[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】チョイス・リモンチェッロをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

ヨーロッパのたばこシーンの中で、多くの喫煙者から絶大な支持を誇るたばこメーカー・マックバーレン社。

AMSTERDAMER、EXCELLENT、MAC BARENほか、手巻き用シャグブランドを複数展開していますが、そのうちの一つがCHOICEシリーズ。

他ブランドでは真似できないような、精度の高いフレーバー系シャグを続々とリリースしているブランドです。

今回試すチョイス・リモンチェッロは、その名の通りレモンピールを使って作られたリキュール・レモンチェロを模したフレーバーで、レモンの爽やかさと、酸味、苦味を感じられるもののようです。

CHOICEシリーズのコンセプト自体がライト向けに設計されており喫味が極めて軽いものが多い点は、吸い慣れたユーザーには物足りなく感じることもありそうですが、香料の精度の高さ、品の良さには一定の評価があるCHOICEシリーズ。

チョイス・リモンチェッロもスキッと爽やかな喫味を楽しませてくれるのだろうと期待が膨らみます。

それではさっそくチョイス・リモンチェッロの細部をチェックしながら、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

チョイス・リモンチェッロのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

レモンピールを模した香料のほろ苦い香りが鼻をつき、爽やかな印象です。

それでいて乾いたような甘さもあり、まさしくレモンチェロそのもの。

ただし、よく嗅いでみてもたばこ葉の香りには辿り着けず、ただひたすらにレモンチェロの香り。

他ブランドにありがちな強いケミカル感はないものの、結構強めにたばこ葉に香料が加えられているのかもしれません。

葉の感じ

CHOICEシリーズの大半に共通するバージニア葉、バーレー葉、オリエント葉が細かい刻みで入り組んでいます。

香料の影響で粘度も柔軟である一方、芯がしっかりしており香料に負けない喫味を味わせてくれることを期待します。

また香料の影響でそこそこの粘度もありますが、ベタベタするほどではない加減です。

果たして、たばこ葉と香料の融合でどんな喫味を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

前述の開封時の時点で感じたレモンピール感が1パフ目でまず口の中に広がり、後半でほろ苦さが追いかけてくる印象です。

まさにレモンチェロの味そのものであり、この香料の完成度の高さは目を見張るものがあります。

ただし、CHOICEシリーズに多い、たばこ感が極めて弱いスカスカ感はチョイス・リモンチェッロも同様。

ボディやアタックは弱く、物足りないことこの上ない感じです。

CHOICEシリーズでは、この弱さにいつも不満を抱く筆者ですが、ブランドコンセプトがそうなのだから、目をつぶるしかないようにも思います。

ヴェポライザーの燃焼温度をアップさせることで、ほんの少しでも良いので喫味にパンチが出ると良いのですが……。

次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度では繊細に感じたレモンチェロ感が極めて薄まり、またたばこ感もさらに弱くなり、なんだかよくわからない甘い煙になってしまいました。

チョイス・リモンチェッロの良さは220度では全く引き出せない印象で、どうしてもヴェポライザーで吸うのであれば、圧倒的に190度以下の低温度が良いと思いました。

これまでもCHOICEシリーズとヴェポライザーとの相性は悪いように思ったことがありましたが、チョイス・リモンチェッロも然りでした。

ここまでがヴェポライザーでの感想ですが、手巻きで吸うことでどんな変化が起きるのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザー190度で感じたレモンチェロの風合いは弱まりましたが、バージニア葉、バーレー葉、オリエント葉とのバランスが素晴らしく、個性的でインパクトのある喫味を楽しむことができました。

また、これは謎なのですが、たばこ感が極めて軽いものが多いCHOICEシリーズの中で、結構ガツンとくる風合いでもありました。

もしかしたら、フレーバーごとにたばこ葉のブレンドを変えているのかもしれませんが、筆者的には大満足です。

フレーバー系シャグとしての完成度云々よりも「単にうまいたばこ」として味わうことができました。

チョイス・リモンチェッロの感想

ヴェポライザー190度では香料の素晴らしさを感じつつも、たばこ感の弱さも同時に感じました。

しかし、手巻きにして吸うと、これが一変。

たばこ本来の美味しさが際立ち、ボディ、アタックともしっかりと感じられるうまいたばことして味わうことができました。

ヘビースモーカーには物足りなさを感じがちなCHOICEシリーズではありますが、チョイス・リモンチェッロの手巻きは唯一強めに感じられるフレーバーだと思いました。

機会がありましたら是非、ご自身の舌でその真価のほどを確かめてみてください。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:5/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る