[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】チョイス・マンゴーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

デンマークの古参たばこメーカー・マックバーレン社が展開するブランド・CHOICEシリーズ。

フレーバー系シャグを多く展開していることで知られ、日本国内では「遊び系」「ジョーク系」としての一定のニーズがあります。

ただし、いずれも極めてライトなたばこが多いため、ヘビースモーカーの方は物足りなく感じることも多いようです。

CHOICEシリーズの大半は番記とフレーバーが表記されていますが、どういうわけかその一部には番記を廃しフレーバーそのものを冠した銘柄もあります。

余計にややこしくさせているような気がしなくもないですが、今回ご紹介するチョイス・マンゴーも、フレーバーそのものを冠させたもの。

その名の通り、マンゴーを模したフレーバーのようです。

顧みると、意外とマンゴー味のたばこは少ないことに加え、香料のレベルの高さに定評があるCHOICEシリーズの銘柄でもあり、どんな喫味を表現しているのか、喫煙前から期待が膨らみます。

というわけでさっそくチョイス・マンゴーの細部をチェックした後、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

チョイス・マンゴーのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

マンゴーの持つ独特の甘味、酸味が表現された香料の香りが鼻をついてきます。

その香りの精度は実に高く、さすがフレーバー系シャグを多く展開するCHOICEシリーズによるものだと感心しました。

一方、よく嗅いでみると、香料の奥にたばこ葉本来の香りも微かにします。

フレーバー系シャグの多くは香料が強すぎてたばこ葉の香りをいっさい感じさせないものもありますが、チョイス・マンゴーの香料の程よい薄さも好印象。

CHOICEシリーズの品の良さ、ストイックさのようなものを感じる筆者でした。

葉の感じ

刻みの細かさ、均一感の美しさはCHOICEシリーズのたばこ葉に共通するもので、柔軟でありながらしっかりと芯があります。

粘度はそれほど強くないものの、香料が独特なのでしょうか、触ると指先に香料が軽く付着します。

それほど強い香料ではないと思っていましたが、サラッとしていそうに見せつつも実はかなり強い香料なのかもしれません。

これらたばこ葉と香料の融合によって、どんなマンゴー感を楽しませてくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封時や葉の感じを見ただけではわからなかったマンゴー特有の角のない甘みが、1パフ目から口の中に広がり、改めてCHOICEシリーズに採用されている香料の精度の高さを実感しました。

しかし、これまたCHOICEシリーズの大半に共通するたばこ感の薄さも同時に感じ、筆者個人的にはこれが本当に惜しく感じました。

燃焼温度をアップさせることで、もう少し喫味にパンチが出ることを期待しつつ、次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度で感じたマンゴーフレーバーが崩れ、単にうっすら甘い香りを吸っているだけの印象。

「何の味なのか」言われなければ全くわからないように思いました。

また、たばこ感はやはり弱いままです。ライトユーザーに向けたフレーバー系シャグなのだから仕方がないですし、このスカスカ感を好む人がいることもよくわかります。

しかし、重ね重ね筆者のようなヘビースモーカーにとってはやはり残念に思うのも正直なところ。

この感じ、手巻きにすることで解消されることを願いつつ次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

1パフ目では、さほど強くはないものの確かに感じるマンゴー感が口の中に広がります。

そして2パフ、3パフと吸い進める度に違う甘さに変化する印象を抱きました。

相変わらず極めてライトではありますが、バージニア葉、バーレー葉、オリエント葉のブレンドと香料の融合は実に綺麗で、なかなか良いシャグのように思いました。

また、CHOICEシリーズのシャグに多い、舌先のピリッと感は若干控えめ。

これもチョイス・マンゴー特有の設計で、マンゴーらしい角のない甘みを表現しているように思いました。

チョイス・マンゴーの感想

これまでに何度か試したCHOICEシリーズの他銘柄同様、ヴェポライザーとの相性はあまり良いとは思えませんでしたが、手巻きで吸った際の複雑にも感じる風合いはなかなか面白い喫味でした。

しつこいようですが、極めて軽いことに物足りなさを感じつつも、この点はブランドコンセプト自体のことですので、目をつむりましょう。

フレーバー系シャグの中でもマンゴー味というのは珍しいですし、興味がある方は是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:4/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る