Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

VAPEリキッドを混ぜる方法。無限の組み合わせで味変を楽しむ

VAPEを初めてしばらくすると、ふと思うこと。

「電子タバコのリキッドを混ぜてもいいのかな」

もちろんOKで、むしろリキッドを混ぜて自分好みのリキッドにミックスするのも楽しみの1つだと思います。

今回はVAPEリキッドを混ぜる方法や注意点を詳しく紹介します。

リキッドを混ぜるときの3つのポイント

f:id:mutant-tetsu:20190627101536j:plain

リキッドをブレンドしている時に注意している3つのポイントを紹介します。

最初の頃はリキッドを色々混ぜては試しての繰り返しでしたが、失敗が多かったです。

失敗を重ねていくうちに3つのポイントを意識することで、失敗する確率を減らすことができました。

  1. 同一メーカーのリキッドで合わせる
  2. PG、VG比率は同じリキッドを
  3. 2種類のブレンドからスタート

 

1)同一メーカーで混ぜる

f:id:mutant-tetsu:20190522103850p:plain

当然と言えば当然ですが、同一メーカーのリキッドで統一すると失敗する確率を減らすことができます。

成分が同じであることやPG、VG比率が同じリキッドが多いので、リキッド同士が喧嘩しないのかなと感じます。

 

2)PG、VG比率は同じリキッドを

リキッドのPG/VG比率を合わせると失敗が少なくなります。

比率で味わいが変化するように、混ぜるリキッドの比率を統一することで味にも統一感が出ます。

例えば、PG:30% VG:70%のリキッドをブレンドする時は同じ比率のリキッドを選ぶようにしましょう。

 

3)2種類のブレンドから始めてみる

1番のポイントだと思いますが、リキッドのブレンドに慣れない内はブレンドする種類を2つに絞ることをお勧めします。

色々なブレンドを試してみたいとは思いますが、複数種類のリキッドをごちゃごちゃ混ぜると失敗の原因になります。

もし、3種類以上を混ぜる場合は3つ目のリキッドを隠し味程度に少量に抑えることをお勧めします。

 

リキッドを混ぜるときにあると便利な道具

直接リキッドを混ぜても問題ないですが、混ぜるときには道具を使うと作業が捗ります。

と言うのも失敗 or 成功の配合をしっかりメモしておくことで、成功した味を再現することができます。

 

f:id:mutant-tetsu:20190723093908j:plain

シリンジという注射器のような器具があれば、分量も分かりやすいし楽に吸い出せるのでオススメです。

 

おすすめブレンドレシピ

それでは、さっそくリキッドのブレンドレシピを紹介します。

 

フルーツ系

f:id:mutant-tetsu:20190627135011j:plain

フルーツ系のリキッドはブレンドを始めて行うときにオススメのリキッドです。

よっぽど変な組み合わせをしない限り、不味いものは出来上がりません。

 

フルーツ系 × フルーツ系

好きなフルーツフレーバーに+ αとして、他のフルーツを合わせるの鉄板の組み合わせ。

南国系のフルーツを合わせたり、ベリー系のフルーツを合わせたりとカクテルを作るような感覚で作ることができます。

南国フルーツ系のフレーバーをミックスするのが好きなのですが、トロピカルカクテルのレシピなどを参考にすると面白いですよ。

甘ったるいフレーバーには柑橘系のキリッとしたフレーバーを合わせるのもお勧めです。

 

フルーツ系 × メンソール系

フルーツ系にメンソールのリキッドを合わせるのもオススメ。

とういか、すでにそういったリキッドは発売されていますよね。

  • 青リンゴ × メンソール
  • マスカット × メンソール

ポイントとしてはメンソールの量。比率を上げすぎると、フルーツフレーバーが消し飛んでしまうので、少量から試して調整することをおすすめします。

 

タバコ系 

f:id:mutant-tetsu:20190723092208j:plain

タバコ系のフレーバーに様々なフレーバーを合わせるのも面白いですよ。

個人的にはフルーツ系はお勧めではなく、ナッツ系やバニラなど少し甘ったるい感じのフレーバーを合わせるのがお勧めです

 

タバコ系 × ナッツ系

タバコフレーバーにナッツの組み合わせ。

香ばしさというかナッティなーフレーバになり、味わいがぐっと深くなります。

 

タバコ系 × チョコ系

タバコフレーバーが一気にビターな感じになります。

元々のタバコフレーバーが甘い系のものだと、激甘になってしまうので甘さ控えめのタバコフレーバーをチョイスするのがポイントです。

 

タバコ系 × バニラ系

こちらも既製品でよく見る組み合わせ。

タバコフレーバーがシルキーな味わいになります。

 

タバコ系 × メンソール系

鉄板中の鉄板な組み合わせですね。

甘い系のタバコ味よりもスッキリした味わいの方がメンソールによく合います。

 

メンソールは万能なリキッド

リキッドのカスタムを楽しむ時に、メンソール系のリキッドを用意しておくと便利です。

フルーツ系にもタバコ系にも合わせられるリキッドなので、重宝しますよ。

ただし、あまり入れすぎるとケミカルっぽい味になったりもするのでほどほどに。

 

まとめ

電子タバコのリキッドを混ぜる方法を紹介しました。

組み合わせは無限大。失敗することも少なくありませんが、自分好みの組み合わせを見つけたときにはなんとも言えない喜びがあります。

 

ベースとなるVAPEリキッドのオススメはこちらで紹介しています。

こちらも参考にしてみてください。

【2019年】電子タバコVAPE(ベイプ)のリキッドおすすめをタイプ別に紹介 - Capnos