[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー チョコレートをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

日本が世界に誇る喫煙具メーカー・柘製作所。

CAPNOS』でも以前、三井弘司社長を訪ね、喫煙のなんたるか、そして手巻きたばこ他あらゆる喫煙の魅力について教えを請うたことがありますが、その柘製作所が自信を持って展開するシャグブランドがあります。

それがブラックスパイダーシリーズです。

ブラックスパイダーシリーズはフレーバー系シャグを数多く展開しており、いずれもかなりレベルの高い香料を使い、同時にたばこ葉そのものの持ち味も殺さないバランスで、ネット上でも賛美の声が並びます。

それだけ喫煙者たちから親しみと敬意を持たれるのが柘製作所であり、ブラックスパイダーシリーズです。

というわけで、今回試すのはブラックスパイダーシリーズからチョコレートというフレーバーです。あらかじめネットで調べたところによれば、「ほろ苦さと甘さが入り混じる絶妙の喫味を楽しませてくれる」といった声が多いです。

果たしてこういった意見、筆者も同様に感じることができるのでしょうか。まずはスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー チョコレートのスペック

  • 生産国 タンザニア
  • 価格 800
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封してみると、まず鼻をつくのがチョコレートのほろ苦い香り。

その奥のほうで甘さが優しく包み込んでくれるような印象があり、しかし単に「苦い!」「甘い!」というだけでなく、しっかりとたばこ葉の香りもあります。

この辺、喫煙を愛する柘製作所の矜恃を感じる筆者でした。

葉の感じ

ブラックスパイダーシリーズのフレーバー系シャグにはタンザニアの葉、ラオスの葉が使われることが多いのですが、今回のシャグではタンザニアのほうを使っているようです。

刻みが細かい葉と荒くカットされた葉が複雑に入り組んでいます。

フレーバー系シャグでありながら粘度はそれほど強くなく、触っても指先にべとつきません。

それでいて、チョコレートの香りはしっかりと感じることができ、この辺のバランスの良さも海外のフレーバー系シャグブランドとは一線を画す印象を受けました。

さすが日本プロデュース! 芸の細かさを感じる筆者でした。

果たしてこのシャグ、どんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。次にヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタートしつつ、さっそく喫煙していきたいと思います。

ーーー

チョコレート特有の丸く甘みを持った柔らかさが口の中を覆う印象で、実に優しい喫味です。

開封時に感じたほろ苦さはこの時点では感じません。

それでいてボディのあるきちんとした喫味があるのも好印象で、某海外ブランドのフレーバー系シャグとは比べ物にならないほどうまい。

この辺、やはり柘製作所のなせる業なのでしょうか。

この喫味がどう変化するのか、次にヴェポライザーの温度を上げて吸い直してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

チョコレート感は若干薄まった印象を持ちましたが、190度で感じた丸い甘みの柔らかさがより際立ち、またボディもやや強まり、インパクトのある喫味に変化しました。

吸い終わった後味も悪くなく、やはりここでもバランスに優れたフレーバー系シャグであることを痛感しました。

これらのことからブラックスパイダー チョコレートをヴェポライザーで楽しむ場合、

「チョコレート感を求める場合は190度」

「チョコレート感よりもインパクトある喫味を楽しみたい場合は220度」

と使い分けると良いように思いました。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、果たして手巻きたばこにして吸った場合、どんな喫味になるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

1パフ目で口の中に広がったのは、ほろ苦さ。

その後半で甘みが押し上げてくる感じで、ヴェポライザーとはまるで違う喫味です。

同時にたばこ葉本来の味とバランス良く絡み合って、実にうまいシャグであると思いました。

仮にフレーバー系シャグに抵抗がある人であっても楽しめるであろうほろ苦さであり、まさに繊細な黄金比によって構成されていることがよくわかる仕上がりでした。

ブラックスパイダー チョコレートの感想

ヴェポライザーの190度および220度、そして手巻きそれぞれで全く異なる喫味を楽しませてくれたブラックスパイダー チョコレート。

フレーバー系シャグに対して、やや抵抗感のある筆者でしたが、これまでに様々なシャグを吸ってきた経験から感じるのはかなりバランスの取れた仕上がりであるということ。

さすが柘製作所。良い仕事をしてくれているように思いました。

フレーバー系シャグにありがちな、ケミカルな香料感も薄めです。

かなりうまいシャグであることは間違いありません。機会がありましたら是非、ご自身の舌でその真価のほどを確かめてみてください。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る