[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ハーベスト チェリーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

1770年の設立という、ドイツの古参たばこメーカー、フォン・アイケン社。

日本では馴染みが薄いものの欧米では名の知れたメーカーで、各製品のクオリティの高さからカリスマ視されることもあります。

同社が展開するナチュラル系シャグブランド、マニトウは日本市場でも絶大な支持を得ています。

一方、近年では同社のハーベスト・シャグシリーズというブランドも日本に入ってきています。

バージニア葉、バーレー葉といったたばこ葉をベースに、クオリティの高いフレーバー香料を加えた銘柄ばかりをラインナップ。

これまでに複数種を試した筆者ですが、ハーベスト・シャグシリーズに共通するたばこ葉のブレンドの良さと、控えめなフレーバー香料のおかげですでに指定銘柄にしているブランドでもあります。

「フレーバー系シャグはちょっとなぁ……」と思っている方にこそ試していただきたいです。

筆者もそういった思いを持つ一人でしたが、あまりのうまさにトリコになりましたので。

というわけで今回試すのは、このハーベスト・シャグシリーズからチェリーというフレーバー。

ショッキングピンクのパッケージがどことなくキャバクラのような印象もありますが、きっと本銘柄でもハーベスト・シャグシリーズならではの個性と喫味を感じさせてくれることでしょう。

というわけで、まずはスペックから見ていきましょう。

ハーベスト チェリーのスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 740円
  • 内容量 30g

開封

開封すると、甘いチェリーの香料の香りが鼻をつきます。ハーベスト・シャグシリーズの中では結構強めの香料を使っている印象ですが、ケミカル感はなく、決してイヤな香りではありません。

また深く嗅ぐと、微かにたばこ葉本来の香りを感じることもできます。この点も好印象を抱く筆者でした。

葉の感じ

8〜9割以上が、焦げ茶色の強い芯があるバージニア葉、バーレー葉によって構成されています。

触るとポキポキと葉が折れるような印象もあるため、扱いには注意が必要です。

他方、この強いたばこ葉によって安定した喫味を表現することはハーベスト・シャグシリーズの他フレーバーで確認済みです。

本銘柄もまた、たばこ本来の喫味を優先したフレーバーを楽しませてくれるはずだと期待が膨らみました。

やはり高品質のシャグであることがよくわかりましたが、肝心の喫味、果たしてどんなものでしょうか。まずはヴェポライザーの190度から喫煙を試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

ハーベスト・バニラと比較すれば、香料の甘さが際立った印象。

2パフ目以降で徐々にたばこ葉の風合いが押し上げてくるような印象でした。

この点、バニラでも感じたものであり、もしかしたら本銘柄も「燃えにくいシャグ」なのかもしれません。

このことで燃焼に時差が起き、前述のような1パフ、2パフでの喫味ムラが起こっているような気もします。

この推測が正しければ、高温度の220度では安定した喫味を楽しめると思います。さっそく試してみましょう。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

バニラ同様、本銘柄もやはり220度の高燃焼で吸うほうがブレがなく、安定した喫味を味わうことができました。

チェリー香料の甘味とたばこそのものの喫味が綺麗に溶け込みあい、吸う度に優しく口の中に広がってくれました。

さらにその甘味を支えるように、苦味、酸味がボディとなり、実に豊かで優れた喫味バランスに仕上がっています。

他のフレーバー系シャグブランドにはない、実に優れた喫味だと思いました。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きにすることで、どう印象が変わるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみる

喫煙時の吸い込みでは、バージニア葉、バーレー葉が持つ苦味、甘味、酸味が際立つ一方、吸い込んだ後の吐き出しで、チェリーの甘さが後味として広がるような風合いです。

豊かな喫味であり、高級なパイプたばこ用のシャグを吸っているかのような満足感を得ました。

ピリッとした感触もありますが、この辛さ、苦さもヘビースモーカーなら絶対に満足できるものだと思います。

これまでフレーバー系シャグをあえて避けてきた喫煙者の方にも是非お試しいただきたいと思いました。

ハーベスト チェリーの感想

バニラもそうでしたが、燃焼しにくいたばこ葉なのか、ヴェポライザー190度ではそのポテンシャルがブレました。

その一方、220度では安定した喫味を楽しませてくれ、手巻きでは本銘柄特有の喫味設計を強く感じることができました。

筆者としては改めてハーベスト・シャグシリーズのファンになりましたが、さらに今後別フレーバーも試してみたいとも思いました。

「30g  740円」とそれほど高額のではありませんので、是非機会がありましたらお試しいただければ幸いです。

 

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る