドを自分で注入したり、掃除の手間などがあります。

メンテナンスを怠ってしまうと故障に繋がったり、液漏れする原因となるため注意しましょう。

 

アイコスの特徴

アイコス3マルチ

アイコスは日本でも一番売れている電子デバイスです。

より紙タバコに近い満足感を得られるような設計になっていますので、やはりアイコス人気は不動ですね。

最近では連続吸いできるアイコスマルチも登場しており、こちらも大変人気です。

ただ、電子デバイス自体がいいお値段しますし、匂いがきついところが難点ですね。

 

結局どっちがいいの?

ここまでそれぞれの特徴やメリット、デメリットについて説明してきましたが、結局はどちらがおすすめできる商品なのでしょうか?

それぞれの特徴を把握して、自分に合っているものを使用するべきですよね。

ですので、「こっちが良い」という結論ではなく、その人によっておすすめしたい商品が変わってくるということになります。

 

こんな人にはアイコスがおすすめ

アイコス

アイコスは、紙タバコから移行したいときは案外すんなり受け入れることができます。

実際に私もアイコスから電子タバコデビューしましたが、違和感なく変えることができました。

強めのタバコを吸っている方、タバコの味にこだわりたい人はアイコスをオススメします。

 

こんな人にはVAPEがおすすめ

電子タバコ

VAPEはもともと強いタバコを吸っていない方や、禁煙したい人に適しています。

喫煙者でなくとも、気分をリラックスさせるために使用するといった、ファッション感覚で使用したい方にもおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はVAPEとアイコスの違いについてご紹介いたしました。

同じ電子タバコという種別ですが、いろんな違いがありましたね。

是非参考にしてみてください。

 

 

関連記事

【2020年最新】加熱式タバコの比較!アイコス、プルーム、グロー、パルズの価格や特徴を紹介

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-IQOS, VAPE

© 2020 CAPNOS[カプノス]