[カプノス]たばこ情報サイト

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)とプライムキットの違いはなに?

アイコスイルマ1

アイコスを販売するフィリップモリス・ジャパンから新しく発売された加熱式たばこ「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」

このアイコスイルマには、通常のアイコスイルマとアイコスイルマ・プライムキットの2種類があります。

価格も4,000円変わってくるので、「何がどう違うの?」と戸惑う人も多いかもしれません。

本記事では、新しく発売されたアイコスイルマとアイコスイルマ・プライムキットの違いを紹介していきます。

アイコスイルマとプライムキットの違い

アイコスイルマ21

先に結論から言うと、アイコスイルマと、アイコスイルマ・プライムキットは機能・味わいの面で全く変わりません。

変わってくるのは外観部分のみとなります。

アイコスイルマではブレードがなくなり、ブレードなしで加熱する方式に切り替わっています。

これによりブレード折れの心配やクリーニングの手間がなくなったわけですが、アイコスイルマ・プライムキットも同じように非ブレードタイプになります。

アイコスイルマ、プライムキットのスペック

ここで、通常のアイコスイルマとアイコスイルマ ・プライムキットのスペックを比較してみましょう。

価格、サイズ、重量など様々な面で比較していきます。

IQOS ILUMA プライムキット
価格 8,980円 12,980円
重量 ホルダー:30g
チャージャー:116g
ホルダー:30g
チャージャー:141g
サイズ
(チャージャー)
121×47×23mm 117×44×22mm
フル充電時の
喫煙回数
20本 20本
充電時間 約135分 約135分
連続喫煙回数 2本 2本
専用銘柄 TERIA TERIA
カラー展開 5色 4色

比較表からも分かるように、ホルダーは同じ製品でサイズ、重量は全く一緒です。

充電時間や喫煙可能本数も全く一緒でスペックは同じと言えます。

違ってくるのは、重量やカラーバリエーション、外観でしょうか。

バッテリーの性能は同じですが、プライムキットの方が若干、重くなっています。

外観の比較

アイコスイルマ22

左がアイコスイルマ、右がアイコスイルマプライキット

アイコスイルマ26

アイコスイルマ25

アイコスイルマ5

購入する際の判断基準

首をかしげる女性

表を見ても分かるようにスペックは全く一緒で、たばこの味わいも一緒です。

カスタムパーツや外観が変わるのみで、使い心地も一緒になります。

フィリップモリスの人にも確認しましたが、変わってくるのは外観のみ。

この外観の違いに4,000円を払うか否かが判断の分かれ目になるのではないでしょうか。

特に外観にこだわりがなければ、8,980円のアイコスイルマ で十分だと思います。

プライムキットの外観が気に入った人は、プライムキットの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)専用銘柄「TERIA(テリア)」おすすめをタイプ別に紹介

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!

→Twitterをフォローする

特集


ニュース


喫煙具を知る