[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ブラックスパイダー メンソールマックス シャグをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

100年以上も日本および世界の喫煙者たちを魅了してきた名門メーカー・柘製作所。

パイプたばこやキセル、あるいは手巻きたばこに用いる様々なアイテムや、ライターなどを開発・製造・輸入・販売するメーカーです。

詳しくは『CAPNOS』で取材した特集を参照いただきたいですが、この記事からは同社の喫煙具に対するアツく真摯な思いが伝わってきます。

とかく肩身の狭い昨今ですが、一方での喫煙者・愛好者側の意見、立場という意味でかなり貴重な声をお読みいただけることと思います。

さて、その柘製作所がプロデュースするシャグブランドにブラックスパイダーシリーズというものがあります。

黒い蜘蛛をモチーフにしたものですが、様々なフレーバー系シャグを展開しています。

今回試すのはこのブラックスパイダーシリーズの中からメンソールマックスというフレーバーです。

「いわゆる面白いモチーフを香料を使ってたばこに再現した」ものとはやや趣きが異なり、こちらはあくまでもメンソールたばこを最大限まで高めたシャグのようです。

正直、メンソールたばこはあまり得意でない筆者ですが、本銘柄はどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずは吸い始める前にスペックから見ていきましょう。

ブラックスパイダー メンソールマックス シャグのスペック

  • 生産国 ラオス
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

いざ開封……とパッケージを手にとったわけですが、この時点でプンプン漂うメンソールの強い香料感。

一般的に香料は時間の経過とともに飛ぶ、とも言われており、保管/出荷状況によってこの風合いは変わるはずだとも思いますが、筆者が手にとったそれは、開封前からメンソールの強い香りを感じました。

さらに開封してみると、この香りが強烈。

目をつぶって匂いだけを嗅がされたとしたら、まず「たばこである」とは感じ得ないほどで、言わばサロンパスのような香りです。

メンソールたばこ好きにはたまらない風合いだと思いますが、メンソールが苦手な筆者は少々不安にも思いました。

葉の感じ

かなり強いメンソールの香りでしたので、さぞ香料がベタベタにつけられた葉なのではないかと思いましたが、意外にも粘度は薄く、その刻みの細かい葉を指先で触るとパラパラと崩れ落ちつような感じでした。

ブラックスパイダーシリーズはタンザニアの葉、ラオスの葉が用いられることが多いですが、本銘柄ではラオスの葉が使われているようです。

ここまでチェックしたことだけで言えば、なかなか一筋縄ではいかないシャグであることは十分わかりました。

この強い個性、どう喫味に表れてくるのでしょうか。

次にヴェポライザーから試してみたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは低温度の190度からいってみます。

ーーー

1パフ目でいきなり喉奥に感じたのがメンソールの強い爽快感。

この爽快感が冷たさに錯覚するほどのもので、一度吸ったら忘れることができないほどの印象を覚えました。

むしろ一般的なメンソールたばことは似て非なるものであり、ブラックスパイダー メンソールマックスならではの風合いのようにも思いました。

これならメンソールがやや苦手な筆者でも楽しく、心地よく吸えるなと思いました。

この印象、ヴェポライザーの温度を上げると変わってくるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度に比べ、たばこ葉本来の苦味、甘味が際立った印象ですが、パフを進めるごとに喉奥に感じる爽快感は190度同様でした。

かなり強い個性であり、人によってはこのインパクトが苦手、という方もいるかもしれません。

筆者はブラックスパイダー メンソールマックスの激しさ、冷たいようにも錯覚する風合いが意外と好みでした。

ここまでがヴェポライザーでの感想でしたが、手巻きで吸ってみるとまた印象が変わるようにも思います。

というわけで次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーでの、喉奥に感じたメンソール感がさらに際立ち、1パフ、2パフと進めるごとに強い冷たさをその都度覚えるほど。

それほどの強い爽快感であり、これは誰に勧めても驚くシャグだと思いました。

もちろん決してマズいわけではなく、たばこ葉本来のボディ、アタックも十分です。

類い稀な、なかなか面白いシャグだと思いました。

ブラックスパイダー メンソールマックスの感想

ヴェポライザー、手巻きともに「驚きの味」を楽しめました。レビューでも触れた通り、メンソールとは似て非なるものというか「メンソールであってメンソールでない」ような感じで、とにかくその爽快感に驚かされました。

夏場、蒸し蒸しする時期には特にリラックス効果を得られそうに思います。

また喫煙者同士で、ブラックスパイダー メンソールマックスを吸い比べてみるとシャグの楽しみの幅がさらに広がるかもしれません。

機会がありましたら是非一度あなたの口でお試しいただければ幸いです。

 

ヴェポライザー評価:4/5

手巻き評価:5/5

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る