18650電池

18650電池とは?購入時のチェックポイントもあわせて紹介

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

便利に利用できる反面、誤って粗悪品を購入してしまうと事故に繋がってしまう18650電池。

18650電池とは?という点から、購入時のポイントを紹介します。

18650電池とは?

18650電池(リチウムイオンバッテリー)は小さいサイズながらも出力の大きい電圧を流すことが可能な電池です。

懐中電灯やスマホのモバイルバッテリー、VAPEなど幅広く使われています。

小型でありながらバッテリーとしての寿命も長く、充電することができるので経済的なのも人気の理由と言えます。

一種の乾電池というとイメージが付きやすいと思いますが、ネットで気軽に購入できる反面しっかりとした製品を使用しなければ爆発などのリスクがあります。

以下では18650電池を購入する際の注意点、チェックポイントを紹介します。

18650電池を購入する際の注意点

非常に便利に利用できる18650電池ですが、Amazonなどのネット上では粗悪品が紛れ込んでいるケースも少なからずあります。

18650電池を購入する際の注意点を紹介していきます。

PSEマーク取得済みか確認しよう

pse

最初にチェックしたいのがPSEマークを取得しているかどうか。

PSEマークとは電気用品安全法に則った技術適合検査をパスしているかどうかの認証マーク。

この検査をパスした製品のみPSEマークを表記することができます。

しかし、中にはPSEマークを取得していなにも関わらずPSEマークを表記する悪質業者もあります。

PSEマークの有無を一定の判断基準としながらも、あくまで1つのチェック要素としておきましょう。

保護回路はありなし?

18650電池には保護回路というのもが付属されています。

簡単に言うと、18650電池が暴走しないようなセーフティネットのようなものです。

保護回路のおかげで過充電や電池のショートを防げるわけです。

基本的には保護回路ありの18650電池の長さは67〜69ミリになります。

もし、保護回路がない18650電池の場合だと65ミリとなりますので注意しましょう。

保護回路がない18650電池でPSEマークの表記がある場合は、要注意な製品と言えます。

容量にも注目

18650電池1

18650電池1本の容量が3600mAを超える製品は注意が必要です。

国内の大手メーカーが開発・販売しているものでも3600mAくらいの容量となります。

もし、ネットショップで5000mAなど大容量の18650電池が販売されている場合は、少し注意した方が良いでしょう。

まとめ

18650電池について紹介しました。

最後に、もう一度購入の際の確認事項をおさらい。

  • PSEマークの有無を確認
  • 保護回路の有無を確認
  • 容量は3600mA以下か?

これら3点に注意して購入を検討してみてください。

1つ間違えば事故に繋がる恐れのある製品でもあるため、しっかり確認しましょう!

ニュースレターの詳細はコチラ

Related Post

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター
20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。