[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】レッドフィールド アークティックメンソールをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

ベルギーのたばこメーカー、ツイスト・タバコ社。

比較的新しいメーカーではありますが、すでにヨーロッパでは一定の支持を持つメーカーであり、日本ではフレーバー系シャグのスタンレーシリーズなどの製造元として知られています。

このツイスト・タバコ社が展開するブランドがレッドフィールドです。

シンプルで力強いロゴが印象的で、なかなかカッコ良いビジュアルですが、シリーズではナチュラル系、フレーバー系双方のシャグを展開しています。

すでにナチュラル、バージニアを試した筆者ですが、いずれも軽めのたばこでありながらもそのクオリティの高さに感動。

今回試すアークティックメンソールにも同様の喫味を楽しませてくれるのだろうと、期待が膨らみます。

ただし、あらかじめ調べた情報によると、「極寒のメンソール」という謎のコピーがありました。

「極寒」とはどんなことを指しているのでしょうか。

また、このアークティックメンソールもレッドフィールドシリーズの他銘柄同様、日本国内での価格は「20g 500円」。

ワンコインシャグというわけですが、グラム単価はそれほどお得でもない点は注意しましょう。

ただし、レッドフィールド のナチュラルでは圧倒的なうまさも感じ、実にクオリティの高いシャグであることも付け加えておきます。

さて今回のアークティックメンソール、果たしてどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。まずはそのスペックから見ていきたいと思います。

レッドフィールド アークティックメンソールのスペック

  • 生産国 ベルギー
  • 価格 500円
  • 内容量 20g

開封

さっそく開封していきます。メンソールのスキッとした香りが鼻をつきますが、他ブランドのメンソールとの大きな違いは、どことなく冷たく感じるところ。

以前試したブラックスパイダーメンソールマックスがそうだったように、メンソールであってメンソールでないようなヒヤっとする喫味なのでしょうか。

また、これこそが「極寒のメンソール」のゆえんなのでしょうか。

開封時点の香りからは喫味を想像することは全くできませんが、ワクワクドキドキするような感覚を覚える筆者でした。

葉の感じ

刻みの細かいバージニア葉が縮れながら入り組んでおり、その細かい葉に混じって、黄土色の大振りのたばこ葉の破片が散見されます。

この点はレッドフィールドのバージニア同様なのですが、触ってみるとここでも不思議なことが……。

どことなく葉が冷たく感じるのです。特に冷暗所で保管していたわけではないのに何故か冷たい。

何故だ! ……と、まるでホラー映画のような気分になる筆者でしたが、火をつけ吸ってみると、その答えが少しはわかるかもしれません。

というわけでまずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目で相当な冷たさを期待する筆者でしたが、意外にも普通のメンソールで、スキッとした喫味が口の中に広がります。

また、キック感、ボディが控えめなのはレッドフィールドのナチュラルやバージニアといった銘柄と同様です。

ただし、喫味の豊かさがあるため、不思議とスカスカ感はなく、相応の満足感を得ることができました。

この感じ、ヴェポライザーの温度をあげることでどう変わってくるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じたスキッとした喫味がかなり強まった印象で、同時にたばこ葉本来のキック感、ボディも上回りました。

よってヴェポライザーで本銘柄を吸う場合は、間違いなく220度のほうをオススメします。

一方、220度でもメンソールの冷たさを感じることはなく、依然としてごく普通のメンソール。

冒頭でも触れた前情報の「極寒」、そして葉を触った際に感じた謎の「冷たさ」は一体ナンだったのでしょうか。

もしかしたら手巻きにすることで、その秘密がわかるかもしれません。というわけで次に手巻きで試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

吸い始めで強く感じたのはピリッとした辛味。

その辛味にメンソールのスキッとした感じがまとわりつくような仕上がりになっており、この点は数多くあるメンソールたばことは違う喫味です。

言われてみれば「冷たさ」を感じなくもないですが、すでにブラックスパイダーメンソールマックスという、とめどなく冷たいシャグを体験している筆者ですので、それほどのインパクトは覚えませんでした。

むしろ「極寒」と言うならブラックスパイダー メンソールマックスのほうが相応しいと思います。

レッドフィールド アークティックメンソールの感想

ヴェポライザーの190度、220度ともに本銘柄のポテンシャルはそれほど引き出すことができなかった一方、手巻きでは独特の喫味を楽しむことができました

メンソールたばこがあまり好きではない筆者でも美味しく感じることができた点も付け加えておきたいです。

レッドフィールドシリーズは総じて好印象を抱いている筆者ですが、このアークティックメンソールも同様です。

ただし、「極寒」の意味、謎に冷たく感じた葉のゆえんは相変わらずわからないままではありますが……。

 

ヴェポライザー評価:3/5

手巻き評価:4/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る